世界の「術後食」を食べ歩く  田無病院院長 丸山道生さん

消化器外科学、臨床栄養学などを専門にする田無病院の丸山道生院長。特に、胃ろうや経腸栄養の第一人者として知られます。

さらにその一方で、「世界の術後食」を研究する、文化人類学者のような一面もお持ちです。

 

イギリスの術後食にショックを受けた 

「世界の術後食・病人食」に興味を持ったのは、イギリスの友人に請われて行なった現地での手術がきっかけだそうです。

そのとき、胃の手術をした患者が翌日からサンドイッチを食べているのを見て衝撃を受けました。

「これ、おかしくない?」

友人に質問してみましたが、返ってきたのは、「なんで?」の一言。それをきっかけに、

「そういえば、世界では手術後にどんなものを食べているのだろう?」

と一気に関心が広がりました。

以来、20年超。

訪ねた国・地域は30以上にのぼります。

80カ所以上の病院で、実際に「術後食」を食べてきました。そして見えてきたのは、「その地域の生命の象徴が術後食に選ばれている」ということです。

 

術後食には文化が反映されている

例えば日本。重湯に始まり、三分粥、五分粥……と「米」が食べられています。これが、東アジアの北部になると、粟が交じります。一方、南部になると大麦に。

いずれも穀物の文化です。

対してヨーロッパは、もちろん肉です。肉を煮たスープ(=ブロス、ブイヨン)をベースに、ラテンではそこにパスタが入ります。ゲルマンでは、最初こそブロスですが、すぐにマッシュポテトやポタージュに。

「術後食で選ばれているのは、その地域・民族にとっての『生命再生』のイメージにつながるものです。そこは栄養の問題ではないんですね」

と丸山院長。

面白いことに、どの地域でも、「術後食と離乳食はほぼ同じ」という傾向も見られるそうです。

 

研究結果は医療現場でも生かされている

丸山院長が20年以上かけて得たデータは、医療現場でも生かされ出しています。

「安全な手術も多くなり、『きちんと噛めるなら早期から普通食が良い』という説も出ています。今が過渡期です。今後の術後食を模索していくなかで、各国の実例を追ったぼくのデータが参考にされています」

2年前から院長を務める田無病院でも、「食」の改善に取り組んできました。

地域の旬のものを摂ろうという「地産地消」に取り組み、患者のリハビリも兼ねた江戸東京野菜の収穫も行なっています。

そんな田無病院のスローガンは、「老いても足で歩くまち、老いても口から食べるまち、西東京」。

胃ろうを熟知するスペシャリストだからこそ、いま、こう力を込めます。

「今の高齢者の医療で必要なものは、『運動・栄養・社会参加』の3つです。運動機能が落ちないように、早め早めで対処することが大切ですね」

まるやま・みちお 西東京市出身。日本胃癌学会学会賞(西メモリアルアワード)受賞。日本在宅医療学会・大会長など歴任。著書に『経腸栄養バイブル』ほか多数。

田無病院

編集部おすすめ

1

レストラン+食材販売 小平駅そば「ビストリア小平」 新型コロナウイルス感染症に伴う最初の緊急事態宣言が出てからちょうど2年。特に飲食業は厳しい状況に直面してきた。そんななか、新しいスタイルの店が小平で ...

2

武蔵野美術大学鷹の台キャンパス内にある「武蔵野美術大学美術館」で、4日から、「令和3年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が開催されている。 同大学・大学院の卒業・修了制作作品の中から特に ...

3

二十四節気の清明(5日)、穀雨(20日)とつづく4月は、日の入り時刻も6時台となって、いよいよ陽の気が濃厚になってきます。 17日には春の土用に入り、季節は春から初夏へと変わろうというころ。 世の中は ...

4

猫 耳 南 風 太宰治文学賞作家 志賀泉さんコラム ウクライナの兵士と握手したことがある。二〇一七年秋、チェルノブイリ・ツアーに参加した時のことだ。 彼は高線量地帯にある幼稚園の廃墟に立っていた。旅行 ...

5

各市で2022年度予算案の審議が始まっている。今年の取り組みを決める重要な議会になるが、北多摩各市の予算案を見比べると、今のトレンドが見えてくる。今年の傾向は、ゼロカーボンとDX(デジタルトランスフォ ...

6

清瀬市郷土博物館の民俗展示室が先日リニューアルされ、国の重要有形民俗文化財の「清瀬のうちおり」が常設展示されるようになった。 「うちおり」は、農家の女性たちが、売り物にならない屑繭や残糸などを活用して ...

7

在宅診療NOW まつばらホームクリニック 松原清二院長のコラム 先日埼玉県ふじみ野市で若い在宅医の尊い生命が奪われてしまいました。 被害にあった鈴木純一先生とは私も一度食事をしましたが、大変明るく、一 ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.