ブラック・ジャックのマンホールが5カ所に! 東久留米市

2021年2月16日

手塚治虫さん原作のマンガ「ブラック・ジャック」の登場キャラクターをモチーフにしたデザインマンホール蓋が、東久留米市内5カ所に登場します。

市制施行50周年を記念した事業で、手塚さんが1980年から約10年を同市で過ごした縁から実現するものです。

設置されるマンホール蓋は、5枚それぞれ独自のデザインで、主人公のブラック・ジャックのほか、助手のピノコ、ライバル医師のドクター・キリコが描かれています。

ⒸTezuka Productions

 

「ブラック・ジャック」というと、無免許医師で高額報酬を請求するなどダークな一面もあり、自治体の記念事業としては賛否両論がありそうですが、同キャラクターが選ばれたのには幾つか理由があったそうです。

特に大きな理由は、「ブラック・ジャック」によって手塚さん自身が窮地を乗り切り、同市内に住まいを構えたことです。

手塚さんは一時期、経営するプロダクションの倒産などで多額の借金を背負い、活動も低迷しましたが、同作のヒットをきっかけに復活して東久留米市に暮らすようになりました。

そうした経緯から、作品中に東久留米が描かれているわけではないですが、市の担当者によると「東久留米と縁の深い作品といえる」とのことです。

また、市制施行50周年に当たる2020年度は新型コロナウイルス感染症の拡大で、医療従事者への関心も高まった年でした。
そうしたことから、“名医”のブラック・ジャックにあやかろうという思いもあったとのことです。

 

「七福神めぐり」ルートを中心に、市内5カ所に設置

設置される場所については、まず3カ所は、同市で例年1月に行われている「七福神めぐり」のルートに合わせて選択されました。

市役所前には「ブラック・ジャック」、東部地域センター前に「ブラック・ジャック&ドクター・キリコ」、生涯学習センター付近に「ピノコ」のデザインマンホールが設置されます。

さらに2カ所は、市域のバランスを考慮しつつ、商店会近くに設置されます(滝山中央名店会付近に「ブラック・ジャック&ピノコ」、まえさわ小町商店会付近に「ブラック・ジャック」)。

設置は、悪天候などでなければ、2月24日、25日に実施予定とのことです。

市役所前に設置 ⒸTezuka Productions

東部地域センター前に設置 ⒸTezuka Productions

まえさわ小町商店会付近に設置 ⒸTezuka Productions

生涯学習センター付近に設置 ⒸTezuka Productions

滝山中央名店会付近に設置 ⒸTezuka Productions

 

並木克巳市長は、

「私自身、手塚治虫先生の作品を読んで育った世代であり、市民にとって誇りでもある手塚治虫先生の作品から『ブラック・ジャック』を活用させていただくことについて、大変喜ばしく思っています。
本事業を今後の観光振興、地域振興に結び付けたいと考えています」

とコメントしています。

東久留米市役所前のマンホール設置予定地(右下)

 

地域振興を目的にしたデザインマンホールの設置は全国で盛んに行われており、東久留米市では2020年1月に、市のマスコット・キャラクターの「るるめちゃん」のデザインマンホールを東久留米駅前など市内4カ所に設置しています(「るるめちゃん」マンホールを設置)。

デザインマンホールを巡る愛好家などの来訪があったそうで、市の担当者によると、ブラック・ジャックのデザインマンホールについては「緊急事態宣言が終わったら、絶対見に行く」などとSNS上で盛り上がりがみられるとのことです。

なお、市制施行50周年記念事業ですが、市では、2021年度以降も継続して、「ブラック・ジャック」を活用した事業を実施していきたいとのことです。

デザインマンホールは特殊塗料で施工されていますが、劣化などが見られた場合は撤去となる可能性もあるそうで、市では、「できるだけ長く市の名物としていけるように、みんなで大切にしていってほしい」と訴えています。

なお、「ブラック・ジャック」については、東久留米駅西口に銅像も建立予定です。

2021/4/2

東久留米市が「ブラック・ジャック」の特設サイト

東久留米市が、漫画界の巨匠・手塚治虫さんの代表作の一つ「ブラック・ジャック」とのコラボレーションサイトを開設しました。 同市では2020年度の市制施行50周年の際に、記念事業として、マンガ「ブラック・ジャック」を活用した事業を展開しており、市内5カ所にデザインマンホール蓋の設置(記事リンク)や、東久留米駅西口ロータリーに銅像建立(記事リンク)などをしています。 今回の特設サイトもその一環で、前述のデザインマンホール蓋や銅像の紹介などもしています。   長男・手塚眞さんのスペシャルインタビュー 注 ...

ReadMore

2021/4/2

東久留米駅西口に等身大「ブラック・ジャック」像 

東久留米市駅西口ロータリーにマンガ「ブラック・ジャック」に登場するキャラクター、ブラック・ジャックとピノコの銅像が建ち、地域の新名所となっています。 東久留米駅西口ロータリーのブラック・ジャック像を撮影する人々   原作者の手塚治虫さんは晩年の約10年間を東久留米市で暮らしており、市の成人式に来賓として出席し、新成人にメッセージを送ったこともあります。 そうした縁から今回、市の市制施行50周年記念事業として、手塚作品を活用した地域振興が行われました。銅像は、同市と東久留米市商工会が東京都の「アニ ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

2

コロナ禍のもとで迎える2度目の6月。世の中が右往左往しているうちに、今年も、はや1年の折り返し点の月がやってきました。 暦は自然のリズムそのもの。人の世に何があろうと、淡々と流れてゆきます。 21日に ...

3

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

4

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

5

持続可能な世界を目指す国際的な取り組み「SDGs」を地域から実践しようと、5月17日、小平市内にキャンパスがある錦城高等学校3年生の櫻井晃太郎さんと山田祐菜さんが小平市環境政策課を訪ね、「ミートフリー ...

6

5月2日、西東京市の田無駅北口近くに「肉汁餃子のダンダダン」がオープンしました。 「日常的に餃子とビールを楽しめる店」という新しい価値観を提供し、餃子ブームの火付け役となった「肉汁餃子のダンダダン」は ...

7

東久留米市に10万平方メートルのキャンパスがある自由学園が、今年、創立100周年を迎えています。 4月には、それを記念した書籍『本物をまなぶ学校 自由学園』が出版されました。 自由学園南沢キャンパス ...

8

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

9

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.