[この町この人]昆虫はなくてはならない! 昆虫研究家・北原俊幸さん

2022年8月3日

東久留米の「昆虫展」に標本を提供する昆虫研究家

4万点を超える昆虫標本を作製してきた昆虫研究家。多摩地域の昆虫を多く採集し、その標本のほとんどを東久留米市に寄贈している。

先週から同市郷土資料室(わくわく健康プラザ内)で開催されている「夏の昆虫展」では、数多くの標本の中から抜粋された、この地域でよく見られる昆虫約1200種が展示されている。

昆虫標本を手にする北原俊幸さん

  

小5で清瀬市に移るまで暮らしたのは、渋谷・原宿。1950年代の当地は野原の多い場所で、身近なところでさまざまな昆虫と出会えた。

採集のきっかけは、父親。父子共に体が弱く、「外出の機会に」と一緒に出掛けたことから世界が広がった。

「そこにいる昆虫は何でも捕る」

というのがスタイル。チョウやトンボ、カブトムシなど採集の好みをはっきり持つ愛好家が多いなか、ガでも蜂でも何でも捕り、時には嫌われものの害虫もコレクションに加える。

だが――。昆虫を追った夢のような時間は、25歳まで。学校教諭になり、部活動の顧問も務めると、途端に自由な時間がなくなった。

それからおよそ半世紀。この間に環境は激減し、東京近郊では、身近で昆虫に出会うことが少なくなった。昆虫に触れない、という子も珍しくない。

「昆虫は子どもにとってなくてはならないものなのに――」

学校長まで務めた元教諭として、子どもたちが置かれる状況への危機感は強い。

「子どもは小さな動くものに興味を引かれるものです。それを追いかけていくうちに、新しい何かにどんどん出会っていく。その最初の入り口にいるのが昆虫なのです」

人が生き物と出会うという意味でも昆虫の存在は大きい。だからこそあえてこの昆虫展では、ガなどの「きれいとは言えない」昆虫も紹介している。多摩に生きる、身近な生き物の一員として。

きたはら・としゆき 1950年、東京都生まれ。清瀬市、東久留米市に暮らし、現在は長野県在住。著書に『多摩の昆虫』(東久留米市教育委員会文化課)。現在、東久留米市文化財保護審議会委員を務める。

     ◇

「夏の昆虫展」は31日㈬まで。日祝休館。展示は午前9時から午後4時30分まで。8日㈪から10日㈬の3日間は北原さんの解説あり。午前10時からと午後3時からの2回(各回先着15人、当日受け付け)。

問い合わせは郷土資料室(☎042・472・0051)へ。

編集部おすすめ

1

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

2

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

3

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

4

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

5

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

6

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

7

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

8

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.