外国人が写した1990年代の田無の街並み

2018年2月7日

撮影者の正体とは !?

Lyleさんは、アメリカのカリフォルニア州出身。日本の文化や工業製品をきっかけに、日本そのものに興味を持つようになったといいます。

「どうして日本が好きなのかを説明するのは難しい。好きな色を、なぜ好きなのか言葉にするのと同じくらい難しいです」

日本への関心が膨らんでいったのは、サンフランシスコに住んでいた頃のこと。海に面した公園で、西の方角をぼんやりと眺めては「この海の向こう側に、日本があるんだ……」と感じたのだそう。

海の向こうに思いを馳せる日々。ライルさんの中で、次第に「日本を実際に見てみたい」「日本のことをもっと知りたい」と思う気持ちが強くなっていきました。

「『よし、行こう!』と決めたものの、友人や家族に、日本に対する気持ちを説明するのは難しかった。なので、誰にも言わずに飛行機に乗って日本へ。家族には、品川から『日本に行きました』と絵葉書を出しました」

 

1990年から「日本」を撮影

こうして、ライルさんは1984年から東京に住み始めます。1990年からは、アナログビデオカメラを常備。日々の生活や、日本を散策する様子を記録するようになりました。

「写真を撮るのは、昔から大好きでした。ビデオを撮り始めたのは、それまで目の前にあった建物などが、どんどんなくなっていくのを目の当たりにして、『無くなる前に記録をしておかなくちゃ』と思ったからなんです」

 

「田無タワー」を見てみたい

ライルさんが田無を訪れたのには、2つの理由がありました。一つは、「田無タワー」を見ること。もう一つは、かつて建てられていたライオグランデ大学日本校の校舎を一目見るため。いずれも、日本のテレビ番組で見掛けて気になっていたのだそうです。その様子を撮影したビデオはこちら。当時の田無の印象について、「開発が進む前の田無駅前は活気があふれていて、ユニークに感じました」と振り返るライルさん。

「無くなる前に記録をしておかなくちゃ」というライルさんの言葉通り、2018年となった現在、ライルさんが残したビデオテープに映る街並みは、面影を残しながらも姿を変え続けています。田無という地域に限らず、当時の東京近郊の街並みを知る人にとって、ライルさんの撮った動画の風景は、とても懐かしいものなのではないでしょうか。

(※次ページでは、「ひばりが丘」の動画も紹介します!)

次のページへ >

編集部おすすめ

1

『よく分かる気学(東洋占星術)入門』など著書多数の野村徳子さんが鑑定 暑中お見舞い 申しあげます。 7月はバカンスの季節とはいえ、今年はいつもと違う夏。どこへ行くにもまずコロナ対策。そして熱中症にも要 ...

2

感染者数が高止まりしているとはいえ、ひとまずは「外出自粛」「ステイホーム」などが解かれ、「新しい生活様式」のなかで日常生活が戻りつつある今。 このタイミングで改めて、地域医療を見つめてみました。 する ...

3

東久留米市に2店舗がある「スーパーコインランドリーしのみや」は、洗濯から乾燥までワンストップでできる、生活に便利なコインランドリーです。 大型、中型、小型と各機種があるので、量に合わせて無駄なく洗濯が ...

4

9月から使える「お食事券」を先に買ってください――。 新型コロナウイルスの影響で売上減少に苦しむ東久留米市の約30の飲食店が、このたび合同で、支援を呼びかけるクラウドファンディングに挑戦しています。 ...

5

武蔵野美術大学(小平市)内にある「武蔵野美術大学 美術館」で、7月中の日曜日の5日、12日、19日、26日の4日にわたり、「令和元年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開かれます。 大学 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.