空き家が急増したなら 「家」は負の財産かもしれない

不動産からできるまちづくりを考えるこのシリーズ。
今回は、町の将来像を整理してみます。

 (◎前回記事 「ERA LIXIL不動産ショップに見る、弱者を支える土地活用とは!?」

 

14年後、高齢化率は30%に

今回は、持ち家や土地資産のある人にぜひ読んでほしい内容です。

誰もが認識していながら、その実、目を背けがちな町の将来像のこと。
データを追うと、高齢化によって土地・家屋の価値が変わる可能性が実感されてきます。

今回も西東京市を例に取ってみます(近隣市も状況は同じです)。

同市の2018年データによると、今から14年後の2035年には、高齢化率は29.8%に達します。
うち、過半数が75歳以上の後期高齢者です。

当然ながら、高齢者の独居・夫婦のみ世帯も増えます。
その推計は独居=37.5%、夫婦のみ=30.5%。
単純にいって、高齢者の10人中7人が独居ないし夫婦のみで暮らしていることになります。

 

多死社会が目前に

高齢者の暮らし――特に独居では、課題も多くあります。
脳卒中などの急性疾患への対応、家屋内での転倒リスク。高齢になるほど認知症のリスクも上がります。

こうしたことから、余裕のある人は専用のホームを選択していきます。
また、デジタル化などを背景に、昨今は地方移住の熱も高くなっています。

いや、そもそも……。
自然の摂理ですが、団塊世代が後期高齢者となる2025年には、年間死亡者が150万人を超える多死社会に突入するともいわれています。

町中に空家が急増する可能性がある

 

選択肢を知る大切さ

こうした状況のなかで必然的に起こるのは、空き家の増加です。

「家が財産と言えた時代は終わろうとしています。下手をすると今後、家は、買い手がいないのに固定資産税を払わなければいけない、という負の財産になる可能性をはらんでいます」

そう指摘するのは、地域密着で約40年という、ひばりヶ丘駅前「ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業」の清水二郎さんです。

では、どうすればいいのでしょうか。

清水さんは「住まいの活用の方法は、実は多彩です。選択肢を知ることが大事です。まずは相談してほしい」と力を込めます。

次回は、その実例を紹介しましょう。

[ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業]
0120-306-997

 ◎ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業

見守りのある障がい者の自立支援に不動産とNPOが連携

障がい者の多くが、住む場所がなくて困っている――。 そんな状況に対し、西東京市で珍しい協働が続いています。 NPO法人と不動産会社が連携してグループホームを増やすというもので、地域密着が求められるコロ ...

編集部おすすめ

1

小平市では、コロナ禍における消費減少の喚起と、非接触の決済方式を広めることを目的に、「あなたの街のau PAYキャンペーン」を実施する。 令和3年12月1日(水)〜令和4年1月31日(月)まで、キャッ ...

2

お得キャンペーンで関心高まるマイナンバーカード マイナンバーカードの取得者に5000円分のマイナポイントを付与する事業の第2弾がスタートしたのを受け、各市とも申請のサポート体制を整えている。特に小平市 ...

3

「タウン通信」で運勢鑑定のコーナー「星のオキテ」を本紙で連載している九星気学研究家・野村徳子さんが、昨秋、『気学が導く開運パワースポット』を出版した。 パワースポットの見つけ方や開運の方法などを紹介す ...

4

春風献上。 コロナ禍の下で迎える2回目の新しい年がスタートしました。 2022年は十二支でいえば寅年であり、九星でいえば五黄土星年。この十二支と九星の組み合わせは36年に1回あらわれるもので、今年の立 ...

5

東久留米市の新市長となった富田竜馬市長が、12月28日(火)に初登庁し、午後に、就任記者会見を開いた。 冒頭、就任の挨拶として、「トップリーダーとして先頭に立って汗をかき、やれる、できるの気持ちが市全 ...

6

立候補を表明している現市議会議員の富田竜馬さん。出馬会見の一問一答から、抜粋して以下の通りにまとめた。 (※無所属/新人/自民党、公明党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「2003年か ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.