東久留米駅前にブラック・ジャック像 市50年記念で

2020年12月5日

東久留米駅西口に、東久留米市にゆかりのある漫画家・手塚治虫さんの代表作の一つ「ブラック・ジャック」の登場キャラクターの銅像が建造されることになりました。

来年2月の完成予定で、ポーズなどの詳細は今後の発表になるとのことです。

©Tezuka Productions

 

手塚治虫さんは亡くなるまでの約10年間を東久留米市で過ごしています。市の成人式で講演するなど、市の事業にも関わりを持ちました。

今回の銅像建造は同市の市制施行50周年を記念しての事業で、同市と同市商工会が東京都の「アニメ等コンテンツを活用した誘客促進事業費補助金」を活用して取り組みます。

(※手塚さんの「塚」は旧字です)

2021/4/2

東久留米市が「ブラック・ジャック」の特設サイト

東久留米市が、漫画界の巨匠・手塚治虫さんの代表作の一つ「ブラック・ジャック」とのコラボレーションサイトを開設しました。 同市では2020年度の市制施行50周年の際に、記念事業として、マンガ「ブラック・ジャック」を活用した事業を展開しており、市内5カ所にデザインマンホール蓋の設置(記事リンク)や、東久留米駅西口ロータリーに銅像建立(記事リンク)などをしています。 今回の特設サイトもその一環で、前述のデザインマンホール蓋や銅像の紹介などもしています。   長男・手塚眞さんのスペシャルインタビュー 注 ...

ReadMore

2021/4/2

東久留米駅西口に等身大「ブラック・ジャック」像 

東久留米市駅西口ロータリーにマンガ「ブラック・ジャック」に登場するキャラクター、ブラック・ジャックとピノコの銅像が建ち、地域の新名所となっています。 東久留米駅西口ロータリーのブラック・ジャック像を撮影する人々   原作者の手塚治虫さんは晩年の約10年間を東久留米市で暮らしており、市の成人式に来賓として出席し、新成人にメッセージを送ったこともあります。 そうした縁から今回、市の市制施行50周年記念事業として、手塚作品を活用した地域振興が行われました。銅像は、同市と東久留米市商工会が東京都の「アニ ...

ReadMore

2018/2/7

”手塚教”信者として生きる 手塚治虫さんのもとで働いた元制作者 下崎闊さん

「漫画の神様」とも呼ばれた手塚治虫さんのもとで制作者として約10年働いた下崎闊さんは、その思い出をブログに綴っています。 10日には、晩年の手塚さんが暮らした東久留米市の市民プラザで、間近で見た手塚さんの姿を語る予定です。   手塚さんを知らずに入社 下崎さんが子どもの頃になりたかったのは歌手。 音楽スクールに通っていたある日、求人情報にあった「虫プロダクション」を芸能事務所と勘違いして応募しました。 「鉄腕アトム」などは好きでしたが、手塚治虫の名前は知らなかったといいます。   社長 ...

ReadMore

2018/10/31

『大家さんと僕』の矢部太郎さん 新作の構想明かす

出身地・東村山市市長との5000字対談 コミックエッセイ『大家さんと僕』で手塚治虫文化賞短編賞を受賞したお笑いコンビ・カラテカの矢部太郎さんが、さる10月23日、出身地である東村山市の渡部尚市長と対談しました。 自身初の漫画作品となる『大家さんと僕』を描くことになった経緯や、大学時代までを過ごした同市の思い出のほかにも、「東村山を舞台に、父との幼少期の思い出を描きあげたい」という新作の構想までもが飛び出しました。 いくつもの偶然が重なって生まれた作品 東村山市市役所3階の、市長室に用意された椅子に腰掛ける ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

9月23日は二十四節気の秋分。太陽が真東から昇り真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ等分です。 季節はこれから「陰」の気を深くしながら、秋の夜長へと移行していきます。空気も澄んで、夜空に輝く月もひときわ美し ...

2

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

3

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

4

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

5

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

6

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

7

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

8

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

9

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.