自由学園リビング アカデミー 45歳からの学校が生徒募集

2021年2月16日

自由学園(東久留米市学園町)が展開している45歳以上のための学校「リビング アカデミー」(以下、L.A.)の6期生募集が、2月15日(月)に始まります。
70代を中心に高齢者が多数通うL.A.ですが、コロナ禍のなか、工夫しながら活動しています。
学生たちは「ぜひ仲間になろう!」と新期生を募っています。

現在通う学生3人からメッセージをいただいたので、まずはご参考にご覧ください(下記記事で紹介する3人です)。

動画(1分42秒)


 

いくつになっても仲間はできる

L.A.は、学校法人「自由学園」が2016年度に始めた「45歳以上のための学校」です。
現在の学生の平均年齢は約70歳で、最高齢は86歳。約140人が通っています。

「学校」の活動は、月に1度の全員が集まる「みんなの日」と、学生それぞれが自由に選んで受講する「選択クラス」から成ります。
「選択クラス」では、染色、刺繡、木工、英会話、体操、コーラス、書道などのほか、野草、樹木、野鳥の自然観察、イタリアンなど約25ものクラスがあります。

カルチャースクールなどと決定的に違うのは、学生たちの自主活動が盛んな点です。いわゆる生徒会となる「LA協力委員会」やクラブ活動などがあり、各地のグルメをめぐるグループなどもあります。

学生同士の交流が多いため仲良くなりやすく、L.A.のキャッチフレーズは、いつからか自然発生的に「いくつになっても仲間はできる」となりました。その楽しさから、複数年通う学生が増えています。

月に1度の「みんなの日」での講座の様子

 

コロナ禍も充実した活動

そんなL.A.だが、さすがにこの1年は、活動を制限されています。
前半は休講せざるを得なかったため9月以降に補講を精力的に行っていますが、「密」になる活動は中止。通常は全員で囲む昼食も、分散したり、中止したりと、そのつど対処しています。

とはいえ、意外にも、学生たちの表情は明るいものです。

「通常通りできるはずがないと分かっていたので、学校の対応に不満はありません。個人的には、春に教員の指導の下で畑の手入れを手伝わせてもらい、良い勉強ができました」

と前向きに話すのは、初年度から通っている恵良泰夫さん(72)です。

子どもたちの畑や花壇が臨時休校によって放置されてしまうため、学園近くに暮らす恵良さんらに声がかかったものだそうです。恵良さんは畑作業を行う「土の会」に所属しており、普段のクラブ活動が役立った格好となりました。

また、埼玉県から電車を乗り継ぎ通っている中村香都子さん(71)は、
「体操やコーラスの動画をユーチューブにアップしてくださるなど、家でも取り組める指導をしてくれました。気持ちさえあれば、どんな形でも学べます。こういうのもいいな、と思いました」
とにこやかに話します。

コロナ禍で通学することについては、
「マスク着用や手指消毒などは、徹底しています。L.A.でもコロナの講座を開いてくれましたし、ここのみんなは、同じ危機感を共有できています」
と不安はなさそうでした。

ちなみに、L.A.では、学園の医務部の指導で健康チェックを行っており、健康が確認できない場合は入校できない制度となっています。

このような学園生活について2期から通う川口正子さん(77)は、
「人とつながる喜びをコロナ禍で改めて感じました。L.A.は自分のやりたいことがやりたいように学べるところ。私は、人と緑があるこの環境に身を置けるだけで幸せです」
と話します。

 

10万平方メートルの緑のキャンパスで学びの日々を

通学は、4月から1年間です。
年会費5万3000円、登録料1万円(初年度のみ)。選択クラスは別料金。
応募は3月15日L.A.までです。
応募者多数の場合は、抽選です。

リーダーの中村祐二さんは
「幼児からシニアまで一つのキャンパスで生活している学校は、恐らく国内では自由学園だけ。10万平方メートルの緑のキャンパスで、学びと交流の刺激ある日々を過ごしてみてください」
と話しています。

希望者に資料送付しているので、気軽にご請求を。詳しくは自由学園リビングアカデミーへ。

なお、「リビングアカデミー」のウェブサイトでは、学生の作品の写真など、活動の報告を伝えるページとして「LA学びの成果展」も設置しています。こちらからご覧ください(こちら)。

[自由学園・リビングアカデミー]
042-428-3876
la@jiyu.ac.jp

自由学園・リビングアカデミー(公式サイト)

LA学びの成果展

2020/7/22

自由学園南沢キャンパスの建築群が「日本のモダン・ムーブメント建築」に

東久留米市にある「自由学園」の初等部の食堂など15棟およびキャンパスの門が、このほど、DOCOMOMO Japan(ドコモモ・ジャパン)の「日本におけるモダン・ムーブメントの建築」に選定されました。 ドコモモは、1988年に発足した、モダン・ムーブメントにかかわる建物と環境形成の記録調査および保存のための国際機関で、日本支部では、現在、238件を「モダン・ムーブメントの建築」として選定しています。 選定された建築物の一部(自由学園女子部=中等科・高等科=の校舎。手前が体操館、奥が食堂と教室棟、左端は講堂) ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

北多摩エリアの西東京市、小平市、東村山市、東久留米市、清瀬市(※人口順に記載)の5市の市議会では、3月中に、来年度(2021年度)の予算が審議されます。 1年のお金の使い途を決める予算審議は、各市の方 ...

2

近畿地方では、奈良東大寺の「お水取り(3月1日~14日)が終わると春が来る」と言われているようですが、なるほど3月も半ばとなれば、もうすぐ春分の日。水もぬるんで、いよいよ「陽の気」がぐんぐん伸びてくる ...

3

手塚治虫さん原作のマンガ「ブラック・ジャック」の登場キャラクターをモチーフにしたデザインマンホール蓋が、東久留米市内5カ所に登場します。 市制施行50周年を記念した事業で、手塚さんが1980年から約1 ...

4

任期満了に伴う小平市長選挙が4月4日(日)投開票で実施されるのを前に、小平市議会議員で現在、議長を務める磯山りょうさんが、立候補を表明しました。 磯山議長は、愛知県尾張旭市出身の41歳。早稲田大学在学 ...

5

任期満了に伴う小平市長選挙が2021(令和3)年4月4日の投開票で実施されるのを前に、小平市の小林洋子市議会議員(フォーラム小平)が立候補を表明しました。 小林議員は立憲民主党に所属していましたが(1 ...

6

「谷戸商店街協同組合」(以下、谷戸商協)が、先月、「Go To 商店街」を活用し、商店街を紹介するウェブサイトの公開と、小冊子を発行しました。 「Go To 商店街」を活用して公開された谷戸商店街のウ ...

7

西東京市長選挙をぐちゃぐちゃにされたので、やり直しにしてほしい―—。 池澤隆史市長の確認団体が選挙期間中に配布した法定ビラ2号の内容は違法だとして、2月22日に、西東京市の選挙人60人が「西東京市長選 ...

8

西東京市長に当選した池澤隆史市長陣営が選挙期間中に発行した「法定ビラ」の問題が波紋を広げています。 投票日直前に新聞折込などで市内全域に配布されたビラで、 「逗子での失敗のリベンジは逗子でやってくださ ...

9

庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市で、5月から新庁舎が稼動するのを前に、一足早く、ミツバチの引っ越しが始まっています。  (関連記事:清瀬のミツバチが仮住まいへ) 現庁舎の屋上から、巣箱を運び出す職員た ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.