(寄稿)大盛況!「だがしの日」

寄 稿

 

(編集部注)3月12日に「だがしの日」として地域イベントを行った「だがしやかなん」から、原稿が寄せられました。

 * * *

文・山永和子(「だがしやかなん」)

3月7日号「タウン通信」の1面でご紹介いただいた、駄菓子店「だがしやかなん」です。

おかげさまで3月12日の「だがしの日」の関連イベントは、すべて無事に、盛況に終わりました。12日の「製菓リレー」では、「くるくるぼーゼリー」をトーチに見立て、西東京市や東久留米市を走りました。途上、市役所や駅などを訪ね、地域の皆さまにも盛り上げていただきました。

また、10日のプレイベントでは、当店では東久留米総合高校の生徒・卒業生たちにもボランティア参加してもらい、家庭的な雰囲気で「だがし釣り」などを楽しみました。

共催した西東京市の「ヤギサワベース」さんでは、ジャズシンガーでもある女将がオリジナルの「だがしの歌」を2曲も披露したそうで、楽しい会となったようです。両店で、合わせて300人超もの人たちにお越しいただきました。

 * * *

初めての開催でここまでうまくいった陰には、実は、一人の男性の力があります。そのことを少し、紹介させてください。その方は、岡山県で駄菓子直販などを行う「(株)大町」の社長・秋山秀行さんです。

「大町」は倉庫を売り場にした「日本一広い駄菓子店」として知られています。秋山社長は、「DAGASHIで世界を笑顔にする会」創設の発起人でもあり、自ら会長も務めています。「だがしの日」の創設にも奔走され、今回は、復興支援の思いも込めて、宮城県石巻市に出掛けて、イベントを開催されていました。

私たちのイベントも全面的にご支援くださり、たくさんの駄菓子も送ってくださいました。

この秋山社長を筆頭に、協賛する製菓メーカー、各地の駄菓子店の力があり、「だがしの日」のイベントが成功しました。私たちは早くも、来年に向けて計画を練り始めています。

 * * *

今回のイベントで、改めて、人々を笑顔にする駄菓子の力を実感しました。駄菓子店は地域密着で、いつでもそこにあります。ぜひふらりと遊びにきてください。

(山永和子 東久留米市幸町1の5の23 ※だがしやかなんの営業は、月・水・金・日の午後=臨時休業あり)

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.