元気な話を取材相手と共に ルポライター  山村 基毅さん

山村基毅さんは、人物インタビューを基軸にしたノンフィクションを得意とするルポライターです。

近年の著書に『認知症とともに生きる』(幻冬舎MC)、『ルポ 介護独身』(新潮社)などがあり、自身の誕生日でもある2月4日には、西東京市田無公民館で「介護」がテーマの講演を予定しています。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

 

1度も就職せず、学生時代からライターに

最近でこそ介護・認知症の著書が続いていますが、元来は守備範囲が広く、「何でも書く」というスタンス。これまでの著書のテーマも、木遣り歌、近代登山、民謡酒場――などと多彩です。

ルポライターになったのは、子どものころからの憧れがあったから。大学進学のため北海道から上京すると、新聞広告で見つけたライター募集に飛びつきました。

当初は求人関係の取材・執筆で腕を磨き、自信を得てからは、片っ端から出版社に企画書を送ったといいます。

それから約35年。

さまざまなテーマを扱いながら、一貫して心がけているのは「読者が元気になるような話をお届けする」ということです。

そのスタンスが決まったのは27歳のとき。借金をしながら3年かけて書き上げた処女作『戦争拒否―11人の日本人』(晶文社)の取材を通してでした。

「徴兵を逃れた方々にインタビューしたのですが、お会いした全員が、罪悪感や複雑な思いを抱えながらも明るく生きていらしたのです。その生き方や振る舞いに、強い影響を受けました」

 

希望のある書き方をしたい

以降、取材では、対象者の葛藤や苦しみを聞き出しながらも、「暴くのではなく、希望のある書き方」を徹底するようになりました。

「取材した人とは親密に付き合いたい」と、原稿は取材相手に見せ、信頼関係を大事にしながらルポをまとめています。

 

出版不況にどう抗うか

目下の悩みは、昨今の出版不況。特に2000年代に月刊誌が軒並み休刊になって以降、発表の場が極度に少なくなりました。

割に合わない仕事も多く、「活字文化がなくなるか、こっちが行き倒れるかの勝負」などと笑ってみせます。

——が、ルポを書くこと自体へのこだわりは消えません。

「自分の知らない分野と出会え、尽きない学びがある。35年以上やっていますが、こんなに面白い仕事はほかにないな、と今でも思いますね」

 

やまむら・もとき 1960年北海道苫小牧市生まれ。地元の活動では、西東京市図書館協議会委員も務めています。2015年度に多摩六都フェアで実施された「映像制作(ドキュメンタリー)ワークショップ」に参加。その制作映像はhttps://www.youtube.com/watch?v=eOvmK_MbbpUで見られます。

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.