新1年生を「桜の絵」で歓迎! 向台小

桜の開花が早く、入学式には散ってしまっていた今年。「せめて桜の『絵』の前で記念写真を撮ってほしい」と、上級生たちが桜の絵を描いて新1年生を歓迎するという取り組みが、西東京市向台小学校で行われました。

桜の絵を描いたのは、4〜6年生。4・5年生は水彩、6年生はパステルによる絵で、一人1枚を描き、計479枚が体育館の壁面いっぱいに飾られました。

上級生が描いた桜の絵を眺める新1年生

 

5月20日の2時間目の授業では、1年1組の32人(全員で33人、当日1人欠席)が桜の絵と初対面。児童たちは興奮した面持ちで、右へ左へと、“桜並木”を走り回っていました。

担任の今村久美子教諭が「気に入った絵があったら教えてください!」と呼びかけると、児童たちは次々に挙手し「この絵がカラフルで好き!」「桜だけでなく、空と雲が描かれていてきれい」などと感想を口にしていました。

1年1組の授業の様子

体育館の壁面いっぱいに桜の絵が貼られた。喜んで眺める新1年生たち

 

企画したのは、図工を教えている中司憲作教諭。中司教諭はご自身の子どもが新一年生とのことで、入学式の際に桜が散っていたことを親として寂しく思っていたとのこと。

たまたま図工の授業で桜の作画に取り組んでいたことから、「これだけたくさんの“桜”があるなら、一堂に飾ったら喜ばれるのではないかな」と思いつき、1年生の教諭等に相談したところ、快諾を得たとのことです。

中司教諭の思いは実現し、1年1組の授業でも、桜の絵をバックに全員で記念撮影をしていました。

2019/3/20

向台小に鷹匠がやってきた! 3年生が「鳥と人の信頼関係」学ぶ

西東京市立向台小学校で、3年生の地域学習の一端として、地域で動物の取扱をしている菅原崇文さん(同校卒業生の保護者)、町田大輔さんと、保護者によるオヤジの会の協力で、鷹匠の技のデモンストレーションが12日に実施されました。   鷹匠のデモンストレーションをして見せる菅原崇文さん 鷹匠とは江戸時代の職名で、主君の鷹の飼養や訓練など、鷹狩の一切を担った鷹使いのことです。 今回は菅原さんの師匠である現役鷹匠の澤田政弘さんたちの協力もあり、ミミズク、ハヤブサなどの猛禽類11種12羽がそろいました。 澤田さ ...

ReadMore

2018/9/5

夏休み中にひそかに制作 向台小のトイレドアにムサビ生が絵付け

児童のいない夏休みを利用し、西東京市向台小学校で、人知れず善意の制作が行われました。 手弁当で作業に当たったのは、武蔵野美術大学生5人と女子美術大学生1人。制作したのは、同校の各階のトイレの扉です。 老朽化していた扉を一人1枚ずつ担当し、個性ある6作品を仕上げました。   「公共の場」に絵を描けるなんて 暑い盛りの制作で、大型扇風機をフル回転させるなど現場は苦労の連続。ペンキで描きましたが、「乾きやすくて、油絵や水彩とは勝手が違った」の声も聞かれました。 それでも学生たちにとっては、自分の作品を ...

ReadMore

2018/4/12

各校で入学式「今日から仲間だね」

新年度が始まり、各校で、入学式が行われました。 西東京市の小学校では、さる6日(金)に実施。向台小学校では新児童178人が入学し、全校児童数932人というマンモス校となりました。 普段から学年間の交流を深めている同校では、新1年生を新6年生が各教室に案内する場面などが見られました。   同校の山縣弘典校長は、「地域とのかかわりを深めながら、『子どものために』を最優先に、学校経営を推し進めていきたい」と新年度の抱負を口にしていました。

ReadMore

編集部おすすめ

1

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

2

コロナ禍のもとで迎える2度目の6月。世の中が右往左往しているうちに、今年も、はや1年の折り返し点の月がやってきました。 暦は自然のリズムそのもの。人の世に何があろうと、淡々と流れてゆきます。 21日に ...

3

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

4

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

5

持続可能な世界を目指す国際的な取り組み「SDGs」を地域から実践しようと、5月17日、小平市内にキャンパスがある錦城高等学校3年生の櫻井晃太郎さんと山田祐菜さんが小平市環境政策課を訪ね、「ミートフリー ...

6

5月2日、西東京市の田無駅北口近くに「肉汁餃子のダンダダン」がオープンしました。 「日常的に餃子とビールを楽しめる店」という新しい価値観を提供し、餃子ブームの火付け役となった「肉汁餃子のダンダダン」は ...

7

東久留米市に10万平方メートルのキャンパスがある自由学園が、今年、創立100周年を迎えています。 4月には、それを記念した書籍『本物をまなぶ学校 自由学園』が出版されました。 自由学園南沢キャンパス ...

8

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

9

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.