日枝神社(清瀬)

清瀬の総鎮守といえば、志木街道に面する日枝神社になります。

創建は天正7年(1579年)と伝わります。街道筋に村々ができていく頃で、地域の人々の心の拠り所として開かれたのでしょう。

現在も鳥居の前には、上清戸・中清戸・下清戸を表す「三清戸」の石碑が残ります。

まずは1分ほどの動画で、境内の様子をご覧ください。

動画(51秒)

 

天台宗の名残り

言うまでもなく神仏混淆の時代のことで、当初は「日吉山王大権現」と称しています。

日吉山王社の由来は、唐の天台山が地主山王を祀っていたこと。最澄が比叡山に延暦寺を開く際、それに倣って山王を祀ったのが始まりです。

山王はもちろん山の神であり、日吉山王社では、山の神、田の神である大山咋命を主祭神としています。

山の神といえば、猿はその使いと考えられています。そのため山王社では猿が祀られており、清瀬の日枝神社の境内にも、三猿をあしらった一対の石燈籠が置かれています。

長らく雨ざらしだった石燈籠ですが、風化が進んだとのことで、現在では、祠に納められています。

燈籠の下部にしっかりと彫られた三猿で、その姿は愛らしいものです。

ちなみに、一般に「見ざる」「聞かざる」「言わざる」は「過ぎたことをしない」という戒めとして認識されていますが、三猿は「魔さる」「勝さる」に通ずるとの解釈から、悪事災難を取り除く守護神ともいわれています。

なお、この三猿の石燈籠は清瀬市指定有形文化財になっています。

 

幻の寺、の存在

それにしても、なぜこの地に、天台宗と縁のある日枝神社が鎮座したのでしょうか。

その理由を探ると、今はなき、正覚寺の存在に行き当たります。

正覚寺は、現在の日枝神社・社務所の辺りにあったと見られる、天台宗の寺院です。

実は、現在、日枝神社が不動明王立像を収蔵していますが、これはもともと正覚寺の本尊だったものです。

その様式から室町時代後期の制作と推定されており、ここからすると、恐らくは正覚寺のほうが日枝神社よりも先にこの地にあったといえます。

つまり、天台宗の寺院が先にあり、村の鎮守として神社を創建するときに、両者を並立させたと考えられるわけです。

その後、明治元年の神仏分離令によって日吉山王大権現は日枝神社となり、今日に至ります。

 

遠方からも参拝者のある「水天宮」

そのような歴史を持つ日枝神社ですが、末社が多いのもここの特徴の一つです。

中でも特に有名なのは、福岡県久留米市の本宮から分祠した「水天宮」です。

水天宮は言わずと知れた、水と子どもの守護の宮。とりわけ安産祈願の場として親しまれ、毎月「戌の日」と御祭日である5日には大勢の人でにぎわいます。

なお、祈祷は、予約不要で、日中に受けることができます。

毎月「戌の日」には特ににぎわう水天宮

 

「ひいらぎ」伝説

このような由緒を持つ日枝神社ですが、ここには一つ、伝説が語り継がれています。

境内にある柊(ひいらぎ)にまつわる話で、時は古代にさかのぼります。

それは景行天皇(ヤマトタケルの父)の時代。

ヤマトタケル(日本武尊)が東征でこの地に至った際、この柊の下でしばし涼を得て、「清き土なり」と仰せられたというものです。

以来、この地は「清土(きよと)」と称され、いつしか「清戸」となった――という伝承が残ります。

ちなみに、当時の柊は大正年間の台風で損傷し、現在、境内にあるものはそのヒコバエとのことです。

 

縁起の良さにあやかる

何にせよ、この神社の特色は、何といってもその縁起の良さにあるといえそうです。

神社はどこも縁起の良い場ではありますが、その中でもここは、安産祈願の水天宮があり、「魔さる」の三猿があり、ヒイラギ伝説が残り、とてもパワフルな場です。

忘れてならないのは、日枝神社が大山咋神と共に、大己貴神を祭神としているところです。

大己貴神は、大国主命と同神。すなわち、縁結びの神でもあるのです。

清い土のもと、縁が結ばれ、安産祈願——。

こう思うと、清瀬で長く信仰を集めてきた理由が分かります。

見学の際は、広々した境内でゆったりと時を過ごし、神社のパワーをその身に取り込んでみてください。

なお、日枝神社本殿は宝暦9年頃(1759年)の建立と見られ、市の指定有形文化財になっています。

また、拝殿横のスギの巨木は、市指定天然記念物です。

こちらの樹齢は推定約400年。一般に山地に生息する杉が台地でこのように巨木となる例は珍しいそうで、ここからも何か神通力を感じます。

樹齢400年といえば、ほぼ創建の頃。きっと、人々のさまざまな願いを見届けてきたことでしょう。

データ

日枝神社(清瀬)

◎東京都清瀬市中清戸2-616

◎042-493-5211

ホームページ

編集部おすすめ

1

今年も猛暑の夏をこえて、ようやく9月。まだセミが鳴いているかと思えば、秋の虫の音もさかんに聞こえてくるころとなりました。 二十四節気では白露(8日)、秋分(23日)とつづいて、日ごとに陰の気が深まり、 ...

2

西東京市の対象店舗にてキャッシュレス決済で支払いをすれば、最大で1回当たり2500円相当、期間当たり1万円相当のポイントが還元されるキャンペーンが、10月末まで実施されている。 対象の決済サービスは、 ...

3

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

4

6年後には里親家庭で暮らす子どもを都内で倍以上にしたい――今年4月に小平児童相談所の里親支援業務がフォスタリング機関事業として民間委託され、サポートの充実が進められている。里親制度や今後の課題について ...

5

西東京ビートルズ倶楽部(NBC)代表 田中敏久 このサイトでは皆さんと一緒に【ビートルズが残してくれたもの】について語り合い、自分たちの音楽活動や社会の動きをどう思っていたのか、ビートルズや彼らを取り ...

6

西東京市で、市民が持っている昔の写真を発掘し、デジタルアーカイブ化する活動が昨年6月から続けられている。郷土史に詳しい滝島俊さんと写真家の濱口太さんが取り組むもので、プロジェクト名は「西東京市写真発掘 ...

7

屈指のアイデアマン 神山伸一さん 現役課長が隣接市の副市長に――。 小平市職員の神山伸一さん(58)が小金井市副市長に任命されることとなり、「他市からの引き抜きは異例」と話題になっている。 大抜擢の理 ...

8

西東京市保谷こもれびホールの愛称が「タクトホームこもれびGRAFAREホール」に決まった。市が募集したネーミングライツ・パートナーに同市に本社があるタクトホーム㈱が選ばれたもの。GRAFAREは同社が ...

9

西東京市向台町の圡方隆一さん・仁美さん夫妻が、このほど、自宅の一部を改築し、「8cho8ma gallery(はっちょうやまギャラリー)」をオープンする。初回の展示会は6日㈮から。「若手作家を応援した ...

10

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

11

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

12

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2023 All Rights Reserved.