延命寺(小平市)

青梅街道と新小金井街道の交差点に面してあるのが延命寺です。

延命寺は、野中新田の開発に伴って開かれた、真言宗の寺社です。

まずは寺院の様子を動画でご覧ください。

動画(41秒)

 

商業的に開発された野中新田

野中新田は、小平でさまざまに行われた新田開発のうちの一つで、特徴的なことに、名主や組頭を商人が務めたという点があります。

先行した小川村の成功や、新田開発が幕府から推奨されたことなどがあり、「商業」としての新田開発が行われたといえるでしょう。

野中新田の開発には、現在の花小金井駅北口にある「円成院」が深くかかわっており、新田全域の菩提寺になる見込みでいましたが、開発が4つの組に分かれた結果、各地域に寺社が作られることとなりました。

その一つが、延命寺です。

 

中藤村から引寺

延命寺のある一帯を率いたのは、野中善左衛門です。

開拓農民の中に多摩郡中藤村(武蔵村山市)方面から移住してきた者が複数おり、当地の真福寺から引寺したと伝わっています。

開基は善左衛門と、浄範和尚が行いました。

 

門前に庚申塔

現在は厳かな雰囲気のある延命寺ですが、門前に庚申塔があり、青梅街道の歩道から気軽に見学することができます。

この庚申塔は小平市民俗有形文化財第1号に指定されているもので、1850年(嘉永3年)に造立されたといいますが、170年も経っているとは思えないほど、きれいな状態で残っています。

青梅街道に面して立つ庚申塔

 

庚申塔横に設置された案内板では「中央に青面金剛を刻む図像塔で、基部の三猿は、衣装を身に着け、絵帽子をかぶり、御幣を担いで三番叟を舞うユーモラスな姿で表現されている」と紹介されています。

凝った意匠は、あるいは、ほかの新田や寺社に対しての見栄だったのかもしれません。そんな想像をしながら眺めると、青梅街道に面した門前に庚申塔を置いた理由が見えてくるようにも思え、当時の人々が身近に感じられてきます。

データ

延命寺

◎小平市天神町2-5

◎042-341-0449

編集部おすすめ

1

地域紙「タウン通信」の2020年12月2日号のPDFが下記からご覧いただけます。 この号では、新型コロナウイルスによる教育現場への影響について、東久留米市にある自由学園の更科幸一校長(男子部)にお聞き ...

2

世界中が新型コロナウィルス禍に右往左往しているうちに、今年も納めの月となりました。例年ならば、クリスマスや忘年会で盛りあがる時なのですが―。 暦を見ると、今年は「七赤金星(しちせききんせい)」が中宮に ...

3

新型コロナウイルスの拡大は、「教育」にどのように影響しているのでしょうか。 「『コロナ』と地域」をテーマに各方面に取材を行っている「タウン通信」では、今回、幼児部から最高学部(大学に相当)まである私立 ...

4

新型コロナウイルスにより日常生活にも多大な支障が出た2020年。このウイルスに対して、北多摩エリアの“地域”はどのように対応してきたのでしょうか。 「タウン通信」では、各方面に取材をし、「そのとき」の ...

5

5000円分のレシート貼付で応募すれば、抽選で10万円分の買物券が当たるかも――。 小平市で、そんな見逃せない「ALLこだいら歳末キャンペーン」が実施されます。 小平市内の店で買い物をした総計5000 ...

6

東村山市内の対象店で電子決済サービス「PayPay」を使用して買い物をすれば、後日最大20%相当のPayPayボーナスが付与されるという期間限定企画「がんばろう東村山! 最大20%戻ってくるキャンペー ...

7

小平市が、「(仮称)小平市第三次環境基本計画」の素案を作成し、市民の意見を募るパブリックコメントを行っています。意見募集は12月15日(火)までです。 「(仮称)小平市第三次環境基本計画」は、市が進め ...

8

11月20日(金)、西東京市役所で、12月の定例議会を前にした西東京市長記者会見が開かれました。 会見では、多くの時間が「新型コロナウイルス感染症」の感染状況や市の経済対策の説明に割かれました。 「コ ...

9

「石川さん、おもしろい動画があるんですよ」 カフェ「田無なおきち」「六都なおきち」の店主である佐藤うららさんから、この動画の存在を教えてもらったのが昨年12月のこと。動画のタイトルから分かるように、1 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.