市民が発行「武蔵野鉄道が通る!」 駅・鉄道から地域が見える

2022年8月3日

西武池袋線の歴史から地域が見えてくる――このほど、普段は保谷駅を利用するという萩原恵子さんと松田宗男さんが、鉄道や駅の歴史を調べて冊子「武蔵野鉄道が通る! ―保谷周辺を中心に―」を作成した。冊子は、西東京市図書館などに寄贈している。

二人は、郷土史を研究する「下保谷の自然と文化を記録する会」に所属しており、以前から、鉄道敷設について関心を持っていたという。

ところが、地域の大動脈であるにもかかわらず、その歴史をまとめた文献・資料がなかったため、「たとえ不完全でも、分かったことを記録にして残せれば」と自分たちで取り組むことにした。

冊子は、計画が実現しなかった‶幻の鉄道″の存在や近隣の鉄道敷設といった「前史」から、西武池袋線の前身となる武蔵野鉄道発足の様子、さらに、所沢駅から池袋駅までの主要駅の歴史をまとめている。

駅ごとの歴史では、地域の人々の誘致・反対運動が各所で行われていたことが分かり興味深い。

 

東久留米駅は…

例えば、東久留米駅は、当初、2案あった武蔵野鉄道の計画では存在していなかったという。それに対して熱心な誘致活動をしたのが神藤庄太郎で、その座像が同駅北口近くに建立されている。当初は必要性の少なかった同駅だが、後に、軍需工場の中島航空金属への引き込み線が敷かれ、さらに、ひばりが丘団地造成に役立っていく。鉄道から地域が開かれていくのが目に見える好例だ。

「西武線は私の人生のほとんどでそばにあった。小さな情報でも失ってはいけないものがある」と松田さん。また、萩原さんは「地主、株主、農家の方など、鉄道敷設をめぐってそれぞれの思惑が見えてきて面白い。市民が地域を知るきっかけになれば」と話す。

貴重な写真も多く、眺めるだけでも楽しい一冊。A4判、45ページ。

編集部おすすめ

1

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

2

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

3

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

4

コロナ禍の下で迎える3回目の師走となりました。 12月は二十四節気の大雪(7日)、冬至(22日)と続いて、冬のまっさかり。冬至の前後は1年中で夜の最も長い、「陰」の深い時期です。 でも、この時期をすぎ ...

5

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

6

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

7

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.