草の根で草木を守ろう! 身近な自然をテーマに自費出版した 大森 拓郎さん

西東京市新町児童館で月1回、ボランティアで「自然観察みどりの教室」を開いてきた大森拓郎さん。

15年にわたるその指導は、延べ170回を数えます。

大森さんがテーマにしてきたのは「身近な動植物」。

折々の記録をもっと広く伝えたいと、このたび『季節の移ろいと気づき』という一冊にまとめました。B5判・400ページに、生き物700種、解説文50万字、写真1300枚超を収めた大作です。

 

自然を学んだのはリタイア後

大森さんは、三重県の農家に生まれ、さまざまな動植物が身近にある環境で育ちました。若い頃から、登山やアウトドアも好きだったといいます。

とはいえ、「虫も花も、名前一つ知らない」という自然への向き合い方。大森さんが退職後に孫と出掛けた小金井公園では、孫たちのほうが虫の名前を知っていることに驚かされたそうです。

実は、驚かされたことは別にもありました。孫たちの自然との触れ合いの乏しさです。

虫や草花の名前は知っているのに、それに体験が釣り合っていないように見えたのです。

 

保育園にビオトープを作ったのが始まり

「子どもたちと一緒に、私もゼロから勉強していきます。自然教室をやらせてください」

――大森さんがそんなふうに近くの保育園に掛け合ったのが約15年前。

以来、保育園にビオトープを作り、自然観察教室を開講し、自身の学びを深めながら、並行して、児童館での指導も行ってきました。

その間、一貫してこだわってきたのは、「身近な自然」です。

自宅のある新町を定点観測し、足を延ばしても、小金井公園、旧東大農場程度にとどめました。

 

15年続けたから見えたものがある

15年続けてきたからこそ、見えるものがあるという大森さん。

特に実感しているのは、身近な動植物の明らかな減少です。10年前はごそっと捕れたエンマコオロギが、この数年は容易に集められないといいます。

「空き地、畑、雑木林、屋敷林などが宅地や駐車場になるたび、それまであった生態系が壊されてしまっています。小さな虫たちは移動できませんから。虫が減れば鳥も減ってしまうんです」

 

「衝動買い」が地域との出会い

大森さんとこの地域との関わりはまったくの偶然です。

40年ほど前のある土曜日のこと。井の頭恩賜公園に遊びに来た際に、駅前の宣伝に誘われ、何となく住宅案内の車に乗りました。薄暗い夕方、地域の環境も分からないまま、建築中の物件を仮予約したのが今の住まいです。「人生最大の衝動買い」が、後にどっぷり浸る、地域の自然との縁となりました。

「自然を守っていくには、市民一人ひとりが意識を高めていくことが大切。行政頼みではなく、敷地のブロック塀を垣根にするなど、各人でできることはたくさんあるはずです。今回の本が、そんな気づきのきっかけになれば。ちなみに我が家は、雑草が茂る『自然放置型庭園』です(笑)」

と、大森さん。

情熱を込め、4年をかけて仕上げた大森さんの著書は、4月1日に発行されます。

 

◆おおもり・たくお

1940年、三重県出身。金融機関などに勤め、退職後、2004年から旧東大農場の存続運動に参加。西東京市在住。現在は、地域活動として、自治会会長、西東京市美術協会事務局長などを務めています。児童館ほか、保育園、小学校などでも自然観察指導を行っています。日本自然保護協会自然観察指導員。冊子の著書に『都市における生物多様性~私たち一人ひとりがどう取り組むか~』『フライブルク見聞記』があります。

 * * *

冊子『季節の移ろいと気づき―子どもたちに身近な自然をどう伝えるか』は、500部発行。2700円。購入方法など詳しくは大森さん(ohmori-takuo@gb3.so-net.ne.jp)へ。

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.