延命寺(小平市)

青梅街道と新小金井街道の交差点に面してあるのが延命寺です。

延命寺は、野中新田の開発に伴って開かれた、真言宗の寺社です。

まずは寺院の様子を動画でご覧ください。

動画(41秒)

 

商業的に開発された野中新田

野中新田は、小平でさまざまに行われた新田開発のうちの一つで、特徴的なことに、名主や組頭を商人が務めたという点があります。

先行した小川村の成功や、新田開発が幕府から推奨されたことなどがあり、「商業」としての新田開発が行われたといえるでしょう。

野中新田の開発には、現在の花小金井駅北口にある「円成院」が深くかかわっており、新田全域の菩提寺になる見込みでいましたが、開発が4つの組に分かれた結果、各地域に寺社が作られることとなりました。

その一つが、延命寺です。

 

中藤村から引寺

延命寺のある一帯を率いたのは、野中善左衛門です。

開拓農民の中に多摩郡中藤村(武蔵村山市)方面から移住してきた者が複数おり、当地の真福寺から引寺したと伝わっています。

開基は善左衛門と、浄範和尚が行いました。

 

門前に庚申塔

現在は厳かな雰囲気のある延命寺ですが、門前に庚申塔があり、青梅街道の歩道から気軽に見学することができます。

この庚申塔は小平市民俗有形文化財第1号に指定されているもので、1850年(嘉永3年)に造立されたといいますが、170年も経っているとは思えないほど、きれいな状態で残っています。

青梅街道に面して立つ庚申塔

 

庚申塔横に設置された案内板では「中央に青面金剛を刻む図像塔で、基部の三猿は、衣装を身に着け、絵帽子をかぶり、御幣を担いで三番叟を舞うユーモラスな姿で表現されている」と紹介されています。

凝った意匠は、あるいは、ほかの新田や寺社に対しての見栄だったのかもしれません。そんな想像をしながら眺めると、青梅街道に面した門前に庚申塔を置いた理由が見えてくるようにも思え、当時の人々が身近に感じられてきます。

データ

延命寺

◎小平市天神町2-5

◎042-341-0449

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.