「自分らしくピアノ演奏を」 人さし指一本で奏でる車いすのピアニスト 岩崎 花奈絵さん

岩崎花奈絵さんは、障がいを持ちながらも、演奏を披露するピアニストです。

早産で生まれ脳性まひによる障がいが残るも、6歳で始めたピアノを愛し、今年1月に初のソロアルバムを制作。海外での演奏も多く、ウィーン国際障害者ピアノフェスティバルでの特別聴衆賞など、幾つか受賞もあります。

30日(日)には、通っている「どろんこ作業所」の40周年記念イベントで、ベートーベン「喜びの歌」などを披露します。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

14歳で海外デビュー

ピアノは主に右手の人差し指1本で弾きます。

演奏会などでは母との連弾スタイル。一音一音が丁寧に弾かれ、しっとりした音色が胸を打ちます。

ピアノを始めたのは、先に習っていた4歳上の姉の影響。発表会の客席で「私も出たい」と母にねだったといいます。  

四肢体幹機能に障がいがあり、姿勢を保つのが難しいため、練習は1時間が限界。しかし、子どもの頃から演奏会に積極的に出演してきました。

14歳のときにはニューヨークで開催の「ピアノパラリンピック・デモンストレーションコンサート」に、16歳のときには「バンクーバー国際障害者ピアノフェスティバル」に出演し、このときは入賞も果たしました。

以降、台湾に招待されたり、障がいのある仲間とつくる演奏グループ「音のりぼん」でアメリカやメキシコに出かけたり。演奏会は現在、年間約30本をこなしています。

 

恩師が作ってくれた曲をソロアルバムに

今年1月には、ソロアルバム「一輪の花」(7曲収録)を制作しました。

タイトルには、3年間学んだ国立音楽院の指導者・池田公生さんが20歳の記念にと作ってくれた、いちばんのお気に入りの曲名を選んでいます。

ちなみに、このCD制作は、池田さんが理事長を務めるNPO法人「夢のはな奏であい」の呼びかけで実現しています。

 

「自分らしくやろう」

演奏しながらいつも思うのは、「『できないことがあるから頑張らなきゃ』ではなく、自分は自分らしくやろう」ということ。

「思うように動くことができない体でも、できることがあるのだと伝えたい」

と話します。

「演奏がどうこうではなく、私の姿を見て、病気や障がいのある人が少しでも元気になればうれしいですね」  

 

いわさき・かなえ   1993年生まれ、練馬区在住。約3年前から西東京市東伏見の「どろんこ作業所」に週4日ほど通っています。CDはほかに、仲間と共に制作した作品が2作あります。受賞歴にJASRAC音楽文化賞など。演奏はユーチューブでも公開(https://youtu.be/kkEpLRE2Kr0)。(※編集部注:岩崎さんの「崎」は、正しくは山偏に「立」「可」です)

◇ アルバム「一輪の花」は1080円。全国CD取扱店、ネットショップなどで購入できます。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

岩崎花奈絵さんFacebook

岩崎花奈絵さん演奏の動画 youtube「一輪の花」  (※上記本文中のリンクと同じ)

どろんこ作業所

NPO法人夢のはな奏であい

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.