涙目・メヤニの悩みに「涙道手術」

日帰りの手術で快適に  「ひばり中村眼科」・中村院長に聞く

涙が止まらない、四六時中メヤニが出る――。

日常生活にも支障をきたすことのある、いわゆる「涙目」。地元の「ひばり中村眼科」では、涙目を改善させるための日帰り手術を行っています。

中村真太郎院長に話を聞きました。

「ひばり中村眼科」の中村真太郎院長

涙目とはどんな病気?

――いわゆる「涙目」とは、どんな病気ですか。

「涙が鼻に向かって流れていく通り道『涙管』が何らかの原因で詰まってしまい、涙がうまく排出できずに目からあふれるようになる症状をいいます。

涙がたくさん分泌されているわけではなく、要らなくなった涙の排水がうまくいかない状態です。

涙は目を保護するために涙腺というところで作られ、眼の表面を潤したあと、汚れといっしょに涙管(涙点~涙小管~涙嚢~鼻涙管)を通って鼻へ流れていきます。その通り道に癒着などが起きて閉塞すると、涙が目の表面に貯まってしまうのです」

 

――原因は加齢ですか?

「年を取るとなりやすい傾向がありますが、生まれつきという方もいます。若い患者さんも少なくありません。原因はさまざまです」

最新機器がそろう「ひばり中村眼科」の手術室

 

改善には手術が必要

――治療はどのようにするのですか?

「涙管が詰まっているのが主な原因なので、薬だけでは治りません。改善には手術が必要です。といっても、多くの場合は涙管に細いチューブを挿入する方法で、ほとんどの場合10分程度で終わります。

涙管の中を見るためのカメラ(涙道内視鏡)を使って、安全に配慮して実施していきます。切るわけではないので傷跡は残りません。日帰り手術です」

 

――放っておいてはいけませんか?

「涙があふれている状態を我慢できるなら、そのままにしておいてもいいと思います。

ただ、軽症のうちは前述のような比較的簡易な手術で治療できるのですが、進行してしまった方では別の手術が必要になることもあります。

特に、『涙囊炎』というメヤニがたくさん出る病気を合併してしまった場合には、涙嚢鼻腔吻合術という、もう少し大きめの手術が必要になります。この手術はやや時間がかかりますが、こちらも当院で日帰りにて対応しています。

涙、メヤニでお困りであれば、ご相談ください」

 

データ

ひばり中村眼科

◎042-439-3617

◎西東京市谷戸町3-9-4

◎土・日休診

http://www.hibari-nakamuraganka.com/

編集部おすすめ

1

市庁舎屋上で養蜂を行っている清瀬市が、17日(日)午前10時から午後2時まで、市庁舎・西側広場で「東京清瀬市みつばちプロジェクトマルシェ」を開く。 企業とのコラボ商品などが多数販売される予定 &nbs ...

2

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテ ...

3

小平市の市民活動の“見本市”となる「元気村まつり」が、10月23日から30日まで、昨年に続いてオンラインで行われる。 60以上の市民団体が手作り動画を配信するほか、同市観光まちづくり大使を務めるタレン ...

4

暦の上では晩秋の10月。20日に秋の土用に入り、来月はじめには立冬を迎えます。その立冬前の18日間が土用期間で、秋から冬へと季節が移行する「変わり目」の時季です。 1年に4回めぐる土用(春、夏、秋、冬 ...

5

市庁舎屋上で養蜂を行う清瀬市産のハチミツを用いた「ブルーベリーアーモンドミルクジェラート」が、9月11日から、清瀬・東久留米市内のセブン-イレブン(一部店舗除く)で限定販売される。 1カップ・120m ...

6

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、自宅療養者が増えるなか、小平市と西東京市が、食料品などを届ける支援を始めた。 自宅療養者に対しては、東京都の「自宅療養者フォローアップセンター」が1週間分の食品など ...

7

スマートフォンの決済サービス「Pay Pay(ペイペイ)」で支払いをすれば25%分のポイントが付与されるキャンペーンが、東久留米市で9月1日から行われる。 地域経済振興を目的としたもので、10月31日 ...

8

スマホ利用で病院の待ち時間が短くなる――。 そんな待ちに待ったサービスが、今月23日に公立昭和病院に導入されます。 その名も「MY Hospital」というスマートフォンのアプリ。 自分のスマホが病院 ...

9

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

10

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.