ウィーン在住ピアニストが作曲家ゆかりの地を動画で紹介 こもれびホールとコラボ

2021年10月21日

西東京市の文化施設「こもれびホール」の「オーストリア音楽散歩」が注目を集めている。

これは、こもれびホール公式YouTubeチャンネルで視聴無料で鑑賞できるオンラインコンサート。

オーストリア在住のピアニスト山口友由実さんの演奏を聴きながら、音楽の都ウィーンの街をめぐる音楽散歩で、今年8月から配信が開始された「第一弾・夏 ウィーン国立歌劇場〜シューベルトの生家へ」は、ウィーン国立歌劇場からシューベルトの生家までの道のりを、ウイーン市立公園、ブルク公園など音楽にゆかりのある各所を巡りながら紹介している。シューベルトの美しい曲とともに美しいウィーンの景色を見ていると、あたかも海外旅行に行っているようなわくわくとした気持ちが味わえる。

また、15分の番組後半には、山口さんのピアノと高大善さんのチェロの演奏も収められた贅沢な内容となっている。                                           

動画

 

コロナ禍の影響受け、新しい取り組み

同ホールと山口さんは、2013年7月にロビーコンサートに出演されてからの縁。当初は、今年7月に来日しての生コンサートを予定していたが、「コロナ」の影響により来日が叶わず、12月のオンラインコンサートに変更した。

山口さんは、日頃から曲の背景や作曲家のエピソードなどを伝えながら演奏をするレクチャーコンサートを開催されている。そこで、そのノウハウを生かし、オンラインコンサートに向けての「オーストリア音楽散歩」が生まれた。よりオンラインコンサートを楽しんでもらうと同時に、「コロナ」で沈みがちな人たちの気持ちが、少しでも明るくなればという思いが込められている。

動画の制作は山口さん自身が行ない、同ホールが配信を担当した。生配信も考えたが、時差等の関係で現在の形に落ち着いたという。

山口友由実さん(©Sho Yamada)

 

山口さんからは、

「世界中が『コロナ禍』の中、旅行やコンサートに行くこと、日常だったことが難しい日々が続いています。

オンラインコンサートではウィーンの雰囲気たっぷりに音楽をお届けし、事前講座ではウィーンの街を歩き、音楽家の軌跡を辿りながら、少しでも旅行気分を味わっていただけたらと思っております。

音楽で世界がつながりますように」

というメッセージが届けられている。

「オーストリア音楽散歩」の企画にあたり、同ホール事業課の芦田さんは、

「『コロナ』で気持ちが沈みがちですが、とにかくできることを考えようと前向きに取り組みました。この時期だからこそ音楽にできることがあると信じています」

と話す。

ご自身も大のクラシック音楽好きという芦田さん。

「音楽が身近にあるということを思い出してほしいです。

不要不急の観点から音楽を控えてしまう人がまだまだ多いですが、音楽は人を元気にしてくれます。明るい曲、悲しい曲、楽しい曲、どんなものでも力をくれ、歌詞などの言葉がない分、その時々の心の状況に寄り添ってくれます。15分の『音楽散歩』をきっかけにして、たくさんの人たちが前向きな気持ちになってくれることを願っています。旅行気分を味わいながら、ぜひ音楽に触れる時間を作ってください」

 

街歩きマップも配信

「オーストリア音楽散歩」は「街歩きマップ」を見ながら視聴を楽しめるので、いっそう旅行気分が味わえる内容になっている。(ダウンロードはこちら )なお、ダウンロードが難しい方は、同ホールでマップを配布している。                                                                                                                                                                                                                    「第二弾・秋 セセッション〜シューマン縁の場所へ」は10月21日に公開予定。

保谷こもれびホール

 

◆山口友由実(やまぐち ゆうみ)

東京音楽大学大学院修了、ウィーン国立音楽大学大学院ピアノ室内楽科を満場一致の最優秀で修了。
テレビ朝日「題名のない音楽会」に独奏で出演。
2011年第18回ブラームス国際コンクールピアノ部門第3位を機に、ウィーン楽友協会でのリサイタルをはじめコンツェルトハウス、シューベルト生家、オーストリア国会議事堂、ペーター教会など、ウィーンを中心に各地で幅広く活動。
2016~2018年日本女子大学、和洋女子大学等で後進の指導にあたる。
2016年発売のデビューCD「謝肉祭~音列の風景たち~」はレコード芸術誌上で準特選盤
http://www.yuumi-yamaguchi.com/

(取材記者・三好圭子)

編集部おすすめ

1

任期満了に伴う東久留米市長選挙に、同市議会議員の富田竜馬さん(44、無所属)が出馬表明した。 富田さんは市議の5期目。過去に議長も務めた。

2

東久留米市の並木克巳市長が、12月26日投開票の市長選挙に立候補しない意向を公表した。体調不良を理由に挙げている。 東久留米市長   並木市長は2期8年を務めており、書面を通じて、「『コロナ ...

3

JA東京むさし小平地区はこのほど食育活動表彰で農林水産大臣賞(教育関係者・事業者部門)を受賞し、その記念として、同市の公立小中学校・全27校の児童・生徒に小平市産ブルーベリージュース180ミリリットル ...

4

2月実施の西東京市長選挙でまかれた法定ビラは違法なものだとして、同市の選挙人が選挙の無効を求めた裁判で、11日、東京高等裁判所は原告の請求を棄却した。 ビラの違法性を認めつつ「選挙人の自由な判断による ...

5

暦の上では初冬の11月。日暮れがめっきり早くなって、7日には二十四節気の立冬を迎えます。でも、この『タウン通信』エリアでは、ところどころでまだ美しい紅葉の秋景色も楽しめます。 そしてこの時季、神社にで ...

6

持続可能な社会のために文化の力が必要だ――「文化の日」に合わせ、本紙では、文化を切り口に環境問題やSDGsに取り組む地元の2者の対談を行った。 多くの環境団体が参加する「アースデイネット連絡協議会」か ...

7

「科学と女性」の本  多摩六都科学館では5日から12月5日まで、ミニ企画展「科学の本棚Ⅱ~科学と女性~」を開く。 活躍中の女性研究者が紹介する本や、女性科学者についての本など、約100冊を紹介する。詳 ...

8

アースデイ2021〈秋のフェスティバル〉は、以下のように実施予定。 秋のフェスティバル・ポスター=イベントの詳細は上画像からPDFをご覧ください(情報誌のPDFにリンクしています) イベントの詳細は上 ...

9

西東京市在住の切り絵作家、小出蒐さんの作品展「平家物語絵巻 ~小出蒐 切り絵の世界~田無神社展」が、田無神社おみくじ処で、令和3年10月9日(土)から開催されている。 小出さんの「平家物語絵巻」は20 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.