みんなで叫ぼう 「 マジか!」 西東京市の若者が「すごろく」作成

2024年1月24日

西東京市子ども条例テーマに

教わっていないことを「分からない」と言ったら、「そんなことも知らないのか!」と怒られた……って、「マジか!」。 そうやって参加者みんなで子どもの怒りを叫ぼうというユニークな「マジか!すごろく」が、先頃、西東京市で完成した。「西東京市子ども条例」をテーマにしたすごろくで、同市の若者たちが作製の中心を担った。このすごろくは、市内の6公民館で貸し出しもされている。

すごろくを楽しむメンバーたち。編集スタッフは小島裕貴さん、小林穣太郎さん、渡邉みのりさん、大川純さん。協力スタッフは日高花七さん、萩原清子さん、今井菜々美さん、野々峠祥麻さん

同すごろくは、A0判ほどの盤上でコマを進めながら、止まったマスの指示に従ってプレーヤーがそのつどアクションしていくもの。マスには、
 ①「好きな食べ物を教えて」など、マスの指示に従う
 ②西東京市子ども条例(以下、条例)のカードを引く
 ③「マジか!カード」を引く
の主に3種があり、特に②③が特徴的。

②は条文が書かれたカードを引くもので、その場で読み上げ、「生存」「発達」「参加」「保護」の4枠があるシートに置いていく。その際、条文がどこに分類されるかを参加者で話し合う。一つの条文で複数の要素を持つものもあり、時には参加者の見解が割れるのも面白さの一つだ。

③は、理不尽な仕打ちへの嘆きが書かれたカードを引いていくもので、その場で読み上げ、全員で「マジか!」と突っ込みを入れる。体験してみると、最初は照れくさいものの、続けているうちに子どもの怒りを代弁しているような高揚感があった。カードの文面は同市内で実際に子どもたちから集めたもので、「『やる気がないなら帰れ!』と言われて帰ったら『何で帰ったんだ!』と怒られた」など、リアリティがあり、 共感できることも多い。

     ◇

同すごろくを作製したのは、市内でこども食堂の運営などをする「西東京わいわいネット」と同市公民館。子どもを守る条例が市にあることをもっと広めたいと企画したもので、実際の作業のほとんどは、こども食堂のボランティアや公民館講座に参加してきた10代、20代の若者たちが担った。

すごろく自体は勝ち負けを競うものではなく、作製メンバーの渡邉みのりさんは「わいわいと、盤上を行ったり来たりするのを楽しむすごろくだと思っています。むしろ、ゴールするのは寂しいですね」と笑う。

昨年12月にはお披露目のイベントも開かれ、小学生も集まって、会場中が「マジか!」と盛り上がった。企画を担当した同市公民館の松永尚江さんは「子どもと大人が一緒に遊べるのがすごろくの魅力。楽しいし、学びも深まります」と話す。

同すごろくは同市の6公民館に常備しており、貸し出しが可能。作製メンバーの大学生・小林穣太郎さんは「僕もそうでしたが、子どものための条例なのに、子どもたちがその存在を知らずにいる。条例を活かすためにも、このすごろくを通して、多くの人に条例のことを知ってほしいです」と話している。

詳しくは同市保谷駅前公民館(☎042・421・1125)へ。

編集部おすすめ

1

新春万福 2024年は十二支でいえば辰(たつ)年であり、九星でいえば三碧木星(さんぺきもくせい)年。 「辰(=龍)」は十二支のなかで唯一架空の動物で、それは雲をおこし、雨を降らせるという、天がける存在 ...

2

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

3

小平市長と対談 「地域での体験の機会増やしたい」 FC東京などで活躍した元Jリーガーで、現在、同クラブのスカウトを務める吉本一謙さんが、1日、小平市教育委員会委員に就任した。吉本さんは小平市出身で、現 ...

4

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.