約3年のみ存在した、西武新宿線の幻の駅名!?

記者の石川です。本日は、取材で「上保谷駅」まで足を運んできました(=写真)。

……え? そんな駅名は聞いたことない? 

それもそのはず。なぜなら、「上保谷駅」は、1927年(昭和2年)から29年のわずか3年間のみ存在した駅名なのです。

 

駅名が変わったワケにあの神社が…

では、一体、どうして1929年に駅名が変わったのでしょうか。それには、とある神社の建立が深く関わっていました。

「とある神社」というのは、京都の伏見稲荷大社のこと。関東地方に住む稲荷の信仰者が「東京にも伏見稲荷大神の分霊を奉迎したい」と熱望したことから創建されたのが、東伏見神社だったのです。

かつての「上保谷駅」が、現在ではどこの駅なのか、もうお分かりですよね。

そう、「東伏見駅」です。

ちなみに、東伏見という地名は、神社が建てられてから付いたもの。

それに合わせて、西武新宿線の駅名も「上保谷駅」から「東伏見駅」に変更となりました。京都の伏見に対して「東」ということですね。

現在の東伏見駅前には、ダイドードリンコアイスアリーナ(東伏見アイスアリーナ)がありますが、時代が時代なら、「東伏見駅」ではなく「アイスアリーナ前駅」になっていたかも……?

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.