空き家が急増したなら 「家」は負の財産かもしれない

不動産からできるまちづくりを考えるこのシリーズ。
今回は、町の将来像を整理してみます。

 (◎前回記事 「ERA LIXIL不動産ショップに見る、弱者を支える土地活用とは!?」

 

14年後、高齢化率は30%に

今回は、持ち家や土地資産のある人にぜひ読んでほしい内容です。

誰もが認識していながら、その実、目を背けがちな町の将来像のこと。
データを追うと、高齢化によって土地・家屋の価値が変わる可能性が実感されてきます。

今回も西東京市を例に取ってみます(近隣市も状況は同じです)。

同市の2018年データによると、今から14年後の2035年には、高齢化率は29.8%に達します。
うち、過半数が75歳以上の後期高齢者です。

当然ながら、高齢者の独居・夫婦のみ世帯も増えます。
その推計は独居=37.5%、夫婦のみ=30.5%。
単純にいって、高齢者の10人中7人が独居ないし夫婦のみで暮らしていることになります。

 

多死社会が目前に

高齢者の暮らし――特に独居では、課題も多くあります。
脳卒中などの急性疾患への対応、家屋内での転倒リスク。高齢になるほど認知症のリスクも上がります。

こうしたことから、余裕のある人は専用のホームを選択していきます。
また、デジタル化などを背景に、昨今は地方移住の熱も高くなっています。

いや、そもそも……。
自然の摂理ですが、団塊世代が後期高齢者となる2025年には、年間死亡者が150万人を超える多死社会に突入するともいわれています。

町中に空家が急増する可能性がある

 

選択肢を知る大切さ

こうした状況のなかで必然的に起こるのは、空き家の増加です。

「家が財産と言えた時代は終わろうとしています。下手をすると今後、家は、買い手がいないのに固定資産税を払わなければいけない、という負の財産になる可能性をはらんでいます」

そう指摘するのは、地域密着で約40年という、ひばりヶ丘駅前「ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業」の清水二郎さんです。

では、どうすればいいのでしょうか。

清水さんは「住まいの活用の方法は、実は多彩です。選択肢を知ることが大事です。まずは相談してほしい」と力を込めます。

次回は、その実例を紹介しましょう。

[ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業]
0120-306-997

 ◎ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業

見守りのある障がい者の自立支援に不動産とNPOが連携

障がい者の多くが、住む場所がなくて困っている――。 そんな状況に対し、西東京市で珍しい協働が続いています。 NPO法人と不動産会社が連携してグループホームを増やすというもので、地域密着が求められるコロ ...

編集部おすすめ

1

屈指のアイデアマン 神山伸一さん 現役課長が隣接市の副市長に――。 小平市職員の神山伸一さん(58)が小金井市副市長に任命されることとなり、「他市からの引き抜きは異例」と話題になっている。 大抜擢の理 ...

2

1975年に誕生した携帯サンドイッチの元祖・フジパン㈱の「スナックサンド」から、3月だけの期間限定で、「東村山黒焼きそば」と「ところざわ醤油焼きそば」が販売されている。 フジパン武蔵工場(入間市)の開 ...

3

3月3日は桃の節句。女の子の健やかな成長を祝うお祭りです。起源は古代中国の「厄祓い」の行事でしたが、日本に伝えられて江戸時代以降、現在のような形になりました。 ・・・と、暦をながめていたら、「ひな祭」 ...

4

全国のハンセン病療養所入所者たちが詠んだ詩が70年の時を経て現代に蘇る――4日から、東村山市にある国立ハンセン病資料館で、企画展「ハンセン病文学の新生面『いのちの芽』の詩人たち」が開かれている。同館に ...

5

ウクライナ出身のリリア・モルスカさんと、大学を通して交流を持った武蔵野大学の岩井雅治さん、菊地里帆子さん、山岸咲亜さんの4人で製作したウクライナを紹介する冊子「ひまわり」50冊が、西東京市に寄贈された ...

6

西東京市保谷こもれびホールの愛称が「タクトホームこもれびGRAFAREホール」に決まった。市が募集したネーミングライツ・パートナーに同市に本社があるタクトホーム㈱が選ばれたもの。GRAFAREは同社が ...

7

行政書士による「SDGs研究会」が発起 昨年1月に小平市で始まった無人の不用品譲渡「Baton BOX(バトンボックス)」が、1周年を経てさらに広がりを見せている。 これは、協力店先などに置かれた小型 ...

8

西東京市向台町の圡方隆一さん・仁美さん夫妻が、このほど、自宅の一部を改築し、「8cho8ma gallery(はっちょうやまギャラリー)」をオープンする。初回の展示会は6日㈮から。「若手作家を応援した ...

9

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

10

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

11

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

12

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

13

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

14

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2023 All Rights Reserved.