多摩北部の都議選結果 小平の無投票は大きな混乱なく

任期満了に伴う都議会議員選挙は、多摩北部では以下のような結果となりました。

西東京市

○当選
浜中義豊(自民・新人):21,160票
桐山ひとみ(都ファ・現職):18,580票

●落選
石毛茂(立憲・現職):16,751票
井手重美津子(共産・新人):10,534票

 

小平市(無投票)

○当選
磯山亮(自民・新人)
竹井庸子(立憲・新人)

 

北多摩第1(東村山・東大和・武蔵村山)

○当選
谷村孝彦(公明・現職):29,386票
尾崎あや子(共産・現職):20,807票
関野杜成(都ファ・現職):19,994票

●落選
北久保真道(自民・前職):19,564票
鈴木恵美子(立憲・新人):15,385票

 

北多摩第4(清瀬・東久留米)

○当選
原紀子(共産・現職):21,939票
渋谷信之(自民・新人):21,202票

●落選
細谷祥子(都ファ・現職):19,893票

 

小平市はごみ収集車等で無投票を告知

なお、無投票となった小平市では、大きな混乱はなかったようです。

市選挙管理委員会に電話取材したところ、投票日当日は各投票所に無投票の掲示をし、連絡先として市選挙管理委員会の電話番号を記載したものの、問い合わせは1件もなかったとのことです。

無投票の告知に関しては、広報車のほか、ごみ収集車でもアナウンスを実施。さらに、選挙公報に代わって、無投票を知らせるA4判のリーフレットを全戸配布しました。

なお、期日前投票には、十人弱の来場者があったとのことです。

編集部おすすめ

1

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

2

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

3

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

4

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

5

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

6

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

7

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

8

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.