清瀬のミツバチの「引っ越し」報告 6時間かけ仮住まいへ

庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市で、5月から新庁舎が稼動するのを前に、一足早く、ミツバチの引っ越しが始まっています。

 (関連記事:清瀬のミツバチが仮住まいへ

現庁舎の屋上から、巣箱を運び出す職員たち

 

新庁舎は現庁舎の隣接地にありますが、直接移動するとミツバチが旧来の場所に戻ってきてしまう恐れがあるため、一旦、遠方で仮住まいさせる必要があるとのことです。

そこで清瀬市では、2月2日に6時間以上をかけ、巣箱8箱・約8万匹を2キロ以上離れた市の資材置き場に一時移動させました。

清瀬市が行っている「定置養蜂」の場合は、本来、巣箱を移動させることはないため、今回の“引っ越し”は手探りでの作業となりました。

市役所正面口から巣箱を運び出す

 

養蜂を担当する総務課の海老澤雄一さんによると「想定以上に大変だった」とのことで、ミツバチが興奮してしまい、大量に死んでしまった箱もあったとのことです。

3月中旬に、新庁舎屋上への移動を行う予定でおり、海老澤さんは「今回以上に慎重に取り組みたいと思います」と話しています。

なお、現在ではミツバチも落ち着いており、普段と同じように活動しているとのことです。

ミツバチの仮住まい場所となる市の資材置き場に移動完了

清瀬のミツバチ 仮住まいへ


2021/1/29

清瀬のミツバチが仮住まいへ 新庁舎への引っ越し準備

市役所で養蜂を行うという全国でも珍しい取り組みをしている清瀬市で、8万匹のミツバチが新庁舎への“引っ越し”を準備しています。 が、通常の定置養蜂では巣箱を移動させることなどないため、作業は手探り状態とのこと。しかも、ミツバチならではの“引っ越し”の手間があるそうです。 その現場を取材しました。 ミツバチの巣箱が置かれている清瀬市役所屋上   2014年から市役所屋上で養蜂 取材で訪ねたのは、2021年1月下旬です。 寒風の吹き抜ける屋上には、8箱のミツバチの巣箱が置かれていました。 木枠の巣箱は ...

ReadMore

2020/10/16

清瀬みつばちプロジェクト

清瀬市が取り組む「みつばちプロジェクト」をご存じでしょうか? 地域活性化を目的に、市役所の屋上でみつばちを飼い、ハチミツを採取するプロジェクトです。 養蜂を紹介する清瀬市職員   市役所屋上で養蜂、ハチミツで地域活性化 スタートは2014年春。任命されたのは、未経験の職員4人。 当初は「無謀だ」「予算のムダ」「なぜ市役所で養蜂?」「あぶないのではないか!?」と批判の声がうずまいたそうですが、担当者たちは手探りで挑戦を続け、初年度に40キロのハチミツを採取できました。 それ以降、うまくいった年もあ ...

ReadMore

2015/5/6

清瀬の市役所産“はちみつ”  「ふるさと納税」返礼品に

珍しい「市職員の手作り」 清瀬市では今年度から、ふるさと納税の返礼品として“市役所で作ったはちみつ”をプレゼントしています。 市職員の手で作った食品を返礼品にするのは全国的にも珍しいことから現在注目を集めており、4月からスタートしたにも関わらず、既に昨年度のふるさと納税者数を上回る勢いとのことです。 ふるさと納税の返礼品にも利用されている清瀬市役所産のはちみつ「きよはち」   「清瀬みつばちプロジェクト」とは 東京都内でも自然が豊かとされる清瀬市。 ですが、そんな同市にあっても緑地の減少は避けら ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

北多摩エリアの西東京市、小平市、東村山市、東久留米市、清瀬市(※人口順に記載)の5市の市議会では、3月中に、来年度(2021年度)の予算が審議されます。 1年のお金の使い途を決める予算審議は、各市の方 ...

2

近畿地方では、奈良東大寺の「お水取り(3月1日~14日)が終わると春が来る」と言われているようですが、なるほど3月も半ばとなれば、もうすぐ春分の日。水もぬるんで、いよいよ「陽の気」がぐんぐん伸びてくる ...

3

手塚治虫さん原作のマンガ「ブラック・ジャック」の登場キャラクターをモチーフにしたデザインマンホール蓋が、東久留米市内5カ所に登場します。 市制施行50周年を記念した事業で、手塚さんが1980年から約1 ...

4

任期満了に伴う小平市長選挙が4月4日(日)投開票で実施されるのを前に、小平市議会議員で現在、議長を務める磯山りょうさんが、立候補を表明しました。 磯山議長は、愛知県尾張旭市出身の41歳。早稲田大学在学 ...

5

任期満了に伴う小平市長選挙が2021(令和3)年4月4日の投開票で実施されるのを前に、小平市の小林洋子市議会議員(フォーラム小平)が立候補を表明しました。 小林議員は立憲民主党に所属していましたが(1 ...

6

「谷戸商店街協同組合」(以下、谷戸商協)が、先月、「Go To 商店街」を活用し、商店街を紹介するウェブサイトの公開と、小冊子を発行しました。 「Go To 商店街」を活用して公開された谷戸商店街のウ ...

7

西東京市長選挙をぐちゃぐちゃにされたので、やり直しにしてほしい―—。 池澤隆史市長の確認団体が選挙期間中に配布した法定ビラ2号の内容は違法だとして、2月22日に、西東京市の選挙人60人が「西東京市長選 ...

8

西東京市長に当選した池澤隆史市長陣営が選挙期間中に発行した「法定ビラ」の問題が波紋を広げています。 投票日直前に新聞折込などで市内全域に配布されたビラで、 「逗子での失敗のリベンジは逗子でやってくださ ...

9

庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市で、5月から新庁舎が稼動するのを前に、一足早く、ミツバチの引っ越しが始まっています。  (関連記事:清瀬のミツバチが仮住まいへ) 現庁舎の屋上から、巣箱を運び出す職員た ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.