東村山アインPay好発進 常に1%ポイント還元

2024年1月24日

デジタル地域通貨

東村山市内の登録店で電子決済できるデジタル地域通貨「東村山アインPay」が昨年12月25日に始まり、3週間でダウンロード数が1万2000件を超えるなど、予想を上回る好スタートを見せている

同Payはスマートフォンにアプリ登録をして、ポイントをチャージし、1ポイント・1円換算で支払いに利用できるもの。PayPayなどの電子決済サービスと同様のものだが、「地域限定」「行政ポイント付与」という特徴がある。

このうち行政ポイントは、市が補助金などを出す際に、現金ではなくポイントで給付するというもの。現在は、省エネのエアコン・冷蔵庫に買い替えた人に最大5万ポイントの進呈などを実施している(同市民が対象)。

こうした地域限定、行政ポイントを活用することで、地域内で経済が循環し、事業促進を活性化できる期待がある。

ポイントチャージはセブン銀行ATМで可能。チャージごとに、無条件で1%のポイント還元がある。市外の人も利用可能。現在、市内の大型店も含む約300店で利用できる。

なお、決済完了時には、市内の幼稚園児が吹き込んだ「アイン」という音声が鳴り、かわいらしい。「アインPay」という名称は、市に縁の深い志村けんさんのギャグ「アイーン」を意識しつつも、地域愛とコインに由来している。

詳しくは特設サイト(https://einpay.jp/)ご参照を。

東村山市アインPay

編集部おすすめ

1

新春万福 2024年は十二支でいえば辰(たつ)年であり、九星でいえば三碧木星(さんぺきもくせい)年。 「辰(=龍)」は十二支のなかで唯一架空の動物で、それは雲をおこし、雨を降らせるという、天がける存在 ...

2

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

3

小平市長と対談 「地域での体験の機会増やしたい」 FC東京などで活躍した元Jリーガーで、現在、同クラブのスカウトを務める吉本一謙さんが、1日、小平市教育委員会委員に就任した。吉本さんは小平市出身で、現 ...

4

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.