「おいしい」は国境を越えて  ルーマニア料理研究家・スクタリウともこさん

スクタリウともこさんは、ルーマニア料理の魅力を日本でも知ってほしいと活動する料理研究家です。

ルーマニアとの出会いは、勤務先のニュージーランドで語学留学に訪れていたルーマニア人の男性と国際結婚したこと。

その後、夫の祖国へ移住。文化や風習の違いに戸惑う日々の中で見つけた同国の魅力は、叔母が作る家庭料理だったといいます。

日本に帰国後は、西東京市でルーマニア料理の教室を開催。「料理を通じて、ルーマニアの魅力を伝えていきたい」と話します。

 

高校時代に語学留学

初めて海外に足を運んだのは高校時代。友人に誘われ、カナダのバンクーバーへ語学留学をしました。

カナダ有数の大都市でありながら、少し足を延ばせば雄大な山と海が姿を現すバンクーバー。景色、人、食――何もかもが初めての新鮮で刺激的な1カ月は、少女にとって忘れられない時間となりました。

大学卒業後に入社した車の製造メーカーでは、輸出部門に所属。英語のスキルが必須の部署とあって、週に3回ほど英会話の教室に通っていましたが、次第に伸び代の天井が見えてきたといいます。

「もっと英語が話せるようになりたい、と思っていたタイミングで目にしたのが、小学校での英語の義務教育化を報じるニュースです。これからの時代、英語がもっと仕事になるぞと再留学を決意しました」

 

日本が窮屈に感じられて…

7年勤めた会社を退職し、14年ぶりに渡ったバンクーバーで児童英語講師資格を取得。その後、ニュージーランドの語学学校からの誘いを受け、渡航しました。

「日本が窮屈に感じてしまって。大学を卒業して、数年仕事をして、結婚して家庭を持つことを当たり前の価値観として押し付けられることなく、のびのびと仕事がしたかったんです」

そのニュージーランドで現在の夫と出会い、2008年にルーマニアへと移住しました。建て前がなく、ストレートな物言いをする国民性に傷つきもしましたが、時間がたつに連れて、情の厚さゆえの表現なのだと気が付いたそうです。

 

料理が人々との距離を縮めてくれた

現地の人々との距離を縮めてくれたのは、早世した義母の代わりに寄り添ってくれた夫の叔母の料理。農業国の家庭料理とあって、ハーブと野菜を多用します。

素材の味を楽しむシンプルな味付けに惚れて、元コックの叔母から手ほどきを受けました。

10年には第一子を授かり、親に初孫を見せるため日本へ帰国。翌年から、ルーマニア料理の教室を開いています。

「おいしい料理を食べると幸せな気持ちになって、その場にいる人たちが仲良くなれる。そこに、言葉や考え方の違いによる壁もないんです。

料理を入り口に、私の好きなルーマニアの魅力を知ってもらいたいですね」

 ◆すくたりう・ともこ
1973年生まれ、埼玉県出身。一般社団法人日本ルーマニア親善協会理事。ルーマニア料理教室のほか、親子英語教室を開いています。詳細はオフィシャルサイト(http://happy-style.biz/)で。

     ◇

スクタリウさんが講師を務める料理教室が、以下日程で開かれる。▼10月20日=ハロウィン、▼11月17日=秋野菜、▼12月月15日=クリスマス。いずれも午後1時から4時まで、リップル西東京で。3回連続講座(残席あれば単発参加可)。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

スクタリウともこさん ホームページ

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.