小中学生考案メニューが商品化 西東京市の18店舗で

2022年7月19日

95品を期間限定で

西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細は、市ホームページなどで案内されている。

 

「地場野菜の魅力知って」

取り組みとしては昨年に続く2回目。地元野菜の魅力の発信などを狙いにした西東京市の「めぐみちゃんメニュー」事業の一環で、今年は、小学3~6年生と中学生から3088件ものアイデアが寄せられた。

それらのうち、実際に商品化されるのは95メニュー。トマト、ナス、ピーマンなどの夏野菜やブドウ、ナシなどの果物を使用したメニューで、ピザやパスタ、カレー、ガパオライスなどが販売される。

商品化は参加店舗がそれぞれ個別に採用しているため、販売商品は店舗により異なる。そのうち、実に50品を販売するという「おべんとう 道」(南町)を訪ねた。

   ■    ■

「おべんとう 道」の鎌田みずえ店長

 

同店は、田無公民館の目の前。テイクアウト専門で、日替わり弁当(840円/860円)や唐揚げなどを販売している。日頃から、近所の農家の野菜を使用しているという。

「私自身が農家出身で、地域の農業の良さを知ってほしいという思いがあります。地産地消の魅力は、まずは新鮮さ。さらに、『今年は味が濃い』などの情報を直接農家さんから聞けるので、料理のヒントがもらえます」

と話すのは、同店店長の鎌田みずえさん。

小中学生のアイデアについてはできるだけ実現したいという考えで、この夏は、日替わり弁当に加え、週替わりの副菜でも採用する。商品化するメニューが多く、「この品」と紹介するのが難しいほどだが、特に印象的なメニューに「夏野菜の冷やしうどん」があるという。うどんをパスタのようにトマトやガーリックオイルと和える一品だ。

同店は昨年の企画にも参加しており、約30品を商品化した。アイデアを出した本人や家族、友達、さらに教職員らの来店が相次ぎ、みんなうれしそうな顔を見せていったという。

「とてもあったかい企画だと思います。家族や地域でのコミュニケーションも生まれるし、食育にもなる。ぜひ地元の皆さんには、子どもたちが工夫して考えたメニューを見にきてほしいです」

と鎌田さん。

企画初日の7/15に販売された弁当。
左は洋食弁当(ハンバーグ)、上と右はサラダ弁当(ガパオライス)、下は夏野菜の冷製うどん

夏野菜の冷製うどんのアイデア図。これをヒントに商品化した

 

なお、昨年は同店で採用したメニューが栄養士を介して学校給食でも提供されたという。

同店は月~土曜の午前11時30分から午後8時(土曜は7時)まで営業。日祝定休、8月13日㈯~16日㈫休業。詳細は同店(☎042・430・6122、南町5の3の6)へ。

     ◇

その他の参加店舗などは市ホームページ(「たっぷり畑の恵」で検索可、http://farm-nishitokyo-city.jp/syotyu-menu2022)参照を。

編集部おすすめ

1

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

2

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

3

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

4

コロナ禍の下で迎える3回目の師走となりました。 12月は二十四節気の大雪(7日)、冬至(22日)と続いて、冬のまっさかり。冬至の前後は1年中で夜の最も長い、「陰」の深い時期です。 でも、この時期をすぎ ...

5

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

6

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

7

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.