東久留米市長立候補表明 篠原重信さんインタビュー

2021年12月14日

8年前に発足した「新しい市政をつくる会」の強い推薦を受けて立候補を決意した篠原重信さん。出馬会見も開いたが、「タウン通信」では独自にインタビューに臨んだ。
(※無所属/新人/共産党、社民党推薦)

 * * *

――立候補を決めた理由は?

「市民の声を聴かない今の市政に強い疑問を感じたからです。東久留米がこのままでいいのかという危惧を抱えていました。多摩地域26市の中で、東久留米市の住民サービスは大きく遅れています。また、一方的に公立保育園の全園廃止を打ち出すなど、多くの市民が疑問や憤りを感じています。

今回の市長選挙はこれまでの市政をチェンジをする絶好のチャンスです。現市政を継続して引き継ぐのではありません。「市民の声を聴かない市政から、市民の願い実現の市政へ」を決意し、立候補しました」

篠原重信さん

 

――重点する政策は?

「いちばんは、コロナ禍における市民の皆さんの安全や暮らしについて、いちばん身近な自治体である市がきちんと応援をしていく体制を整えていくことです。PCR検査をはじめ、どのような充実したたいが可能かをしっかりと考えていきます。

また、東久留米市が立ち遅れている中学校での温かい学校給食の提供、コミュニティバスの実施、公共施設への太陽電光発電設置も非常に大切な課題と認識しています。

実は太陽光発電設置については、ようやく来年度予算に組み込まれ、市役所への設置が予定されています。東京都からの指摘を受けたからです。地球温暖化対策として国や自治体が一体となって行うべく重要な施策であるにも関わらず、自らは動こうとしない現市政のあり方は、ぜったいにチェンジしなければならないと考えます。

現在の中学校給食はスクールランチ方式で、ランチボックスを選択する生徒は約5割程度。副菜類は冷めてしまっていて美味しさを感じれらないからです。市民はずっと、全員が同じ温かい給食を食べるようにしてほしいと訴え続けてきましたが、退けられています。先日も保護者3000名の署名が寄せられたばかりです。まさに市民の声を聴かない、未来を担う子どものことを考えていないことの表れです。

子どもにも、高齢者にも、障がいのある人にも、冷たい市政運営を続けてきた現状を変えるときがきています」

 

――他の2名の候補者とは違う、篠原さんならではの強みは?

「『市政をチェンジする』。こう決意しているのは私だけです。現市政の継続ではなく、変えるのです。市民一人ひとりの声を聴き、願いを受け止め、実現させていきます。

今までの議員生活でも、市民の声を聴き、市民の暮らしを守るという立場で活動してきました。

例えば、東久留米都市計画税の引き下げ、道路占用料の引き上げです。これによってを市民負担によらない財源を確保することができました。また、1990年には東久留米駅にエレベーターとトイレ、1995年には東京都でいちばん先に温水便座を設置しました。これは車椅子を利用している人の訴えを聴いたことがきっかけです。

本当に困っている市民の人の声を形にしていく。この政治姿勢をこれからは、市長として貫いていきます」

 

――「市民の声を聴く」具体的な方法は?

「ネットを含めいろいろな方法がありますが、柱は「直接の対話」です。懇談会のスタイルです。コロナ禍であれ、状況を見極めながら、適切な形で市民の声を直接聞く場面をつくります。すべての要望に応えることはできなくても、実現が困難なのか、時期を検討するのか、理由を市民へ説明し、伝えていきます。

『公立保育園の全園廃止』についてもそうです。一方的なこの計画は、市内外の人たちにまで東久留米市は保育に不安な地域だという印象を与えてしまいました。子育てをしたいと思える街づくりは市の活性化のためにとても大切です。すべての園を廃園するのではなく、個々に見極めていくことが大事だと考えます」

(取材記者・三好圭子)

(※編集部注 政党の推薦については、12/19の告示日に追記しました)

2021/12/21

東久留米・並木市長、任期満了前に辞職へ

東久留米市の並木克巳市長が、来年1月19日の任期満了を前に、12月27日付で退職することとなった。体調不良を理由にするもので、本日開催された第1回臨時会において承認された。 臨時会に並木市長は出席せず、西村幸高副市長が市長のコメントを代読した。 東久留米市長(以前の写真)   並木市長は、今月26日(日)投開票で行われる次期市長選挙への不出馬を表明していた。任期満了前に退職する理由として、並木市長は現在も体調に配慮しながら公務を行なっているとしたうえで、 「第6波への警戒を強めていくことや来年度 ...

ReadMore

2021/12/21

東久留米市長立候補表明 細谷祥子さんインタビュー

元市議、前都議の経験を市政に生かしたいと立候補を表明した細谷祥子さん。都民ファーストの会の前都議として、小池百合子都知事との連携をアピールする細谷さんには、個別にインタビューを行った。 (※無所属/新人/都民ファーストの会推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「東久留米のために、まだやり残したことがあるからです。コロナの影響で社会は大きく変わりました。東久留米市もそうです。市議・都議として市民一人ひとりの声を聴くことを信念とし、平成15年から行政に取り組んできましたが、今こそ、市の経済と生活の ...

ReadMore

2021/12/21

東久留米市長立候補表明 富田竜馬さんインタビュー

立候補を表明している現市議会議員の富田竜馬さん。出馬会見の一問一答から、抜粋して以下の通りにまとめた。 (※無所属/新人/自民党、公明党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「2003年から5期連続、18年間東久留米市議会議員として活動してきました。その間、3人の市長に協力できる部分は協力をしてきた一方で、行政の効率化や税金の使い方等、改善でいることがあるのでは?という思いを募らせてもいました。この度、並木市長の不出馬を受け、私自身が積み重ねてきた、これらの思いを市長として実現し、東久留米市に ...

ReadMore

2021/12/14

26日、東久留米市長選挙 候補予定の3者にインタビュー

任期満了に伴う東久留米市長選挙が12月26日(日)投開票で実施される。 それに先立ち、「タウン通信」では、立候補を表明している3者にインタビューを行った。 この記事を公開する12月14日現在、立候補を表明しているのは、元市議の篠原重信さん(70)、市議の富田竜馬さん(44)、元都議の細谷祥子さん(67)の3人(氏名の五十音順に記載)。 (※編集部注 告示日前の掲載であり、支持・推薦等は割愛) インタビューの詳細はそれぞれのページへ。 ◎篠原重信さん「市政チェンジを訴えるのは私だけ」 ◎富田竜馬さん「未来に ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

小平市では、コロナ禍における消費減少の喚起と、非接触の決済方式を広めることを目的に、「あなたの街のau PAYキャンペーン」を実施する。 令和3年12月1日(水)〜令和4年1月31日(月)まで、キャッ ...

2

お得キャンペーンで関心高まるマイナンバーカード マイナンバーカードの取得者に5000円分のマイナポイントを付与する事業の第2弾がスタートしたのを受け、各市とも申請のサポート体制を整えている。特に小平市 ...

3

「タウン通信」で運勢鑑定のコーナー「星のオキテ」を本紙で連載している九星気学研究家・野村徳子さんが、昨秋、『気学が導く開運パワースポット』を出版した。 パワースポットの見つけ方や開運の方法などを紹介す ...

4

春風献上。 コロナ禍の下で迎える2回目の新しい年がスタートしました。 2022年は十二支でいえば寅年であり、九星でいえば五黄土星年。この十二支と九星の組み合わせは36年に1回あらわれるもので、今年の立 ...

5

東久留米市の新市長となった富田竜馬市長が、12月28日(火)に初登庁し、午後に、就任記者会見を開いた。 冒頭、就任の挨拶として、「トップリーダーとして先頭に立って汗をかき、やれる、できるの気持ちが市全 ...

6

立候補を表明している現市議会議員の富田竜馬さん。出馬会見の一問一答から、抜粋して以下の通りにまとめた。 (※無所属/新人/自民党、公明党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「2003年か ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.