自由学園の高校生3人が「識者の声」を動画公開

2020年3月18日

新型コロナ影響・休校中に「社会を考える」

新型コロナウイルスの影響で多くの学校が臨時休校しているなか、東久留米市にある自由学園の高校生3人が、有識者6人にインタビューをし、その動画を特設サイトで公開しています。

  (下部に高校生たちへのインタビュー動画)

有識者にインタビューし、動画を制作した自由学園の高校生たちと、同学園の更科幸一副学園長

出演しているのは、以下の6人です。

◎日本基督教団牧師で立教大学非常勤講師などを務める平良愛香さん

◎政治学者で上智大学国際教養学部教授の中野晃一さん

◎日本同盟基督教団牧師で東京キリスト教学園理事長の廣瀬薫さん

◎社会学者で東京大学大学院教育学研究科教授の本田由紀さん

◎大宅壮一ノンフィクション賞(雑誌部門)などの受賞歴があるジャーナリストの安田浩一さん

◎日本エシカル推進協議会名誉会長で東京大学名誉教授の山本良一さん

それぞれ約15分で、「これからをどう生きるか」という視点から生徒たちに見解を語りかけています。

 

わずか3日で撮影、5日でサイト公開

取材したのは、高等科3年生の小林多治生さんと2年生の川嶋一さんの2人です。

同校の更科幸一副学園長から声をかけられ、わずか3日で6人をインタビューしたそうです。

2人に声がかかったのは、同校が2016年から実施している「平和週間」の係だったためです。国際連合が定める9月21日の「国際平和デー」にちなみ、同校ではその1週間を「平和週間」と定めて平和を考える講演会などを多彩に開いてきています。

これまでに、詩人の谷川俊太郎さんと作曲家の谷川賢作さんの親子、拉致被害者で現在は翻訳家として活動する蓮池薫さん、社会学者で首都大学東京教授の宮台真司さんなどが登壇しています。今回の動画に出演している中野さん、安田さんも2017年に講演をしています。

今回、テーマ設定を「平和で持続可能な社会づくり」と定めたこともあり、「平和週間」の係だった小林さん、川嶋さんに声がかかりました。

彼らが撮影した動画を編集したのは、2年生の幸田良佑さんです。

幸田さんは休校と同時に愛知県の実家に帰省していましたが、ネット通話などで更科副学園長と連絡を取り、特設サイトの制作も担当しました。

この動画は、自由学園在校生の休校中の課題に用いるため、公開を急ぐ必要があったのですが、それにしても、3月5日に撮影スタート、10日に特設サイトを公開——という早業でした。動画PRの動きも素早く、取材したのは10日の公開後から3日後の13日でしたが、すでに1万回以上見られている、とのことでした。

 

取材を通して高校生たちが感じたこととは

取材にも立ち会った更科副学園長は「動画なら生徒たちが自宅でも見られます。臨時の長期休校というこういう機会にこそ、今の社会を考えてみてほしいと思いました」と企画の意図を話します。

前述の6人の識者は、そうした狙いから選んだといいます。本田さん、山本さんについては、「平和週間」でのつながりではなく、「若者の今置かれている状況を話してほしい」「世界の異常気象を語ってほしい」という考えから、個別に依頼をしたそうです。

この取材を通して、高校生たちは何を感じたのでしょうか。小林さん、川嶋さん、幸田さんの3人にお話をお聞きしました。更科副学園長も同席してのインタビューを約7分の動画にまとめています。高校生たちのコメントに、ぜひ耳を傾けてみてください。

動画(7分6秒)

 

「全国の人に見てほしい」

なお、このサイトは自由学園の生徒たちの課題として用いられますが(生徒たちはレポートを提出する予定)、同学園では、「全国の人たちに見てほしい」と呼びかけています。

特設サイト:https://lcpss.ourjiyu.com/


学校法人「自由学園」

幼児生活団幼稚園から最高学部(大学部)まである私立校。日本最初の女性新聞記者・羽仁もと子とその夫でジャーナリストの羽仁吉一によって創立され、「生活即教育」をモットーにした独自の教育を行っています。男子部(中等科・高等科)は入学した1年間は全員が寮生活を行います。全国から生徒が集まる学校です。

編集部おすすめ

1

任期満了に伴う東久留米市長選挙に、同市議会議員の富田竜馬さん(44、無所属)が出馬表明した。 富田さんは市議の5期目。過去に議長も務めた。

2

東久留米市の並木克巳市長が、12月26日投開票の市長選挙に立候補しない意向を公表した。体調不良を理由に挙げている。 東久留米市長   並木市長は2期8年を務めており、書面を通じて、「『コロナ ...

3

JA東京むさし小平地区はこのほど食育活動表彰で農林水産大臣賞(教育関係者・事業者部門)を受賞し、その記念として、同市の公立小中学校・全27校の児童・生徒に小平市産ブルーベリージュース180ミリリットル ...

4

2月実施の西東京市長選挙でまかれた法定ビラは違法なものだとして、同市の選挙人が選挙の無効を求めた裁判で、11日、東京高等裁判所は原告の請求を棄却した。 ビラの違法性を認めつつ「選挙人の自由な判断による ...

5

暦の上では初冬の11月。日暮れがめっきり早くなって、7日には二十四節気の立冬を迎えます。でも、この『タウン通信』エリアでは、ところどころでまだ美しい紅葉の秋景色も楽しめます。 そしてこの時季、神社にで ...

6

持続可能な社会のために文化の力が必要だ――「文化の日」に合わせ、本紙では、文化を切り口に環境問題やSDGsに取り組む地元の2者の対談を行った。 多くの環境団体が参加する「アースデイネット連絡協議会」か ...

7

「科学と女性」の本  多摩六都科学館では5日から12月5日まで、ミニ企画展「科学の本棚Ⅱ~科学と女性~」を開く。 活躍中の女性研究者が紹介する本や、女性科学者についての本など、約100冊を紹介する。詳 ...

8

アースデイ2021〈秋のフェスティバル〉は、以下のように実施予定。 秋のフェスティバル・ポスター=イベントの詳細は上画像からPDFをご覧ください(情報誌のPDFにリンクしています) イベントの詳細は上 ...

9

西東京市在住の切り絵作家、小出蒐さんの作品展「平家物語絵巻 ~小出蒐 切り絵の世界~田無神社展」が、田無神社おみくじ処で、令和3年10月9日(土)から開催されている。 小出さんの「平家物語絵巻」は20 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.