笑いの神に導かれた 落語家 林家久蔵さん

林家久蔵さんは、最高位の「真打」になり10年以上の落語家です。

13日(金)には、西東京市保谷こもれびホールで「地元出身真打登場!」と題した落語会に出演します。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

小3の”初ギャラ”に胸をときめかす

落語との出会いは小学3年生の頃。子ども向けの落語の本に熱中し、筋を覚えるまで読み込みました。

そんな頃の、遠足の帰り道。みんな疲れて静かな電車内で、落語を語ってみせました。

「よく覚えたねぇ。これ、どうぞ」

乗り合わせた高齢夫婦からもらった菓子が“初ギャラ”となりました。

「喜んでくれる人がいるんだぁ」

漠然と芸人への憧れが芽生えた瞬間でした。

 

吉本のオーディションでプロを決意

進学は早稲田の付属高校から大学へ。有名大学だけに将来の選択で揺れました。

水物の芸人の世界か、手堅い企業での終身雇用か。

「力を試そう」と受けた吉本新喜劇のオーディションで道が定まりました。

「受かったらプロ、落ちたら宴会部長。そう思って受けたら、笑いの神が降りてきたんです」

 

勢い余って鼻汁がズルッ

披露したのは映画ロッキーの物まね。パンチのたびに鼻息でフンッ! フンッ! と音響を付けていたら、勢い余って鼻汁がズルッと……。

慌てて吸い込むと、まるで漫画のように鼻汁が弧を描いて鼻腔に収まりました。

「きみ、おもろいねぇ」

120人中でたった1人の合格。自信を得ると、芸人になるなら関東でと、林家木久扇(当時は木久蔵)の門を叩きました。

 

「見ている人は見てくれている」

下積み時代に感じたのは、「見ている人は見てくれている」ということ。裏表なく誠実に頑張っていると、後になって師匠や先輩から褒められました。

「落語の世界では『芸は人なり』といいます。ぜひ寄席で、落語家の顔つきや仕草、雰囲気を見て、感じてほしいですね」

自身も人間磨きに余念がありません。

日常生活のなかでは、ちょっとゴミ拾いをしたり、分け隔てなく人に話しかけたり。そんなところを見込まれ、現在は娘が通う小学校でPTA会長も務めています。

はやしや・きゅうぞう 1969年西東京市出身。保谷第一小学校、青嵐中学校卒業。同市の公民館講座や消防署の講演会で講師を務めたこともあります。現在は都心在住。結婚式やイベントの司会なども請け負っています。

 
保谷で落語会

「林家久蔵 落語会」は、13日午後7時開演。入場料1600円。NPOプラス・ド・西東京が、11周年記念として主催。詳しくは同NPO(042・439・6535)へ。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.