コロナ禍で献血者が減少  神社de献血

24日に南沢氷川神社・25日に小平神明宮

7月24日に東久留米市の南沢氷川神社、7月25日に小平市の小平神明宮で、献血のイベントが行われます。

本来神社にとって血は「穢れ」ですが、コロナ禍による献血の減少を受けて、両神社が東京都赤十字血液センターの呼びかけに応えるものです。  

外出自粛の影響により、企業・大学での献血会の中止が相次いでおり、特に献血バスでの協力者数が減少しています。

昨年度の東京都内での全血献血協力状況は、目標数38万250人に対して献血した人は34万3961に留まっています。

無視できないのは血液が保存できない点で、同センターによると、赤血球製剤は冷蔵保存しても3週間しか使えないそうです。

このためコンスタントに充足量を確保していく必要があります。

同センターの担当者は「コロナ禍の影響は大きく、いまだに企業・大学での中止が続き、目標に達しない日が多いです。がん治療などで輸血を必要としている人は多い。ぜひとも協力してほしい」と話します。

献血は16歳から69歳までが可能です。

服薬中も可能なケースが多いとのことです。

なお、新型コロナウイルスワクチン(ファイザー・武田モデルナ社製)を接種した場合は、48時間後から献血可能です。

両神社とも午前11時から午後3時30分まで。特別な御朱印あり。

編集部おすすめ

1

任期満了に伴う東久留米市長選挙に、同市議会議員の富田竜馬さん(44、無所属)が出馬表明した。 富田さんは市議の5期目。過去に議長も務めた。

2

東久留米市の並木克巳市長が、12月26日投開票の市長選挙に立候補しない意向を公表した。体調不良を理由に挙げている。 東久留米市長   並木市長は2期8年を務めており、書面を通じて、「『コロナ ...

3

JA東京むさし小平地区はこのほど食育活動表彰で農林水産大臣賞(教育関係者・事業者部門)を受賞し、その記念として、同市の公立小中学校・全27校の児童・生徒に小平市産ブルーベリージュース180ミリリットル ...

4

2月実施の西東京市長選挙でまかれた法定ビラは違法なものだとして、同市の選挙人が選挙の無効を求めた裁判で、11日、東京高等裁判所は原告の請求を棄却した。 ビラの違法性を認めつつ「選挙人の自由な判断による ...

5

暦の上では初冬の11月。日暮れがめっきり早くなって、7日には二十四節気の立冬を迎えます。でも、この『タウン通信』エリアでは、ところどころでまだ美しい紅葉の秋景色も楽しめます。 そしてこの時季、神社にで ...

6

持続可能な社会のために文化の力が必要だ――「文化の日」に合わせ、本紙では、文化を切り口に環境問題やSDGsに取り組む地元の2者の対談を行った。 多くの環境団体が参加する「アースデイネット連絡協議会」か ...

7

「科学と女性」の本  多摩六都科学館では5日から12月5日まで、ミニ企画展「科学の本棚Ⅱ~科学と女性~」を開く。 活躍中の女性研究者が紹介する本や、女性科学者についての本など、約100冊を紹介する。詳 ...

8

アースデイ2021〈秋のフェスティバル〉は、以下のように実施予定。 秋のフェスティバル・ポスター=イベントの詳細は上画像からPDFをご覧ください(情報誌のPDFにリンクしています) イベントの詳細は上 ...

9

西東京市在住の切り絵作家、小出蒐さんの作品展「平家物語絵巻 ~小出蒐 切り絵の世界~田無神社展」が、田無神社おみくじ処で、令和3年10月9日(土)から開催されている。 小出さんの「平家物語絵巻」は20 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.