学校ぐるみでエコキャップ集め! “先輩”の「エクラアニマル」の協力受けて

西東京市立田無第一中学校の生徒たちが、エコキャップ運動に取り組んでいます。

エコキャップ運動は、ペットボトルのふた(エコキャップ)を収集し、そのリサイクルで発生した利益を発展途上国の子どもたちのワクチン代に充てるというもの。

同校では、生徒会の発案でSDGs運動の一環として取り組むことを決め、1月18日から3月12日まで、校内に設置した回収BOXで集めています。

集まったエコキャップは、同市内で2008年から独自に活動を続けているアニメ制作会社「エクラアニマル」を通して寄付します。

それに先立ち、同校生徒会とエクラアニマルでは、オンラインで両者を結び、1月22日に交流会を持ちました。

オンラインで交流するエクラアニマルの豊永ひとみ代表(左)と本多敏行さん(中)

 

交流会には生徒会の5人が参加。エコキャップ運動の“先輩”となるエクラアニマルの豊永ひとみ代表とアニメーター・本多敏行さんの2人に、順番で質問をぶつけ、活動の意義などを確認していました。

アニメ制作会社がなぜエコキャップ運動を続けているのかという問いに対し、本多さんは、

「日頃、アニメーションで、正義や思いやりなどを描いています。
でも、言っているだけでは社会は変わらない。『自分たちも行動しよう』ということで始めたのがきっかけです」

などと回答。

また、「最終的なゴールは何か?」という質問に、豊永代表は

「エコキャップは、世界の子どもたちのためにと集めているが、一方で、環境やSDGsという観点に立てば、エコキャップなどないほうがいい。矛盾して聞こえるかもしれないが、エコキャップがなくなることを最終的な目標だと思っています」

と話していました。

この交流会には、昨年発足した、地域の環境団体などが集まる「アースデイネット」のメンバーも参加。
同ネットワークの事務局長で、元小学校教諭でもある田中敏久さんが、

「きっとたくさんのエコキャプが集まることと思いますが、たくさん集まったと喜ぶのではなく、『こんなに多いのか』とびっくりしてほしい。自分たちで動いてみて、身の回りにどれだけのペットボトルやプラスチック製品があるのかに気づく。そのことが、皆さんが取り組む本当の意義だと思います」

と語りかける場面もありました。

なお、今回協力するエクラアニマルは、テレビ用のアニメーション制作を続ける一方で、自主制作アニメや、地域活動・地域資源を伝えるアニメーション作品なども作っており、地域のPRに一役買っています。

また、地域のごみ拾い活動なども続けており、そうした活動に対して、2019年には「やなせたかし文化賞」も贈られています。

同社はアースデイネットにも参加しています。

2019/3/14

西東京市のアニメ制作会社「エクラアニマル」に やなせたかし文化賞

西東京市にあるアニメ制作会社「エクラアニマル」が、第1回の「やなせたかし文化賞」を受賞しました。 「アンパンマン」の原作者の名を冠した同賞は、子どものための良心的な漫画等の芸術的活動に贈られるもの。 同社が長年にわたって続けてきた自主制作アニメなどの活動が評価された格好で、豊永ひとみ代表は「一過性ではないところを認めてもらえてうれしい」と喜んでいます。 長年の文化活動に高い評価 同賞は、2013年に他界したやなせさんの遺言で設置されたもので、子どものための芸術文化の向上と振興を目的に、2年に1度贈られてい ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

北多摩エリアの西東京市、小平市、東村山市、東久留米市、清瀬市(※人口順に記載)の5市の市議会では、3月中に、来年度(2021年度)の予算が審議されます。 1年のお金の使い途を決める予算審議は、各市の方 ...

2

近畿地方では、奈良東大寺の「お水取り(3月1日~14日)が終わると春が来る」と言われているようですが、なるほど3月も半ばとなれば、もうすぐ春分の日。水もぬるんで、いよいよ「陽の気」がぐんぐん伸びてくる ...

3

手塚治虫さん原作のマンガ「ブラック・ジャック」の登場キャラクターをモチーフにしたデザインマンホール蓋が、東久留米市内5カ所に登場します。 市制施行50周年を記念した事業で、手塚さんが1980年から約1 ...

4

任期満了に伴う小平市長選挙が4月4日(日)投開票で実施されるのを前に、小平市議会議員で現在、議長を務める磯山りょうさんが、立候補を表明しました。 磯山議長は、愛知県尾張旭市出身の41歳。早稲田大学在学 ...

5

任期満了に伴う小平市長選挙が2021(令和3)年4月4日の投開票で実施されるのを前に、小平市の小林洋子市議会議員(フォーラム小平)が立候補を表明しました。 小林議員は立憲民主党に所属していましたが(1 ...

6

「谷戸商店街協同組合」(以下、谷戸商協)が、先月、「Go To 商店街」を活用し、商店街を紹介するウェブサイトの公開と、小冊子を発行しました。 「Go To 商店街」を活用して公開された谷戸商店街のウ ...

7

西東京市長選挙をぐちゃぐちゃにされたので、やり直しにしてほしい―—。 池澤隆史市長の確認団体が選挙期間中に配布した法定ビラ2号の内容は違法だとして、2月22日に、西東京市の選挙人60人が「西東京市長選 ...

8

西東京市長に当選した池澤隆史市長陣営が選挙期間中に発行した「法定ビラ」の問題が波紋を広げています。 投票日直前に新聞折込などで市内全域に配布されたビラで、 「逗子での失敗のリベンジは逗子でやってくださ ...

9

庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市で、5月から新庁舎が稼動するのを前に、一足早く、ミツバチの引っ越しが始まっています。  (関連記事:清瀬のミツバチが仮住まいへ) 現庁舎の屋上から、巣箱を運び出す職員た ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.