苦しむ心を歌で癒やす 声楽家 星 美智子さん

ソプラノ歌手の星美智子さんは、双極性障害を患いながらも、声楽家として音楽活動に勤しんでいます。

自身が代表を務める音楽団体「やすらぎコンサートSana(さ~な)」では、年に数度、病院や福祉施設で訪問コンサートを実施しています。この週末の29日には、出身地・熊本県の地震被災者支援を目的としたチャリティーコンサートを小平駅近くで開きます。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

母の影響で歌の道へ

星さんの実家には、いつも歌があったといいます。

音楽好きの母の影響で、ピアノを習い、小学生から合唱部に所属。高校まで熊本で歌に明け暮れ、東京藝術大学進学を機に上京しました。

大学院まで進みましたが、卒業後間もなく恩師の急死などがあり、音楽活動が頓挫します。出会いもあり、家庭に入りました。

しかし、家で教室を開くなどして音楽とかかわっていたものの、心の中には常に「表現に戻りたい」という思いがあったといいます。

そんな葛藤も影響したのか、ある日、大きなストレスをきっかけに不眠症になってしまいました。そして……。かつて躁鬱(そううつ)病ともいわれた双極性障害を発症していました。

 

苦しさを支えたのは、やはり音楽だった

一旦うつ状態になると、考えも動きもできないまま一日が過ぎていってしまいます。

一方で、ハイな状態になると、財布が空になるまで買い物に熱中したりしました。

自分で自分をコントロールできない日々——。

そんな苦しい時間の心の支えとなったのは、やはり音楽でした。

治療に効果を見いだせず、諦めかけていた頃のこと。一縷の望みを抱いて国立精神・神経医療研究センター病院(小平市小川東町)を訪ねたその院内で、ピアノを見かけました。ふと胸によぎる思いがありました。

「良くなったら、ここでロビーコンサートをしたいな」

それが、治療を続ける原動力となりました。

目標が実現したのは1年後のことです。

「調子が悪くなったらすぐに中断すること」という条件下で音楽家仲間と共にステージに立ち、歌う喜びを再発見しました。

以来、公立昭和病院や高齢者施設、救護施設などで訪問コンサートを続けています。

 

今苦しんでいる人に、ほんのひと時でも音楽で癒やされてほしい

「私自身、気持ちがつらいときも、音楽を聴いている間だけは病気を忘れることができました。いま苦しんでいる方々にも、ほんのひと時でも、音楽で癒されてほしいんです」

そんな思いと同時に、訪問コンサートには社会への呼びかけも込めています。

完治しないともいわれる双極性障害。その治療を続けながら歌う自身の姿が、精神疾患への偏見をぬぐう一助になればと願っています。

「本当に苦しいとき、孤独がつらく、人と交わることがありがたかった。特にこの地域は、精神科の病院も多い場所。みんなで支え合える環境があればと切望します。私の歌う姿が、メッセージになればうれしいです」

 

ほし・みちこ 熊本県出身、東京藝術大学大学院オペラ科修了。オペラ出演歴多数。6年前から地域の福祉施設などで訪問コンサートを行っています。

[リンク]

やすらぎコンサートSana(さ〜な) (Facebook)

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.