田無駅北口そばにオープン 「肉汁餃子のダンダダン」

5月2日、西東京市の田無駅北口近くに「肉汁餃子のダンダダン」がオープンしました。

「日常的に餃子とビールを楽しめる店」という新しい価値観を提供し、餃子ブームの火付け役となった「肉汁餃子のダンダダン」は今年10周年。田無店は、全国で101店目の店舗となります。

同店の様子を、1分ほどの動画にまとめています。まずはこちらからご覧ください。

動画(57秒)


 

「何はなくても、まずは『肉汁餃子』を!」

「街に永く愛される、粋で鯔背な店づくり~期待以上が当り前、それが我等の心意気~」をコンセプトに掲げる「ダンダダン」。いちばんのお勧めは、店名にもなっている「肉汁餃子」。
全国で1日4万個以上を提供している、文字通りの看板メニューです。

もともと、現社長が餃子でお酒を飲みたいという思いから、自ら試行錯誤して開発した商品といいます。餡はもちろん、皮も独自に開発し、握り方(「ダンダダン」では、餃子を「包む」ではなく、「握る」というそう)にまでこだわり抜いた自慢の一品です。

自慢の逸品「肉汁餃子」

 

田無店責任者の中川翔太さんは、

「ダンダダンの肉汁餃子は何も付けないで食べられるようになっていますので、まずはそのままお召し上がりください。そして、頬張った瞬間に溢れ出る肉汁の美味しさを、たっぷり味わってください。お酒のつまみにも、ご飯のおかずにもなる自慢の餃子です。
何はなくても、まずは肉汁餃子を食べてみてください」

と話します。

ラー油も自家製で、まさに「ダンダダン」でしか食べられない味といえるでしょう。
弁当や生餃子でのテイクアウトも用意されているので、家庭でも気軽に味わうことができます。

肉汁餃子のダンダダン 田無店

 

一品料理も充実 ランチも夜も

餃子の他にも「たらもサラダ」や「俺達の麻婆豆腐」などの一品料理、デザートの「餃子アイス」も人気だそう。
定食や野菜、麺類のメニューも充実しているので、ランチでも夜でも楽しむことができます。

田無店には連日、若い方や高齢者、家族連れと幅広い年代の人が利用されているそうです。
一人客や女性も多く、「より居心地の良い雰囲気を感じてもらえるよう、スタッフの笑顔、挨拶は特に大切にしています」と中川さん。

「ここに来ていただければ、気持ちよくご飯を食べられて、お腹を満たすだけではなく、気分まで良くなって帰っていただけるお店でありたいと願っています」

という言葉通り、店内にはスタッフの人たちの声かけがとても勢いよく響き、明るく活気ある雰囲気を醸し出していました。

また、全国どの店舗にも、その街をイメージした壁画があることも特徴で、田無店は田無神社の五龍が描かれ、地域に根ざした愛される店づくりに一役買っています。

田無神社にちなんだ「五龍」の壁画

 

店先には「餃子とビールは文化です」「営餃中」というユニークな看板も。
田無駅北口から徒歩約2分と、利便性もばつぐんです。アクリル板やアルコール消毒液の設置など、「新型コロナ感染症」予防対策も万全です。
ぜひ、自慢の肉汁餃子を味わってみてはいかがでしょうか。

「肉汁餃子のダンダダン」田無店
西東京市田無町2-2-2 吉野ビル1階
042-452-7679
営業時間:月~金・土日祝11:30~24:00
定休日:無休
肉汁餃子のダンダダン(公式サイト)

編集部注 新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。来店時は事前に店舗にご確認ください。

編集部おすすめ

1

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

2

コロナ禍のもとで迎える2度目の6月。世の中が右往左往しているうちに、今年も、はや1年の折り返し点の月がやってきました。 暦は自然のリズムそのもの。人の世に何があろうと、淡々と流れてゆきます。 21日に ...

3

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

4

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

5

持続可能な世界を目指す国際的な取り組み「SDGs」を地域から実践しようと、5月17日、小平市内にキャンパスがある錦城高等学校3年生の櫻井晃太郎さんと山田祐菜さんが小平市環境政策課を訪ね、「ミートフリー ...

6

5月2日、西東京市の田無駅北口近くに「肉汁餃子のダンダダン」がオープンしました。 「日常的に餃子とビールを楽しめる店」という新しい価値観を提供し、餃子ブームの火付け役となった「肉汁餃子のダンダダン」は ...

7

東久留米市に10万平方メートルのキャンパスがある自由学園が、今年、創立100周年を迎えています。 4月には、それを記念した書籍『本物をまなぶ学校 自由学園』が出版されました。 自由学園南沢キャンパス ...

8

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

9

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.