田無駅北口そばにオープン 「肉汁餃子のダンダダン」

5月2日、西東京市の田無駅北口近くに「肉汁餃子のダンダダン」がオープンしました。

「日常的に餃子とビールを楽しめる店」という新しい価値観を提供し、餃子ブームの火付け役となった「肉汁餃子のダンダダン」は今年10周年。田無店は、全国で101店目の店舗となります。

同店の様子を、1分ほどの動画にまとめています。まずはこちらからご覧ください。

動画(57秒)


 

「何はなくても、まずは『肉汁餃子』を!」

「街に永く愛される、粋で鯔背な店づくり~期待以上が当り前、それが我等の心意気~」をコンセプトに掲げる「ダンダダン」。いちばんのお勧めは、店名にもなっている「肉汁餃子」。
全国で1日4万個以上を提供している、文字通りの看板メニューです。

もともと、現社長が餃子でお酒を飲みたいという思いから、自ら試行錯誤して開発した商品といいます。餡はもちろん、皮も独自に開発し、握り方(「ダンダダン」では、餃子を「包む」ではなく、「握る」というそう)にまでこだわり抜いた自慢の一品です。

自慢の逸品「肉汁餃子」

 

田無店責任者の中川翔太さんは、

「ダンダダンの肉汁餃子は何も付けないで食べられるようになっていますので、まずはそのままお召し上がりください。そして、頬張った瞬間に溢れ出る肉汁の美味しさを、たっぷり味わってください。お酒のつまみにも、ご飯のおかずにもなる自慢の餃子です。
何はなくても、まずは肉汁餃子を食べてみてください」

と話します。

ラー油も自家製で、まさに「ダンダダン」でしか食べられない味といえるでしょう。
弁当や生餃子でのテイクアウトも用意されているので、家庭でも気軽に味わうことができます。

肉汁餃子のダンダダン 田無店

 

一品料理も充実 ランチも夜も

餃子の他にも「たらもサラダ」や「俺達の麻婆豆腐」などの一品料理、デザートの「餃子アイス」も人気だそう。
定食や野菜、麺類のメニューも充実しているので、ランチでも夜でも楽しむことができます。

田無店には連日、若い方や高齢者、家族連れと幅広い年代の人が利用されているそうです。
一人客や女性も多く、「より居心地の良い雰囲気を感じてもらえるよう、スタッフの笑顔、挨拶は特に大切にしています」と中川さん。

「ここに来ていただければ、気持ちよくご飯を食べられて、お腹を満たすだけではなく、気分まで良くなって帰っていただけるお店でありたいと願っています」

という言葉通り、店内にはスタッフの人たちの声かけがとても勢いよく響き、明るく活気ある雰囲気を醸し出していました。

また、全国どの店舗にも、その街をイメージした壁画があることも特徴で、田無店は田無神社の五龍が描かれ、地域に根ざした愛される店づくりに一役買っています。

田無神社にちなんだ「五龍」の壁画

 

店先には「餃子とビールは文化です」「営餃中」というユニークな看板も。
田無駅北口から徒歩約2分と、利便性もばつぐんです。アクリル板やアルコール消毒液の設置など、「新型コロナ感染症」予防対策も万全です。
ぜひ、自慢の肉汁餃子を味わってみてはいかがでしょうか。

「肉汁餃子のダンダダン」田無店
西東京市田無町2-2-2 吉野ビル1階
042-452-7679
営業時間:月~金・土日祝11:30~24:00
定休日:無休
肉汁餃子のダンダダン(公式サイト)

編集部注 新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合があります。来店時は事前に店舗にご確認ください。

編集部おすすめ

1

屈指のアイデアマン 神山伸一さん 現役課長が隣接市の副市長に――。 小平市職員の神山伸一さん(58)が小金井市副市長に任命されることとなり、「他市からの引き抜きは異例」と話題になっている。 大抜擢の理 ...

2

1975年に誕生した携帯サンドイッチの元祖・フジパン㈱の「スナックサンド」から、3月だけの期間限定で、「東村山黒焼きそば」と「ところざわ醤油焼きそば」が販売されている。 フジパン武蔵工場(入間市)の開 ...

3

3月3日は桃の節句。女の子の健やかな成長を祝うお祭りです。起源は古代中国の「厄祓い」の行事でしたが、日本に伝えられて江戸時代以降、現在のような形になりました。 ・・・と、暦をながめていたら、「ひな祭」 ...

4

全国のハンセン病療養所入所者たちが詠んだ詩が70年の時を経て現代に蘇る――4日から、東村山市にある国立ハンセン病資料館で、企画展「ハンセン病文学の新生面『いのちの芽』の詩人たち」が開かれている。同館に ...

5

ウクライナ出身のリリア・モルスカさんと、大学を通して交流を持った武蔵野大学の岩井雅治さん、菊地里帆子さん、山岸咲亜さんの4人で製作したウクライナを紹介する冊子「ひまわり」50冊が、西東京市に寄贈された ...

6

西東京市保谷こもれびホールの愛称が「タクトホームこもれびGRAFAREホール」に決まった。市が募集したネーミングライツ・パートナーに同市に本社があるタクトホーム㈱が選ばれたもの。GRAFAREは同社が ...

7

行政書士による「SDGs研究会」が発起 昨年1月に小平市で始まった無人の不用品譲渡「Baton BOX(バトンボックス)」が、1周年を経てさらに広がりを見せている。 これは、協力店先などに置かれた小型 ...

8

西東京市向台町の圡方隆一さん・仁美さん夫妻が、このほど、自宅の一部を改築し、「8cho8ma gallery(はっちょうやまギャラリー)」をオープンする。初回の展示会は6日㈮から。「若手作家を応援した ...

9

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

10

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

11

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

12

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

13

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

14

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2023 All Rights Reserved.