お産の一瞬を狙うハンター 写真家 宮崎 雅子さん

宮崎雅子さんは、「出産」をテーマに写真を撮り続けて約30年というフォトグラファーです。

今日のようにマタニティフォト、ベビーフォトが定着する前から撮り続けてきたこのテーマでの先駆者で、「記念」ではなく「作品」として写真に向き合い、これまで300人以上の出産を撮影してきました。

5月10日から13日まで、練馬区で写真展「Mother」を開きます。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

「女性であることを生かせるテーマ」を探した

宮崎さんが写真に目覚めたのは20代になってからです。「女性であることを生かせるテーマ」を探し、助産師の存在に行き着きました。

一人の助産師を追いかけ、幾つもの出産を撮影。いつしか、出産自体の面白さに惹かれていきました。

「本能の、素のままの女性が見られる現場。さらにそこには夫や父母などいろいろな登場人物がいて、それぞれの心情が刻々と変わっていく。毎回毎回が違い、予測がつかない面白さがありました」

 

我が子を背負って出産現場に出掛けることも

フィルム撮影の時代だったこともあり、ほどなく、「プロに撮ってもらいたい」と、注文が舞い込むことに。地方へ出掛けることも多くなり、時には、我が子を背負って出産現場に向かっていきました。

出産は「待って!」のきかない現場。嵐の日、雪の日に出掛けることも数度。「お産が生活の一部」という日々を送りました。

 

「撮れたものがすごい」だけ

そうして300人超の出産を見届け、一時期はNICU(新生児集中治療室)の子どもたちの撮影などもしてきましたが、「命は尊い」などと主張するつもりは毛頭ないそうです。

感じているのは、「結果論として、撮れたものがすごい」ということだといいます。

「出産の感動で抱き合った夫婦が、その後で離婚していたりする。

人生の場面はそのとき、そのときですね。

出産は野性が出る場面。その二度とない一瞬を撮るために、こちらも野性むき出しで、ハンターの気持ちでファインダーを覗いています」

◆みやざき・まさこ 長崎県出身、写真家。現代写真研究所で写真を学び、助手を経てフリーに。著書に『Mother いのちが生まれる』(医学書院)、『NICUのちいさないのち 新生児集中治療室からのフォトメッセージ』(メディカ出版)など。新聞、雑誌などでの連載、寄稿多数。小平市在住。ホームページはhttp://masakomiyazaki.web.fc2.com/Top.html
    

写真展開催 

写真展「Mother いのちが生まれる」は、5月10日(木)から13日(日)まで、ホワイエえこだ(練馬区旭丘1の33の10、江古田駅徒歩約9分)で開催。午前10時30分(10日は正午)から午後5時(13日は4時30分)まで。無料。13日は、ミニコンサート「いのちのうた」を午後2時から開催。小平市在住のソプラノ歌手・星美智子さんらが出演。母にちなんだ曲を披露。コンサートは2000円。12日には宮崎さんのトークショーも。詳しくは同ギャラリー03・3953・0413)へ。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.