防災アドバイザー 小野修平さん

小野修平さんは、地元・西東京市を拠点にする若き防災アドバイザーです。熊本地震や西日本豪雨などでは支援活動を行い、その若い力を被災地で役立ててきました。

そうして培った知見は、各地での防災の啓発活動の場で生かしています。この9月・10月には同市の連続講座「災害ボランティア養成講習会」で講師を務めます。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

「常時」の思い込め、「ジョージ防災研究所」設立

就職の経験はありません。

大学を卒業した2016年、ジョージ防災研究所を設立。「ジョージ」の名には、「防災対策を『常時』心掛ける」という思いを込めました。

起業へのターニングポイントとなったのは、実践に基づいた学びを求めていた学生時代に大学で出会った「子ども対象のワークショップの企画募集」。採用されると予算が出ます。

「これだ!」

中学1年生のときから消防少年団に所属していた経験を生かし、友人と防災のワークショップを企画。見事採用され、小学校でワークショップを行いました。

そこで感じたのは人々の防災への関心の高さ。そして、防災には人をつなげる力があることでした。

「実はそれまで、建築、料理、福祉、教育といろんなことに興味があって進路に迷っていたのです。しかし、防災と出会ってスッキリしました。どれもが防災と結びついていることに気づいたからです」

 

就職先がないなら、いっそ

防災のスペシャリストを目指して就職先を探しましたが、適当なところが見つかりません。それならいっそ、と、思い切って起業しました。

現在は、各地の防災講座で講師を務めるほか、マンションや企業への防災面のコンサルティングも行っています。

「災害に強い街は地域での備えができている街。平常時からの取り組みが大切です」

地元を拠点にする責任感から、消防少年団の指導者も務めます。防災は息の長い活動。早くも次世代の育成を行っています。

◆おの・しゅうへい 1994年、神奈川県生まれ。西東京ボランティア・市民活動センター副運営委員長。教えて!もしもの避難所ネットワーク代表。西東京市在住。

西東京市社会福祉協議会 災害ボランティア養成講座

ジョージ防災研究所

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.