「子育てが楽しいと思ってもらえる街にしたい」 ママたちの“第2の実家”を目指す「ウイズアイ」 スタッフインタビュー

清瀬市で活動している子育て支援団体「ウイズアイ」。

未就園児の親を対象にしたグループワーク開催による仲間づくりの支援や、24時間体制の緊急一時保育など、子育て中のママたちにとっての“第2の実家”のような存在になることを目指して、さまざまな活動を行なっています。

今回は、同団体を立ち上げた増田恵美さんと、かつてはママとしてウイズアイのグループワークに参加し、現在はウイズアイのスタッフとして働く黒田さんのインタビューを掲載します。

(以下、一部敬称略)

ウイズアイの増田さん(=写真右)と黒田さん

第1回の記事はこちら

第2回の記事はこちら

“ママ”が“未来のスタッフ”、受け継がれていく思い

——現在、スタッフとして働く人の中には、かつてママとしてウイズアイを利用していた人もいるそうですね。

増田:はい。今日来ている黒田さんも、その一人なんですよ。(奥の部屋に向かって)黒田さ〜ん、今平気かしら?

黒田:はい、大丈夫です!

増田:昔はママとして、ここに来ていたのよね。

黒田:そうなんです。10年前、産後2ヶ月目の新生児訪問(※里帰り出産だったため、ひと月遅れ)に来てくれた方に「大人の人と話したいです……」と相談したところ、ウイズアイの「新米ママと赤ちゃんの会」を紹介してもらい、参加しました。ドアを開けたら「よく来たね〜。頑張ったね!」と歓迎してもらえて。

増田:赤ちゃんと外出するのって、大変じゃないですか。

 

——赤ちゃんの様子に気を配りながら、オムツや着替えなど、かさばる荷物をたくさん用意して移動しないといけないですもんね……。

黒田:私、結婚してこの町に住むようになったんです。でも、知り合いもいないし、特に子どもを産んでからは大人と話す機会がめっきり減ってしまって。社会から取り残されているような感じさえしていました。それが、「新米ママと赤ちゃんの会」に参加することで変わったんです。

 

体験者だからできること、気付くこと

——ウイズアイのスタッフの方も、他のママたちもいますもんね。黒田さんがスタッフとして関わり始めたのは、いつ頃のことなのでしょうか。

黒田:子どもが幼稚園に入ってからです。

自分が過去に困っていたので他のママを助けたいという気持ちもありましたし、子どもが幼稚園に行っている間の時間を有効活用したくって。

現在は、グループワークでの進行役(ファシリテーター)や、子育て講座の講師を務めています。

増田:黒田さんは地元の人ということもありますし、何より、ママ視点でのウイズアイを知っています。

だからこそ、ここに来るママさんたちの気持ちがよりわかるし、伝えたいと思うこともあるんですよね。

 

イクメンが増えた

——説得力が伴った接し方ができるのでしょうね。ウイズアイは清瀬市だけではなく、東久留米市や新座市、東村山市など他市の方も利用しているということですが、多くのママたちを見守ってきて感じる、この20年近くの変化というのはありますか?

増田:いわゆる“イクメン”のパパが増えたと思いますよ。同時に、休日もママをゆっくりさせるために頑張っていて、大変だろうなという気持ちもあります。

核家族が多い地域では、私たちのような団体の存在もそうですし、パパのサポートが欠かせません。民間団体として活動するにあたって、さまざまな葛藤と向き合わなければならないこともあるのですが、子育て中の家庭にとって、どのような環境が望ましいのか、ウイズアイも考え続けていかねばならないと思っています。

ウイズアイホームページ

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.