「ゆうやけ」の日常が映画に

2019年11月15日

「ゆうやけ」の日常を見てね!  障がい児たちのドキュメンタリー

小平市で3つの放課後等デイサービスを実施する「ゆうやけ子どもクラブ」の日常が、ドキュメンタリー映画となって公開されています。

(※編集部注 イベントは終了していますが、地域情報として掲載を継続しています)

◎下にインタビュー動画あり

同クラブは、障がい児のための放課後の居場所として全国でも草分け的な存在で、1978年にボランティア5人によって始まっています。現在は、3カ所で知的障がいや自閉症など計68人の児童と職員40人が在籍しています。

その日常を約2時間で見せるドキュメンタリー映画が、6日までポレポレ東中野(中野区東中野4の4の1)で、13日まで横浜市の「シネマ・ジャック&ベティ」(中区若葉町3の51)で上映されています(※編集部注:上映は終了していますが、記事公開時の原稿のまま、掲載しています)。

監督は、布川事件を追ったドキュメンタリー「ショージとタカオ」で知られる井手洋子さんです。

 

「クラブ」40周年をきっかけに

今回の映画「ゆうやけ子どもクラブ!」が撮られたのは、昨年の同クラブ40周年イベントがきっかけです。

「ふだんの『ゆうやけ』の姿を映像で見てもらおう」と上映を企画し、つてをたどって井手さんに撮影を依頼したところ、「社会に発信できる、しっかりしたドキュメンタリー映画にしましょう」と逆に提案を受けたそうです。

そうした経緯もあり、父母らも加わる実行委員会では、制作費の寄付を募ることにしたといいます。

最終的には、イベントなどを通じて約280万円が集まりました。その意味では、同作は関係者や地域の人々の願いで作られた作品だといえそうです。

代表の村岡真治さんは「笑ったり泣いたりしている日々の営みを通して、子どもっていいな、人間っていいなと感じてもらえたらうれしい。命が軽く扱われる風潮が一部であるなか、私たちの活動が社会に対して小さな励ましになればと願っています」と話しています。

村岡さんへのインタビューを動画にまとめています。村岡さんからのメッセージに、ぜひ耳を傾けてみてください。

動画(3分32秒)

映画の詳細は井手商店映画部(03・6368・4472)へ。

[リンク]

◎ゆうやけ子どもクラブ https://www.yuyake-kodomo.club/

◎映画「ゆうやけ子どもクラブ」 https://www.yuyake-kodomo-club.com/

編集部おすすめ

1

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

2

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

3

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

4

コロナ禍の下で迎える3回目の師走となりました。 12月は二十四節気の大雪(7日)、冬至(22日)と続いて、冬のまっさかり。冬至の前後は1年中で夜の最も長い、「陰」の深い時期です。 でも、この時期をすぎ ...

5

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

6

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

7

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.