生活保護受給者に安心の住まいを提供する

2021年12月14日

ひばりヶ丘駅そば「ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業」の取り組みを例に、不動産からできる地域づくりを追ってきた。
そして、不動産には「福祉」の面でできることが多数あることが分かった。

今回は、その最たる例として、生活保護受給者への住まい提供の実情を見てみたい。

入居拒否の現実

多くの報道がある通り、コロナ禍で収入が激減し、生活保護を受ける人が増えている。家賃を払えず、より安価な物件を探す人も多い。

ところが、そうした生活困窮者が移転先を見つけるのは簡単ではない。生活支援でよく知られるものに生活保護があるが、その受給者の入居を拒む大家さんが少なくないからだ。
トラブルが起こるのではないか? 夜逃げされたら困る、そもそも低額の案件で面倒なだけ――。
そうしたある種の偏見が渦巻いている。

(写真はイメージです)

 

保証会社を用いる

これに対して、「見方を変えれば、確実に支払い能力のある方々です」と話すのは、「ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業」の清水二郎さんだ。

「当社では、保証会社の加入契約を条件に、通常と同じ案内をしています。一般的に、受給者の場合の保証額は3万円弱。それで住まいを確保できるなら、受給者・大家さんの双方に良い話のはずです」

そう話す清水さんは、受給者を多く見てきた経験から、社会に警鐘を鳴らす。

「悪いイメージがあるのか、不正受給を疑う方が少なくありません。でも、実際の受給者たちは、『できれば働きたい』と願いながらも、体調不良などで苦しむ方たちばかりです」

そして大家さんに対して、「住宅提供という方向から彼らを支援してほしい」と訴える。

「それでもご不安なら、見守りシステムを導入するなどで安心は得られます。もしお任せいただけるなら、当社で物件管理もいたします。ぜひ、大家さんだからこそできる支援や地域貢献をご検討ください」

なお、同社では空室に悩む大家さんの相談にも乗っている。

【取材協力】
ERA LIXIL不動産ショップ・三成産業
0120-306-997

編集部おすすめ

1

小平市では、コロナ禍における消費減少の喚起と、非接触の決済方式を広めることを目的に、「あなたの街のau PAYキャンペーン」を実施する。 令和3年12月1日(水)〜令和4年1月31日(月)まで、キャッ ...

2

お得キャンペーンで関心高まるマイナンバーカード マイナンバーカードの取得者に5000円分のマイナポイントを付与する事業の第2弾がスタートしたのを受け、各市とも申請のサポート体制を整えている。特に小平市 ...

3

「タウン通信」で運勢鑑定のコーナー「星のオキテ」を本紙で連載している九星気学研究家・野村徳子さんが、昨秋、『気学が導く開運パワースポット』を出版した。 パワースポットの見つけ方や開運の方法などを紹介す ...

4

春風献上。 コロナ禍の下で迎える2回目の新しい年がスタートしました。 2022年は十二支でいえば寅年であり、九星でいえば五黄土星年。この十二支と九星の組み合わせは36年に1回あらわれるもので、今年の立 ...

5

東久留米市の新市長となった富田竜馬市長が、12月28日(火)に初登庁し、午後に、就任記者会見を開いた。 冒頭、就任の挨拶として、「トップリーダーとして先頭に立って汗をかき、やれる、できるの気持ちが市全 ...

6

立候補を表明している現市議会議員の富田竜馬さん。出馬会見の一問一答から、抜粋して以下の通りにまとめた。 (※無所属/新人/自民党、公明党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「2003年か ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.