「屋敷林」を見直して!  願い込め、市民が冊子を作成 所有者の声も掲載

願いを込め、所有者の声も収録

地域の人々の暮らしぶりを伝える「屋敷林」の価値を見直してほしい――先頃、西東京市の市民団体「屋敷林の会」が、屋敷林を紹介する冊子「屋敷林 武蔵野に生きて、西東京市の今へ~自然と共生してきた人の営み」を発行しました。

冊子「屋敷林」をまとめたメンバーたち。冊子には、屋敷林の自然や歴史、所有者の聞き書きなどが収録されている

 

かつては生活に不可欠だった「屋敷林」

下保谷4丁目の高橋家が来年市に全面移管されるなど、屋敷林保護の機運が生まれつつあるなか、会のメンバーは、「屋敷林を残していくためにも、多くの人にその価値や魅力を知ってほしい」と訴えています。

屋敷林は、かつての農家などが家の周りに植えてできた樹林のこと。生活に必要な樹木などが植えられ、それらは季節ごとに有効に利用されていました。

たとえば、木々は、防風、防熱、防火、建築資材、薪炭などに重宝され、落ち葉は堆肥にされました。もちろん、カキやウメ、ビワなど食用のものもありました。

これらの利用は昭和30年代までこの地域でも行われていましたが、電気・ガスが使われるなど生活環境が便利になるにつれ木々の利用は減っていきました。現在では、緑化・景観という面を除けば、生活上ではあまり利用されなくなっています。

 

減りゆく「屋敷林」をどう守るか

一方で樹林の管理には手間も費用もかかることから、多くの所有者が屋敷林を手放している実情があります。

加えて、管理する土地が広いため相続の際の税負担も大きく、屋敷林はどんどん減っています。

こうしたなか「屋敷林の会」では、「屋敷林は地域の財産」という思いから、屋敷林の価値が広く知られるための活動を続けてきています。

10年前にも冊子を発行しており、その後も、あらやしき公園北の高橋家を主会場に、夏には子ども対象の自然観察会を、秋には、「下保谷の自然と文化を記録する会」と同市社会教育課とともに、地域の産物だった藍やたくあんの歴史を知ってもらうイベントを開いています。

「屋敷林の会」の萩原恵子さんはこう話します。

「屋敷林を樹林として捉え、緑化や自然保護という観点を重視する傾向がありますが、私たちは、それ以上に、郷土の歴史を伝える文化財として見ています。

樹木の利用法などを知っていくと、人々の知恵や暮らしぶりが肌で感じられ、感動します」

 

13人の所有者が、維持の大変さなども吐露

そんな思いもあり、今回の冊子では、屋敷林の役割や樹林の解説に加え、現在の所有者の語りに多くのページを割いています。

市内13人からの聞き書きで、その言葉から、かつての暮らしぶりや管理の大変さ、相続の悩みなどが伝わってきます。貴重な聞き書きとなっています。

なお、冊子の執筆には、「下保谷の自然と文化を記録する会」も協力しています。

地域に残る「屋敷林」の一つ

 

地域に「屋敷林」保護の機運が高まれば

同市では、高橋家を買い取り、特別緑地保全地区に指定するなど屋敷林を評価する姿勢も見せています。

「記録する会」のメンバーの高橋孝さんは「地域の中に『屋敷林を残そう』という機運が高まれば」と期待を寄せています。

 

冊子販売中

冊子はA4判、112ページ。同会で販売しています。送料込み1250円。

詳しくは萩原さん(042・423・5796)へ。

編集部おすすめ

1

都内のモスバーガー156店舗で、小平市産のブルーベリーを使った地産地消メニュー「まぜるシェイク 東京小平ブルーベリー」が7月15日(木)から数量限定で販売されます。 バニラシェイクに、ブルーベリーソー ...

2

7月9日(金)から16日(金)まで予定されていた多摩地域などを走る「東京2020オリンピック」の聖火リレーは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、公道での走行を中止としました。 各自治体で予定され ...

3

地域振興策として、7月1日(木、2021年)から8月31日(火、同)まで、西東京市内の対象店で電子決済サービスPayPayで支払いをすれば、最大で25%分のPayPayボーナス(ポイント)が受けられる ...

4

無投票で2議席が確定した東京都議会議員選挙の小平市選挙区。ルール上問題はないことは分かるが、どこかスッキリしない印象も……。 その理由を探るに当たり、当選した当人の磯山亮(りょう)都議を訪ねました。 ...

5

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、暑さがますます厳しくなってくるころ。28日は土用の丑の日で、今年もやっぱりウナギでしょうか。 でも、夏といえば涼やかなアユの塩焼きもいいもの。通人の話によれば、7 ...

6

東村山市では、市内の対象店舗にてスマホ決済サービス「PayPay」で決済した場合に、支払額の最大20%のPayPayボーナス(ポイント)が付与される「第2弾 がんばろう東村山!最大20%戻ってくるキャ ...

7

原発事故から10年たっても放射能が身近にあることを忘れないで――。 西東京市の市民が運営する放射能測定所「にしとうきょう市民放射能測定所あるびれお」(以下、あるびれお)が、「3・11から10年プロジェ ...

8

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

9

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

10

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

11

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

12

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.