身近な放射能を忘れないで!  西東京市の「あるびれお」が測定の協力者募集

原発事故から10年たっても放射能が身近にあることを忘れないで――。

西東京市の市民が運営する放射能測定所「にしとうきょう市民放射能測定所あるびれお」(以下、あるびれお)が、「3・11から10年プロジェクト」として、地域の土壌のセシウムの測定などを行っています。
同会では、全市域のデータを取りたいと、協力者を募集しています。

食品の放射能測定の様子

 

子どもの遊ぶ道に多量のセシウムが…

福島第一原発事故から10年の今年。事故直後は騒がれた放射能問題も、今や忘れられつつあります。
が、実際には、身近な放射能が消え去ったわけではありません。

そのことを改めて思い出してほしいと、「あるびれお」では、地域の放射能を測定し出しています。

測定の方法は、主に2つです。

一つは身近な土の測定。
もう一つは、園芸などで用いる顆粒状のゼオライトを使って、3~4カ月ごとの定期観測を行うものです。

これは、セシウムを吸着するというゼオライトの性質を生かした方法で、家屋の雨どい下に設置し、雨で流されてきた放射能をキャッチします。
現在十数件の協力先があり、測定では、最大でセシウム137が21.4ベクレル/キロ(以下、単位同)検出されています。

また、土壌の測定では、最大で1460ベクレルが検出されています。
側溝にたまっていた土とのことで、近隣に暮らす女性は
「数値の高さに驚愕した。長年、子どもが路上にチョークで書いたり、縄跳びをして遊んでいた場所。放射能問題は決して過去のことではないと痛感しました」
と話します。

 

「閾値はない。微量でも注意したい」

もっとも、1460ベクレルと言われても、数値をどう受け止めてよいのか分かりません。

それに対して同会共同代表の古林美香さんは「閾値はない」と強調します。

「たばこを何本吸えば健康を害するか、と尋ねるようなもの。もともと自然界にはほとんど存在しないもので、ないに越したことはないと考えています」

ちなみに、あくまで参考値ですが、「みんなのデータサイト出版」が昨年発行した『図説・17都県放射能測定マップ+読み解き集 増補版』による2011年時点の推計値では、東京都内の中央値は151ベクレル、福島県では2813ベクレルとなっています。
セシウム137の半減期が30年であることを加味すると、この地域でも軽視できない状況があると考えられます。

なお、この地域のセシウムは、福島原発事故で運ばれ、特に同年3月21日の降雨によって滞留したと見られています。

ゼオライトを雨どいの下に設置し、屋根に付着したセシウムを吸着させる。3~4カ月に1度のペースで定点観測していく

 

次世代のためにデータを取る

「あるびれお」は、事故翌年に市民の手で始まった放射能測定所。
約10年にわたって活動を続けてきた思いを、発足時から関わる小児科医の梅村浄さんは
「10年は確かに長いが、まだ10年ともいえる。これから出てくる影響もあるかもしれず、データを残すことを重視してきました」
と話します。

なお、同会では、土壌の提供やゼオライト設置など、測定の協力者を求めています。

詳細はあるびれお(070・5073・4356、https://west-tokyo-albireo.com)へ。

編集部おすすめ

1

都内のモスバーガー156店舗で、小平市産のブルーベリーを使った地産地消メニュー「まぜるシェイク 東京小平ブルーベリー」が7月15日(木)から数量限定で販売されます。 バニラシェイクに、ブルーベリーソー ...

2

7月9日(金)から16日(金)まで予定されていた多摩地域などを走る「東京2020オリンピック」の聖火リレーは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、公道での走行を中止としました。 各自治体で予定され ...

3

地域振興策として、7月1日(木、2021年)から8月31日(火、同)まで、西東京市内の対象店で電子決済サービスPayPayで支払いをすれば、最大で25%分のPayPayボーナス(ポイント)が受けられる ...

4

無投票で2議席が確定した東京都議会議員選挙の小平市選挙区。ルール上問題はないことは分かるが、どこかスッキリしない印象も……。 その理由を探るに当たり、当選した当人の磯山亮(りょう)都議を訪ねました。 ...

5

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、暑さがますます厳しくなってくるころ。28日は土用の丑の日で、今年もやっぱりウナギでしょうか。 でも、夏といえば涼やかなアユの塩焼きもいいもの。通人の話によれば、7 ...

6

東村山市では、市内の対象店舗にてスマホ決済サービス「PayPay」で決済した場合に、支払額の最大20%のPayPayボーナス(ポイント)が付与される「第2弾 がんばろう東村山!最大20%戻ってくるキャ ...

7

原発事故から10年たっても放射能が身近にあることを忘れないで――。 西東京市の市民が運営する放射能測定所「にしとうきょう市民放射能測定所あるびれお」(以下、あるびれお)が、「3・11から10年プロジェ ...

8

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

9

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

10

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

11

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

12

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.