「農業と福祉」の連携で作る旬の「健康ピクルス」 東久留米から

2020年10月11日

東久留米市産の旬の野菜を用いた「健康ピクルス」の販売がスタートしました。

ユニークなのは、近隣の障がい者らが生産にかかわっている点。地場産野菜の魅力発信とともに、彼らの就労支援も目的にした「農と福祉」によるプロジェクトで、今後、「ふるさと納税」の返礼品に採用されることなどを含め、地域の名物にしていくことを目指しています。

東久留米市産の野菜で作った「健康ピクルス」

 

旬の食材を用い、一つ一つ手作り

この「健康ピクルス」は、東久留米市大門町にある「野島農園」で採れたキュウリ、ダイコン、トマト、タマネギ、トウモロコシ、唐辛子、ニンジン、ニンニクなどの四季折々の野菜を、専門業者が手作業で漬けたものです。

収穫量が限られているため、今のところ1種類あたり数瓶の生産に留まっていますが、その分、オリジナル性の高い漬け方もでき、例えば「白タマネギ・ピーマン・レモン」という新しい組み合わせなどを生み出しています。

生産は数種類を同時に行っており、初生産となった7月には57個。2回目となった8月には110個を作っており、今後、収穫量や販売数を見ながら、生産量を調整していく予定です。
なお、種類問わず1個896円です。

1個896円

 

「農業と福祉」の幸運な出会い

この企画を進めるのは、誰もが生きやすい社会の実現などを目指して活動する一般社団法人「おらがまち」です。
同団体では、社会で生きることに困難のある人の就労支援として「農業」の場を重視しており、趣旨に賛同してくれる農家を求めていました。

そんななかで出会ったのが、東久留米市で400年以上続く「野島農園」です。

有機農法で四季折々の作物を生産している同農園では、以前から、地域の人々に収穫体験をしてもらったり、高齢者施設に収穫物を寄付するなど、さまざまな形で農業と地域とをつないでいました。

2年前に近隣に精神障害者の就労支援などを行う一般社団法人「Polyphony(ポリフォニー)」(生活訓練事業所)ができてからは、「土に触れることで、精神が癒やされる」と農作業の場を提供しており、その後、西東京市ひばりが丘に拠点を置く就労以降支援事業所「ピュルエルワーク西東京」にも農園を開放しています。

そのような取り組みの動機について同農園の野島貞夫さんは「農業を通して東久留米の魅力を知ってほしいから」と話します。

「『水と緑の町』を標榜する東久留米は、都内でも有数の農地がある町です。ここには、きれいな水、空気、そして土があります。

この町の魅力を知ってもらうには、農業に触れていただくのがいちばん。そんな思いから、地域の人に向けて収穫体験の場を設けるなどしてきました。

福祉への思いもありますが、それ以上に、とにかく一人でも多くの人に土に触れてみてほしいという気持ちが強いです」(野島さん)

できたばかりの商品にラベルを貼る関係者たち=野島農園の作業場で

 

製品になる喜び

「おらがまち」が構想していた「農業と福祉の連携」を、すでに実践していた「野島農園」。
この二者が出会うことにより、企画はより発展的に進んでいきました。

当初、「おらがまち」が生産を予定していた商品は別のものでしたが、有機農法で採れる野菜の立派さにピクルスへと方針を転換。少量生産にも対応している事業者を探し、「健康ピクルス」が生まれました。

「おらがまち」代表の豊嶋文子さんは、作業にかかわる精神障害者たちへの効果も口にします。

「野島農園での作業で印象的だったのは、農作業を指導してくださる年配の方が『あの若者たちは力があって助かるなぁ』とつぶやかれていたこと。

彼らにも活躍の場があることを実感しました。

それに加えて、このピクルス作りの場合は、ラベル張りや梱包などの手作業も多く、就労支援という意味でも、いろいろな経験をしてもらえると思います。

何より、そのようにして商品になり、それが多少でも実益を生むというのは、彼らの生きがいにもつながるのではと思います」

 

地域の特産品を目指して

なお、新たに生まれたこの「健康ピクルス」は、市の特産品認定の取得など、地域の名物となることを目指すとのことです。
「ふるさと納税」の返礼品に使ってもらうことも視野に入れています。

「旬の食材をいちばんおいしいときに収穫して、製品化しています。ピクルスは長期保存できるので、季節を問わずに『旬の味』を楽しんでいただけるのが利点。有機農法による野菜は体にも良いので、ぜひ多くの方に手に味わっていただきたいです」

と豊嶋さん。

なお、販売先は地域の中で拡大中。詳しくは「おらがまち」(03-5565-3982)へ。

おらがまちのウェブサイトでは、通販も行っています。

編集部おすすめ

1

コロナ禍で限界が来た……。 西東京市で56年続く「三又酒店」が今月末で廃業することとなり、地域に衝撃を与えています。 店主の山崎明さんは、市が構築を急ぐ「西部地域協力ネットワーク」の代表を務めるなど、 ...

2

コロナ禍のもとで迎える2度目の6月。世の中が右往左往しているうちに、今年も、はや1年の折り返し点の月がやってきました。 暦は自然のリズムそのもの。人の世に何があろうと、淡々と流れてゆきます。 21日に ...

3

2年後の2023年6月の予定で、西東京市に市内最大の憩いの場が誕生します。 (株)三菱UFJ銀行が同市柳沢4丁目に所有する「武蔵野運動場」を一般開放するもので、総面積は約6ヘクタール。 西東京いこいの ...

4

5月6日㈭、清瀬市の新庁舎が開庁し、開庁式が行われました。 式典は華やかな雰囲気で執り行われ、清瀬小学校5年生有志による清瀬讃歌の合唱などもありました(渋谷金太郎市長がエレクトーンで伴奏)。 清瀬市の ...

5

持続可能な世界を目指す国際的な取り組み「SDGs」を地域から実践しようと、5月17日、小平市内にキャンパスがある錦城高等学校3年生の櫻井晃太郎さんと山田祐菜さんが小平市環境政策課を訪ね、「ミートフリー ...

6

5月2日、西東京市の田無駅北口近くに「肉汁餃子のダンダダン」がオープンしました。 「日常的に餃子とビールを楽しめる店」という新しい価値観を提供し、餃子ブームの火付け役となった「肉汁餃子のダンダダン」は ...

7

東久留米市に10万平方メートルのキャンパスがある自由学園が、今年、創立100周年を迎えています。 4月には、それを記念した書籍『本物をまなぶ学校 自由学園』が出版されました。 自由学園南沢キャンパス ...

8

地域の魅力を伝える曲を数々作り、歌ってきた小平市職員の市川裕之さんが、4月25日に、全7曲を収録した音楽アルバム「Φ(ファイ)」を発売します。 テレビドラマ「北の国から」の演奏などで知られるギタリスト ...

9

本紙エッセー「猫耳南風」でおなじみの太宰治文学賞受賞作家・志賀泉さんが、短編集『百年の孤舟』を出版しました。 志賀さんは、福島第一原子力発電所そばの南相馬市(旧小高町)出身。 親族は今も当地におり、震 ...

Copyright© タウン通信 , 2021 All Rights Reserved.