「ゆうやけ」の村岡真治さん、銀河鉄道の山本宏昭さんにシチズン賞

西東京市に本社を置く「シチズン時計」が主宰する「シチズン・オブ・ザ・イヤー」(シチズン賞)の今年度の受賞者に、小平市にある放課後等デイサービス「ゆうやけ子どもクラブ」の代表・村岡真治さん(62)と、東村山市に本社を置くバス会社「銀河鉄道株式会社」を経営する山本宏昭さん(57)が選ばれました。

シチズン賞は、市民社会の発展や幸せ・魅力作りに貢献した人などに贈られるもので、今回が31回目。

広い視野から市民を顕彰する賞として、社名に「CITIZEN」を掲げるシチズン時計が1990年に創設しました。

全国の人を対象にしている賞ですが、今回は北多摩エリアから2人が選ばれました。

なお、この2人のほかに、クラウドファンディングで寄付を募り、難民キャンプで暮らすロヒンギャの子どもたちを支援した群馬県の鈴木聡真さん(12)、鈴木杏さん(10)、一寸木大喜さん(10)、一寸木悠喜さん(8)の4人も受賞しています。

 

自閉症・知的障がい児のための学童保育の先駆者・村岡さん

受賞した村岡さんは、障がい児の放課後の居場所となる放課後等デイサービス事業所「ゆうやけ子どもクラブ」の代表者です。

現在、小平市内で3カ所運営しています。

同クラブの発足は1978年。大学生だった村岡さんを含むボランティア5人によって始まったもので、障がい児のための放課後の居場所をつくるその活動は、全国的にも先駆的なものでした。

ゆうやけ子どもクラブ代表の村岡真治さん

 

村岡さん自身は、大学卒業後に中学校の教諭となり、活動を離れた時期もありました。

しかし、ボランティア仲間が次々と活動を離れていくなかで、「このままでは発足時の思いを伝える人がいなくなってしまう」と危機感を覚え、1年で退職。1984年にクラブに戻り、以降、先頭に立ってクラブ運営に尽力してきました。

その活動は、ドキュメンタリー映画「ゆうやけ子どもクラブ!」として劇場公開もされています。

なお、この映画の監督は、布川事件を追ったドキュメンタリー「ショージとタカオ」などで知られる井手洋子さんが務めています。

今回の表彰理由については「障害児の尊厳を大切に、時間をかけてその人格を育てていくという考え方は、生産性第一主義がはびこる今、忘れてはならない貴重な哲学」などと挙げられており、村岡さんは、「子どもは、障害があっても、豊かな内面世界を持っている。相模原事件のような問題も起こりうる社会にあって、人間という存在の奥深さや尊さをいっそう発信していきたいと思います」などとコメントしています。

活動の様子

 

コロナ禍で半年間、都心までバスを無料運行した銀河鉄道

同じく受賞者の山本さんは、バス好きが高じてバス会社を創業したという方です。

印象的な社名は、設立年が1999年だったことから、人気アニメ「銀河鉄道999」にあやかったもの。以来、大手バスが手を付けない地域の路線バスを、行政からの補助金等を受けずに走らせています。

バス会社「銀河鉄道」を経営する山本宏昭さん

 

そんな銀河鉄道は、新型コロナウイルスの感染拡大が恐れられた昨年3月12日から9月11日まで、半年にわたって、東村山駅から東京駅(新宿駅西口経由)まで無料通勤バスを運行しました。

「コロナ禍の中、少しでも不安なく通勤してほしい」と、自社の負担を省みずに取り組んだその無料運行は、多数のメディアで紹介され、大きな感動を呼びました。その運行は、延べ140本以上、延べ乗客数2400人に達しています。

今回の表彰では、「コロナ禍の元、収入も激減したはず。それでも、東京への無料通勤バスを半年間も走らせた山本さんの侠気(おとこぎ)に拍手を贈りたい。コロナ禍で沈む世相の中、一条の光明を見る思いがする」と評価されています。

山本さんは、「亡父は赤穂浪士で有名な播州赤穂の出身。彼らが己を捨てて大義のために尽くしたように、コロナ禍における無料通勤バスも『日本人として当然のこと』と思っていました」とコメントしています。

バス運転席にて

 

 * * *

なお、受賞者には、時計と賞金100万円が贈られるとのことです。

2020/8/17

「ゆうやけ」の日常が映画に

「ゆうやけ」の日常を見てね!  障がい児たちのドキュメンタリー 小平市で3つの放課後等デイサービスを実施する「ゆうやけ子どもクラブ」の日常が、ドキュメンタリー映画となって公開されています。 (※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています) ◎下にインタビュー動画あり 同クラブは、障がい児のための放課後の居場所として全国でも草分け的な存在で、1978年にボランティア5人によって始まっています。現在は、3カ所で知的障がいや自閉症など計68人の児童と職員40人が在籍しています。 そ ...

ReadMore

2020/9/25

コロナ禍でぼくたちにできること! 小5児童ら各所に感謝状

新型コロナウイルス感染症が流行するなかで、自分たちにも何かできることはないか――。 そんな思いから、小平市立小平第三小学校の5年生の児童たち(114人)が、地域の各所に感謝状を贈っています。 始まりは、春先の休校中のこと。非常事態宣言が出され、「ステイホーム」が叫ばれるなか、「自分たちにも何か社会のためにできることはないだろうか」と児童たちが考えたのがきっかけでした。 「感謝状を作って贈るのはどうだろう?」 そんな相談を受けた木田明男校長が背中を押すと、取り組みは5年生全体に広がりました。これまでに約10 ...

ReadMore

2020/9/3

シチズン時計卓球部、西東京市PR大使に

任命報告会では、4選手が市の魅力を語る 西東京市に本社がある「シチズン時計」の卓球部が、このほど、同市のPR親善大使に任命されました。 シチズン時計卓球部の伊藤誠監督、4選手と西東京市の丸山浩一市長 PR親善大使は市の顔として活動するもので、これまでに、ロックバンドのJUN SKY WALKER(S)(ジュンスカイウォーカーズ)、トランポリン競技・棟朝銀河選手(セイコーホールディングス所属)、卓球競技の森薗美咲選手(TOP名古屋所属)と森薗政崇選手(岡山リベッツ所属)、スポーツフォトグラファー・赤木真二さ ...

ReadMore

2018/6/19

40周年祝い! のはずが思わぬ急展開 存続危機への理解求めコンサート

 障がいのある子どもの放課後活動   ゆうやけ子どもクラブ ドキュメンタリー映画や音楽構成劇を通して、障がいのある子の放課後活動を知ってほしい――。 小平市で3つの障がい児のための学童保育(=放課後等デイサービス)を運営する「ゆうやけ子どもクラブ」が、7月8日(月)に小平市ルネこだいらで「40周年コンサート」を開きます。 記念コンサートの予定でしたが、今春からの報酬改定の影響でクラブは存続の危機に直面しており、一転、施設の意義を地域に訴える場となりそうです。 (※編集部注 イ ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

北多摩エリアの西東京市、小平市、東村山市、東久留米市、清瀬市(※人口順に記載)の5市の市議会では、3月中に、来年度(2021年度)の予算が審議されます。 1年のお金の使い途を決める予算審議は、各市の方 ...

2

近畿地方では、奈良東大寺の「お水取り(3月1日~14日)が終わると春が来る」と言われているようですが、なるほど3月も半ばとなれば、もうすぐ春分の日。水もぬるんで、いよいよ「陽の気」がぐんぐん伸びてくる ...

3

手塚治虫さん原作のマンガ「ブラック・ジャック」の登場キャラクターをモチーフにしたデザインマンホール蓋が、東久留米市内5カ所に登場します。 市制施行50周年を記念した事業で、手塚さんが1980年から約1 ...

4

任期満了に伴う小平市長選挙が4月4日(日)投開票で実施されるのを前に、小平市議会議員で現在、議長を務める磯山りょうさんが、立候補を表明しました。 磯山議長は、愛知県尾張旭市出身の41歳。早稲田大学在学 ...

5

任期満了に伴う小平市長選挙が2021(令和3)年4月4日の投開票で実施されるのを前に、小平市の小林洋子市議会議員(フォーラム小平)が立候補を表明しました。 小林議員は立憲民主党に所属していましたが(1 ...

6

「谷戸商店街協同組合」(以下、谷戸商協)が、先月、「Go To 商店街」を活用し、商店街を紹介するウェブサイトの公開と、小冊子を発行しました。 「Go To 商店街」を活用して公開された谷戸商店街のウ ...

7

西東京市長選挙をぐちゃぐちゃにされたので、やり直しにしてほしい―—。 池澤隆史市長の確認団体が選挙期間中に配布した法定ビラ2号の内容は違法だとして、2月22日に、西東京市の選挙人60人が「西東京市長選 ...

8

西東京市長に当選した池澤隆史市長陣営が選挙期間中に発行した「法定ビラ」の問題が波紋を広げています。 投票日直前に新聞折込などで市内全域に配布されたビラで、 「逗子での失敗のリベンジは逗子でやってくださ ...

9

庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市で、5月から新庁舎が稼動するのを前に、一足早く、ミツバチの引っ越しが始まっています。  (関連記事:清瀬のミツバチが仮住まいへ) 現庁舎の屋上から、巣箱を運び出す職員た ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.