心の手と手を歌でつなぐ「手遊び歌」を作り広める歌手 二本松 はじめさん

東久留米市教育委員会に20年間勤めた後、歌手に転身した二本松はじめさん。

「つながりあそび・うた」と題したオリジナルの手遊び歌の数々は、全国の幼稚園・保育園などで歌われています。

9月2日(日)には、70歳を記念したコンサートを同市で開催します。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

金の卵との交流でレクの重要性を実感

高校時代に姉の影響でアメリカのフォークソングに触れました。ほどなくしてギターを購入。同じ頃、町のフォークダンスサークルにも入会しました。

そこで出会ったのは、集団就職で地方から上京してきた “金の卵”たち。

「同世代の若者たちが、地域でのつながりを求めて入会していました。彼らとの交流を通し、学校教育以外の学び・集いの場である社会教育やレクリエーションの重要性を感じました」

 

「ピカリン」誕生

二本松さんは、大学で社会教育を学び、同市教育委員会に入職。主に青年を対象にした企画に携わり、フォークソング教室を開いたりもしました。

大規模団地が次々に建つなかで「一緒に歌を楽しむ機会」が好評を博したといいます。

職場以外でも精力的に活動しました。同じ志を持つ友人と、「全日本レクリエーション・リーダー会議」を設立。保育士や幼稚園の教員に、歌や踊り、ゲームなどの研修を行いました。

その主催イベントには歌手として参加。いつしか会場の子どもたちから「ピカリン」と親しまれました。“光り輝く”頭にちなんだ愛称です。

 

市職員を辞め、歌手一本に

各所からの出演依頼が増えるなかで、1991年、「本職に影響があってはいけない」と自らの道を選択。「つながりあそび・うた研究所」を開設し、歌手活動と、全国の教育関係者に歌や踊りを教える活動とを並行して行うようになりました。

今回開く「古希コンサート」は若い頃からの仲間が企画したものです。つながりを大事にしてきた身に、何ものにも代えがたいプレゼントとなりました。

「つながりを持つことは自分が社会の一員と実感すること。一緒に歌い、踊ることで必ず誰かとつながれる。それが70歳の今も活動を続ける原動力です」

◆にほんまつ・はじめ 1947生まれ、練馬区出身。『二本松はじめのつながりあそび・うた』(小学館)ほか、著書・CD多数。最新アルバム「あの日から…大切なあなたへ」が発売中。東久留米市在住。

 

古希コンサート

「古希コンサート in 東久留米」は、9月2日(日)午後1時30分から、成美教育文化会館(東久留米市東本町8の14)で。入場料1500円(中学生以下無料)。「笑顔がいちばん」「平和がいちばん」をテーマにオリジナル曲を披露。「ヒロシマの空」などの詩に二本松さんが曲をつけた楽曲も。実行委員会主催。詳しくは二本松さん(042・479・1069)へ。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.