小平市でフォトコンテスト 「丸いポストのある風景」

都内で最も現役の「丸ポスト」があることから、「丸ポストの町」として地域活性化に取り組む小平市で、「丸いポストのある風景」をテーマにしたフォトコンテストが行われます。

現在、応募を受付中で、締切は10月31日(土)まで。

作品は、ハガキサイズにプリントしたもの限定です。

13回目となるフォトコンテストで、今回は「国内・外にある丸いポストを題材にした暮らしと風景」をテーマにしています。

2019年1月1日以降に撮影された未発表作品(個人ブログ等は不問)で、「丸ポスト」と「人々の暮らしや風景」との関わりを視点にしていることが条件。丸ポストは、私設のもの、模型などでも可とのことです。

プロ・アマ不問。

金賞(1点)は賞金5万円。銀賞(2点)は3万円。その他、努力賞などあり。結果発表は11月末までに通知で行われます。

なお、応募作は、来年1月9日から3月末まで、小平市ルネこだいらで展示される予定です。

応募には諸注意があるので、必ず主催者の案内をご確認ください。

詳しくは小平市文化振興財団(http://www.runekodaira.jp/announce/48315.html、042-345-5111)へ。


都内No.1! 懐かしかわいい「小平の丸ポスト」

「小平ふるさと村」の入り口に、昔懐かしい丸ポストがあるのをご存知ですか? 実は、小平は、東京都内の自治体では、最も多くの丸ポストがある町なんです。 その数、実に37本(※使用できる丸ポストの数は32本 ...

編集部おすすめ

1

新型コロナウイルスにより日常生活にも多大な支障が出た2020年。このウイルスに対して、北多摩エリアの“地域”はどのように対応してきたのでしょうか。 「タウン通信」では、各方面に取材をし、「そのとき」の ...

2

5000円分のレシート貼付で応募すれば、抽選で10万円分の買物券が当たるかも――。 小平市で、そんな見逃せない「ALLこだいら歳末キャンペーン」が実施されます。 小平市内の店で買い物をした総計5000 ...

3

新型コロナウイルスの影響で市民の運動不足などの懸念が生じているなか、西東京市は、ポイントがたまる健康アプリ「あるこ」をスタートしました。 健康アプリ「あるこ」の画面イメージ   ポイントは、 ...

4

東村山市出身のコメディアン・志村けんさんの銅像を東村山駅前に建てようと呼びかけたクラウドファンディング「ありがとう  志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」が、10月30日に終了し、目標額 ...

5

東村山市内の対象店で電子決済サービス「PayPay」を使用して買い物をすれば、後日最大20%相当のPayPayボーナスが付与されるという期間限定企画「がんばろう東村山! 最大20%戻ってくるキャンペー ...

6

11月20日(金)、西東京市役所で、12月の定例議会を前にした西東京市長記者会見が開かれました。 会見では、多くの時間が「新型コロナウイルス感染症」の感染状況や市の経済対策の説明に割かれました。 「コ ...

7

「石川さん、おもしろい動画があるんですよ」 カフェ「田無なおきち」「六都なおきち」の店主である佐藤うららさんから、この動画の存在を教えてもらったのが昨年12月のこと。動画のタイトルから分かるように、1 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.