身近な放射能を忘れないで!  西東京市の「あるびれお」が測定の協力者募集

原発事故から10年たっても放射能が身近にあることを忘れないで――。

西東京市の市民が運営する放射能測定所「にしとうきょう市民放射能測定所あるびれお」(以下、あるびれお)が、「3・11から10年プロジェクト」として、地域の土壌のセシウムの測定などを行っています。
同会では、全市域のデータを取りたいと、協力者を募集しています。

食品の放射能測定の様子

 

子どもの遊ぶ道に多量のセシウムが…

福島第一原発事故から10年の今年。事故直後は騒がれた放射能問題も、今や忘れられつつあります。
が、実際には、身近な放射能が消え去ったわけではありません。

そのことを改めて思い出してほしいと、「あるびれお」では、地域の放射能を測定し出しています。

測定の方法は、主に2つです。

一つは身近な土の測定。
もう一つは、園芸などで用いる顆粒状のゼオライトを使って、3~4カ月ごとの定期観測を行うものです。

これは、セシウムを吸着するというゼオライトの性質を生かした方法で、家屋の雨どい下に設置し、雨で流されてきた放射能をキャッチします。
現在十数件の協力先があり、測定では、最大でセシウム137が21.4ベクレル/キロ(以下、単位同)検出されています。

また、土壌の測定では、最大で1460ベクレルが検出されています。
側溝にたまっていた土とのことで、近隣に暮らす女性は
「数値の高さに驚愕した。長年、子どもが路上にチョークで書いたり、縄跳びをして遊んでいた場所。放射能問題は決して過去のことではないと痛感しました」
と話します。

 

「閾値はない。微量でも注意したい」

もっとも、1460ベクレルと言われても、数値をどう受け止めてよいのか分かりません。

それに対して同会共同代表の古林美香さんは「閾値はない」と強調します。

「たばこを何本吸えば健康を害するか、と尋ねるようなもの。もともと自然界にはほとんど存在しないもので、ないに越したことはないと考えています」

ちなみに、あくまで参考値ですが、「みんなのデータサイト出版」が昨年発行した『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集 増補版』による2011年時点の推計値では、東京都内の中央値は151ベクレル、福島県では2813ベクレルとなっています。
セシウム137の半減期が30年であることを加味すると、この地域でも軽視できない状況があると考えられます。

なお、この地域のセシウムは、福島原発事故で運ばれ、特に同年3月21日の降雨によって滞留したと見られています。

ゼオライトを雨どいの下に設置し、屋根に付着したセシウムを吸着させる。3~4カ月に1度のペースで定点観測していく

 

次世代のためにデータを取る

「あるびれお」は、事故翌年に市民の手で始まった放射能測定所。
約10年にわたって活動を続けてきた思いを、発足時から関わる小児科医の梅村浄さんは
「10年は確かに長いが、まだ10年ともいえる。これから出てくる影響もあるかもしれず、データを残すことを重視してきました」
と話します。

なお、同会では、土壌の提供やゼオライト設置など、測定の協力者を求めています。

詳細はあるびれお(070・5073・4356、https://west-tokyo-albireo.com)へ。

編集部おすすめ

1

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

2

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

3

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

4

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

5

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

6

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

7

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

8

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.