西東京市のオンライン授業をレポート 指導の様子は…

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、西東京市は3密を避けることを目的として、9月6日から市内小・中学校全27校でオンライン授業を実施しています。 

タブレット操作に不慣れな小学一年生や特別支援学級は通常どおりの対面授業とし、給食は登校して、各教室でグループ毎に時間を分けて食べたり、家庭の住環境や通信環境、保護者の仕事等により家庭学習が難しい場合は『預かり』という形で登校も可能とするなどの配慮がなされています。

今回の決定について、西東京市教育委員会教育部教育指導主事 荒木忍さんは、

「先生との繋がり、学校との繋がり、学びが続いていく安心感を得られたことは大きいです」といいます。

西東京市立上向台小学校6年生の教室の様子。約3割の児童が、登校してそれぞれの端末でオンライン授業を受けている

 

具体的な授業方法は?

オンライン授業はグーグルミートを利用して、課題はグーグルフォームで提出します。

期間中の授業は、各学校の年間指導計画に従い、学校ごとに決定しました。国語・算数(中学は数学)・理科・社会・外国語などを中心に、体育・音楽・図工(美術)なども各学校判断で、創意工夫をして実施しているそうです。

9月8日(水)西東京市立上向台小学校に取材に伺いました。

同校でも、タブレット端末が配付された4月から、高学年を中心に積極的に活用を始めていました。

同校校長 町田元彦校長によると、子どもたちの反応は良く、独学用のソフトeライブラリを朝学習のときや家庭学習の際に、自分からどんどん使っていき、保護者からもありがたいという声が聞かれたそうです。ほとんどの家庭ですでに通信環境が整っていたこともあり、スムーズなスタートが切れたとのことでした。

一方、オンライン授業の実施にあたっては、授業形態がまったく変わることで、教諭側の戸惑いは少なからずあったといいます。

オンライン用のスライドの作成や子どもたちにわかりやすい教材の提示方法、授業内容の検討等を行いました。また、長時間パソコンに接続し続けると、通信障害や子どもたちの健康面にも負担がかかります。そこで、授業内のどのタイミングで接続のオンオフを入れるか等、対面の時よりもさらに細かく指導計画を考えました。

課題の熟語が端末に表示されている

 

見えてきた課題

同校GIGAスクール推進教師、6年生担任の加藤聡教諭は、オンライン授業を進めていく中で、これはいけるという気持ちをもったといいます。

その理由として、

「予想以上に子どもたちがICTに慣れていました。『コロナ』で子どもたちの遊び方も変化して、すでにオンラインで話したりしていたようですね。子どもの柔軟な発想に教師側が教えられることもたびたびあるほどです」

と話していました。

オンライン授業のメリットについて伺いました。

「オンライン授業では、より多くの子どもの意見を取り入れることができます。集団では発言しにくい子どもが、チャットを使えばとても意欲的に書き込んだり、意見を書いたノートを画面越しに見せたり。手をあげて発言以外の方法でも、主体的に関わることができます。評価の観点も変わるので、子どもたちの自信にもつながるのではないでしょうか」

と、加藤聡教諭。

ノートを見せる児童

 

 全体指導、グループミーティングなど多彩に学習

この日、取材した6年1組の国語「熟語の成り立ち」の授業では、大型テレビを併用し、その画面を各自の端末上にも表示させて、全員が共有しやすいように配慮されていました。四字熟語についての課題を与え、一人ひとりが調べる時間をつくったり、チャットを利用してグループごとに話し合う時間をつくったりと、タブレットを存分に活用した学習が行われました。

子どもたちは慣れた手つきでタブレットを扱い、検索をしたり、イヤフォンを耳に、画面越しの友達と話し合い、ときには笑顔を見せながら取り組んでいました。音声が聞こえにくい状況になった際には、すぐに文字を入力して伝える等、臨機応変に対応していました。

6年生の教諭の方々からも、大きなトラブルもなく、子どもたちがスムーズに行えていることに安心する一方で、

「一方的に指示を出すことが多くなり、どこまで子どもたちが理解しているのか掴みづらい」

「自宅で学習している子どもについて、集中度を確認しにくい」

と、子ども一人ひとりのみとりについての難しさが聞かれました。双方向の授業に向けて、発言の促し方やタイミング、質問の仕方等、オンラインならでのコミュニケーションが求められそうです。

一方、子どもたちの反応は、

「知りたいことをすぐに調べられてとても便利。紙の辞書より使いやすい」
「家にいても、友達と繋がっていると思えてうれしくなった」
「顔が見えない方が話しやすかった」
「機械を使えるようになって自信がついた」
「遅刻や忘れ物の心配をしないですむ」
「学校に行きたくないときでも、勉強できるのが良い」

と、上々です。

オンライン授業の経験を、

「もっと環境が悪くなったときにも、慌てないで対応できると思う」
「今覚えておけば、大人になったときにも簡単にすぐ使えるようになっているので、役に立つ」

と、とても前向きに受け止めていました。

 

オンライン授業の可能性について、町田元彦校長は、

「得意な教科を担当する教科担任制や、同時に複数のクラスで授業を行うなど、学びの質を高める方法がいろいろあるはずです。将来を見据えて、学校全体一丸となって、どんどんチャレンジしていこうと思います」

といいます。

加藤聡教諭も、

「情報活用能力は、今後生きていくうえで欠かせない。子どもの成長のために必要なことです。

対面に戻ってもオンラインでやれることが分かったことは非常に大きいです。今後も、並行して活用しながら授業を進めていけると思います。何より、学校に登校しにくい子どもでも、みんなと一緒に授業に参加できる。これがいちばん価値あることだと思います」

と話していました。

試行錯誤しながら指導する教諭たち

 

日ごろから上向台小学校は、教諭同士の連携が強く、他クラスの授業を見にいったりなど、頻繁に情報共有がなされていたそうです。オンライン授業が始まってからそれは一層強くなり、教諭間のコミュニケーションがさらに濃密になったとのこと。連日、子どもたちが帰った後に、学年ごとにその日の授業の振り返りをしたり、縦横関係なく熱心に相談し合ったりしているそうです。

「オンライン授業の決定後、先生方の努力には本当に感謝しています。

職員室のムードがさらによくなりました。どの先生方もとても前向きで、子どもの笑顔が見たい、よりよい授業を提供したい、という熱意が伝わってきます。連携が活性化したと感じています」

と、町田元彦校長は笑顔をみせました。

新しい教育に向けて、新たな取り組みが始まりました。『コロナ』が加速させたともいえる西東京市のGIGAスクール構想。オンライン授業を皮切りに、今後、さらに可能性が広がることを期待します。

(取材記者・写真 三好圭子)

2021/9/14

本紙・タウン通信451号(9月15日発行・2021年)

地域紙「タウン通信」9月15日発行号(451号)のPDF版をご覧いただけます。 この号では、西東京市教育委員会が2学期から取り組んでいる「オンライン授業」などを取り上げています。 上の画像からPDFにアクセスできます  ◎タウン通信・451号(9月15日発行号・約6MB)

ReadMore

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.