“超低山の深さ”をガイド イラストレーター 中村 みつをさん

自然や旅をテーマに、絵やエッセーなどを手掛けるイラストレーターの中村みつをさん。

先頃、高低差50メートル以下の東京の山を紹介する『東京まちなか超低山』を出版し、各メディアで取り上げられる話題の書となっています。

 

小平から見た「山」に惹かれて

この新刊では、わずか2、3分で登れる「超低山」を特集しています。子どもでもシニアでも楽しめる山――という視点ですが、実は中村さん自身はバリバリの登山家です。高校生のときに、国内でも有数の難所・谷川岳一ノ倉沢衝立岩を登攀(とうはん)。これまでに、ヒマラヤやヨーロッパアルプス、パタゴニアなど、世界各所を歩いてきています。

登山を始めたきっかけは、中学生のときに、生まれ育った小平市から西を見てふと抱いた「あの山は何だろう? 奥多摩とかいうんだよね?」の問いです。

「行ってみようか」

と友人と誘い合ったのが始まり。間もなく山に魅せられました。

以来、「より高く」「より険しく」――そんな登山を続けてきましたが、20年ほど前、小さな転機がありました。出版社を訪ねた帰りに、ふと思い立って愛宕山に寄り道したことです。

それが、「超低山」との出会いとなりました。

 

「愛宕山」登山を機に「超低山」の世界へ

「出世の石段」で有名な愛宕山は、天然の山としては23区内で最も高い独立峰(標高25・7メートル)です。登ってみると、高山と変わらない高揚感、征服感がありました。

「なんで東京都心に山があるのだろう?」

続いて、そんな疑問が頭に浮かぶと、イラストレーターの脳裏には、建造物を取り払った300年前の地形が広がり出しました。起伏に富んだ、江戸市中と郊外。その中でも、生まれ育った(小平市)花小金井を源流にする石神井川が、北区王子の飛鳥山まで注いでいると気づいたとき、「つながっているな」という感覚が生まれました。

 

江戸時代の人々と同じ土を踏める特別な場所

「超低山は、かつての光景を想像しながら登ると本当に楽しいです。周囲は町だったのか、原野だったのか。富士山も見えたはずです。その山道はかつて江戸町人や町娘たちが登った場所。超低山は、江戸時代に遊びに行ける特別な場所なんですよ」

なるほど。言われてみれば、江戸時代の人々と同じ石段や土の道を歩けるのは「山」ぐらいかもしれません。ちなみに、超低山の近くにはそばやうなぎなどの老舗も多いとのこと。食でも、当時とつながれる楽しさがあるそうです。

「東京の超低山には、高さ以上の深さがあるんです。その魅力を多くの人に味わってほしいですね。遭難のリスクも小さいですし(笑)」

◆なかむら・みつを  1953年小平市出身、イラストレーター、画家。読売新聞連載の「一歩二歩山歩」の挿絵を20年続けている。著書に『のんびり山に陽はのぼる』(山と渓谷社)、『山旅の絵本』(JTBパブリッシング)など多数。日本山岳会会員。

     

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.