延命寺(小平市)

青梅街道と新小金井街道の交差点に面してあるのが延命寺です。

延命寺は、野中新田の開発に伴って開かれた、真言宗の寺社です。

まずは寺院の様子を動画でご覧ください。

動画(41秒)

 

商業的に開発された野中新田

野中新田は、小平でさまざまに行われた新田開発のうちの一つで、特徴的なことに、名主や組頭を商人が務めたという点があります。

先行した小川村の成功や、新田開発が幕府から推奨されたことなどがあり、「商業」としての新田開発が行われたといえるでしょう。

野中新田の開発には、現在の花小金井駅北口にある「円成院」が深くかかわっており、新田全域の菩提寺になる見込みでいましたが、開発が4つの組に分かれた結果、各地域に寺社が作られることとなりました。

その一つが、延命寺です。

 

中藤村から引寺

延命寺のある一帯を率いたのは、野中善左衛門です。

開拓農民の中に多摩郡中藤村(武蔵村山市)方面から移住してきた者が複数おり、当地の真福寺から引寺したと伝わっています。

開基は善左衛門と、浄範和尚が行いました。

 

門前に庚申塔

現在は厳かな雰囲気のある延命寺ですが、門前に庚申塔があり、青梅街道の歩道から気軽に見学することができます。

この庚申塔は小平市民俗有形文化財第1号に指定されているもので、1850年(嘉永3年)に造立されたといいますが、170年も経っているとは思えないほど、きれいな状態で残っています。

青梅街道に面して立つ庚申塔

 

庚申塔横に設置された案内板では「中央に青面金剛を刻む図像塔で、基部の三猿は、衣装を身に着け、絵帽子をかぶり、御幣を担いで三番叟を舞うユーモラスな姿で表現されている」と紹介されています。

凝った意匠は、あるいは、ほかの新田や寺社に対しての見栄だったのかもしれません。そんな想像をしながら眺めると、青梅街道に面した門前に庚申塔を置いた理由が見えてくるようにも思え、当時の人々が身近に感じられてきます。

データ

延命寺

◎小平市天神町2-5

◎042-341-0449

編集部おすすめ

1

屈指のアイデアマン 神山伸一さん 現役課長が隣接市の副市長に――。 小平市職員の神山伸一さん(58)が小金井市副市長に任命されることとなり、「他市からの引き抜きは異例」と話題になっている。 大抜擢の理 ...

2

1975年に誕生した携帯サンドイッチの元祖・フジパン㈱の「スナックサンド」から、3月だけの期間限定で、「東村山黒焼きそば」と「ところざわ醤油焼きそば」が販売されている。 フジパン武蔵工場(入間市)の開 ...

3

3月3日は桃の節句。女の子の健やかな成長を祝うお祭りです。起源は古代中国の「厄祓い」の行事でしたが、日本に伝えられて江戸時代以降、現在のような形になりました。 ・・・と、暦をながめていたら、「ひな祭」 ...

4

全国のハンセン病療養所入所者たちが詠んだ詩が70年の時を経て現代に蘇る――4日から、東村山市にある国立ハンセン病資料館で、企画展「ハンセン病文学の新生面『いのちの芽』の詩人たち」が開かれている。同館に ...

5

ウクライナ出身のリリア・モルスカさんと、大学を通して交流を持った武蔵野大学の岩井雅治さん、菊地里帆子さん、山岸咲亜さんの4人で製作したウクライナを紹介する冊子「ひまわり」50冊が、西東京市に寄贈された ...

6

西東京市保谷こもれびホールの愛称が「タクトホームこもれびGRAFAREホール」に決まった。市が募集したネーミングライツ・パートナーに同市に本社があるタクトホーム㈱が選ばれたもの。GRAFAREは同社が ...

7

行政書士による「SDGs研究会」が発起 昨年1月に小平市で始まった無人の不用品譲渡「Baton BOX(バトンボックス)」が、1周年を経てさらに広がりを見せている。 これは、協力店先などに置かれた小型 ...

8

西東京市向台町の圡方隆一さん・仁美さん夫妻が、このほど、自宅の一部を改築し、「8cho8ma gallery(はっちょうやまギャラリー)」をオープンする。初回の展示会は6日㈮から。「若手作家を応援した ...

9

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

10

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

11

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

12

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

13

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

14

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2023 All Rights Reserved.