祖国の調べを日本中に アルゼンチン人ギタリスト レオナルド・ブラーボさん

東村山市を拠点に世界で活動するアルゼンチン人・ギタリスト、レオナルド・ブラーボさん。

祖国のフォルクローレやタンゴ、さらにクラシックまでレパートリーは幅広く、これまでに多数のCDやギター教則本を世に出しています。

コンサートもさまざまなスタイルで行っており、16日(火)には、小平市中央公民館でバイオリンとのデュオでタンゴを披露します。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

15歳で始め、一気にのめり込んだ

レオナルドさんが生まれ故郷のロサリオでギターを始めたのは、「とても遅い」という15歳。動機は「合唱部に好きな女の子がいたから」という思春期にありがちなものでしたが、父の勧めで聴いた一流奏者のエドゥアルド・ファルーのフォルクローレに感動してからは、一気にのめり込みました。

国立ロサリオ大学芸術学部音楽学科で学び、そのまま、今度は指導者に。24歳から36歳までの10年以上をギター講師として過ごしました。

 

経済困難の中で、音楽の価値を再発見した

レオナルドさんに日本とのつながりが生まれたのは、2001年。

CDのプロモーションなどでカナダを訪ねた際、語学留学していた、後に妻となる淳子さんに出会いました。

その後二人は、アルゼンチンで生活。同年末のデフォルト(債務不履行)に直面し、紙幣価値が急落する困難も体験しました。

ただ、経済困難の中で見た状況は、音楽家としての礎を築くものにもなったといいます。

「食べ物のことしか考えなくなるのかと思ったら、まったく逆で、コンサートに多くの人が足を運ぶようになったのです。音楽に癒やしや救い、あるいは心の活力を求める姿がありました。

 

プランのないまま日本へ

レオナルドさんの来日は2003年のこと。音楽でどう生計を立てられるのか何のプランもありませんでしたが、運良く九州でコンサートを開くことができ、ギター専門誌にも注目されるようになりました。

以来、日本をベースに、世界各国で演奏活動を続けています。

 

トトロの森のそばに拠点

来日当初は妻の故郷である福岡県に暮らしましたが、「音楽活動をするなら東京に」との誘いを受け、8年前に転居しました。

そのときにこだわったのは「緑の豊かなところ」。

今は「トトロの森」として親しまれる八国山の近くに暮らし、時間を見つけては森の中でのジョギングを楽しんでいます。

振り返れば、故国での安定した職を捨てて飛び出した「不安の毎日」でもあったというレオナルドさん。しかし、あの経済困難の中で見た光景のように、「安定」や金銭以上に価値があるものを知っています。

「こうして演奏活動を続けられるのはありがたいこと。このチャンスを生かさないのはもったいない。常に自分の最善のものを出していきたいです」

◆レオナルド・ブラーボ  1967年アルゼンチン出身、ギタリスト・作曲家。東村山市に妻と小学生の長男と暮らす。受賞歴にジョン・エドワード特別芸術賞(アメリカ・マーシャル大学)ほか。アルバム作品に「タンゴ名曲集」「ブエノスアイレスの四季」、教則本に「タンゴ名曲集」など多数。

 

コンサート「ブエノスアイレスの午後」

レオナルド・ブラーボさんが出演する16日のコンサートは、午後3時から。「ブエノスアイレスの午後」と題し、バイオリニストの近藤久美子さんとタンゴをメインに演奏します。2000円。詳しくはファーメイ(042・308・0903、https://farmei2016.jimdo.com/)へ。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.