東久留米市長立候補表明 富田竜馬さんインタビュー

2021年12月14日

立候補を表明している現市議会議員の富田竜馬さん。出馬会見の一問一答から、抜粋して以下の通りにまとめた。
(※無所属/新人/自民党、公明党推薦)

 * * *

――立候補を決めた理由は?

「2003年から5期連続、18年間東久留米市議会議員として活動してきました。その間、3人の市長に協力できる部分は協力をしてきた一方で、行政の効率化や税金の使い方等、改善でいることがあるのでは?という思いを募らせてもいました。この度、並木市長の不出馬を受け、私自身が積み重ねてきた、これらの思いを市長として実現し、東久留米市に新しい市政をスタートさせたいと決意し、立候補に至りました」

富田竜馬さん

 

――重点を置く政策は?

「行政サービスの見直しとデジタル化です。国は行政のデジタル化を急速に進めていますが、もっとも大切なことは『市民のだれもが使いやすく便利になる』ことです。市民に手間を取らせない市役所。市民に優しい市役所となることが、東久留米市の姿を決める重要な鍵になると考えています。私は『人にやさしいデジタル化』に取り組みます。

そして、市内の多くの公共施設の老朽化がはじまっています。すべての施設の建て替えは、膨大な税金が必要となり現実的ではありません。私は、すべての公共施設について未来志向で新たな価値をつけていくマネジメント。公共施設の適正配置を進めます。これは、単に縮小していくことではありません。今ある施設に新たな付加価値をつけていくか、どのように配置をしていくのか等、多くの人たちの意見を聞きながら進めていきます」

 

――他の2名の候補者とは違う、富田さんならではの強みは?

「改革には現状の見直しが必要です。まずは、市内の大小全てのサービスを一つ一つ検証していくことが求められます。それができるのは、18年間市議として市のために尽くし、市のサービスを知りつくしている私だけです。必要なものは残し、そうでないものは改善していく。財源には限りがあります。その上でどこに優先的に配分をしていくか。新しい時代に対応した市役所に生まれ変わらせるため、私の議員経験を生かすことができると確信しています。

また、私には44歳という若さがあります。子育て真っ只中、未来への責任がある世代の代表として、取り組みを推進していきます。

難しいからやらないのではなくて、多くの方たちと力を合わせ、前向きに取り組む姿を見ていただきたい。『やればできる』それを感じていただきたいと考えています」

 

――コロナ対策については?

「3回目のワクチン接種の体制を早急に整えることが必要と考えます。そして、自宅療養者への支援。経済的打撃を受けている地域経済の支援も、国や都の支援対策を見ながら市としてできることに取り組んでいきます」

 

――そのほか、現状の課題は何があると思いますか?

「東久留米市には179箇所の公園緑地がありますが、ボール遊びができるのは6箇所しかありません。子どもたちの健やかな成長は、東久留米市の明るい未来を支えてくれるのです。

子どもが減り続ける社会に希望はありません。その意味でも、子育て世代をしっかりサポートし、子ども自身が輝き、のびのびと育つことができる街づくりを目指します。

子どもたちが思い切りボール遊びのできる公園を整備します。そのためには、近隣の市民の理解も不可欠です。きちんと話をして要望を聞き、伝えていく努力をします」

(取材記者・三好圭子)

(※編集部注 政党の推薦については、12/19の告示日に追記しました)

2021/12/21

東久留米・並木市長、任期満了前に辞職へ

東久留米市の並木克巳市長が、来年1月19日の任期満了を前に、12月27日付で退職することとなった。体調不良を理由にするもので、本日開催された第1回臨時会において承認された。 臨時会に並木市長は出席せず、西村幸高副市長が市長のコメントを代読した。 東久留米市長(以前の写真)   並木市長は、今月26日(日)投開票で行われる次期市長選挙への不出馬を表明していた。任期満了前に退職する理由として、並木市長は現在も体調に配慮しながら公務を行なっているとしたうえで、 「第6波への警戒を強めていくことや来年度 ...

ReadMore

2021/12/21

東久留米市長立候補表明 篠原重信さんインタビュー

8年前に発足した「新しい市政をつくる会」の強い推薦を受けて立候補を決意した篠原重信さん。出馬会見も開いたが、「タウン通信」では独自にインタビューに臨んだ。 (※無所属/新人/共産党、社民党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「市民の声を聴かない今の市政に強い疑問を感じたからです。東久留米がこのままでいいのかという危惧を抱えていました。多摩地域26市の中で、東久留米市の住民サービスは大きく遅れています。また、一方的に公立保育園の全園廃止を打ち出すなど、多くの市民が疑問や憤りを感じています。 今 ...

ReadMore

2021/12/21

東久留米市長立候補表明 細谷祥子さんインタビュー

元市議、前都議の経験を市政に生かしたいと立候補を表明した細谷祥子さん。都民ファーストの会の前都議として、小池百合子都知事との連携をアピールする細谷さんには、個別にインタビューを行った。 (※無所属/新人/都民ファーストの会推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「東久留米のために、まだやり残したことがあるからです。コロナの影響で社会は大きく変わりました。東久留米市もそうです。市議・都議として市民一人ひとりの声を聴くことを信念とし、平成15年から行政に取り組んできましたが、今こそ、市の経済と生活の ...

ReadMore

2021/12/21

東久留米市長立候補表明 富田竜馬さんインタビュー

立候補を表明している現市議会議員の富田竜馬さん。出馬会見の一問一答から、抜粋して以下の通りにまとめた。 (※無所属/新人/自民党、公明党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「2003年から5期連続、18年間東久留米市議会議員として活動してきました。その間、3人の市長に協力できる部分は協力をしてきた一方で、行政の効率化や税金の使い方等、改善でいることがあるのでは?という思いを募らせてもいました。この度、並木市長の不出馬を受け、私自身が積み重ねてきた、これらの思いを市長として実現し、東久留米市に ...

ReadMore

編集部おすすめ

1

小平市では、コロナ禍における消費減少の喚起と、非接触の決済方式を広めることを目的に、「あなたの街のau PAYキャンペーン」を実施する。 令和3年12月1日(水)〜令和4年1月31日(月)まで、キャッ ...

2

お得キャンペーンで関心高まるマイナンバーカード マイナンバーカードの取得者に5000円分のマイナポイントを付与する事業の第2弾がスタートしたのを受け、各市とも申請のサポート体制を整えている。特に小平市 ...

3

「タウン通信」で運勢鑑定のコーナー「星のオキテ」を本紙で連載している九星気学研究家・野村徳子さんが、昨秋、『気学が導く開運パワースポット』を出版した。 パワースポットの見つけ方や開運の方法などを紹介す ...

4

春風献上。 コロナ禍の下で迎える2回目の新しい年がスタートしました。 2022年は十二支でいえば寅年であり、九星でいえば五黄土星年。この十二支と九星の組み合わせは36年に1回あらわれるもので、今年の立 ...

5

東久留米市の新市長となった富田竜馬市長が、12月28日(火)に初登庁し、午後に、就任記者会見を開いた。 冒頭、就任の挨拶として、「トップリーダーとして先頭に立って汗をかき、やれる、できるの気持ちが市全 ...

6

立候補を表明している現市議会議員の富田竜馬さん。出馬会見の一問一答から、抜粋して以下の通りにまとめた。 (※無所属/新人/自民党、公明党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「2003年か ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.