西東京市郷土史 ~田無 青梅街道編~

400年、変わらぬ道幅

田無の歴史に詳しい近辻喜一さんに、地域住民にとってなじみ深いあの道、そう、青梅街道についてご解説いただきました。

青梅街道は、江戸幕府が始まった1603年に、江戸城築城のために必要な石灰を青梅から運ぶルートとして開かれました。その運搬のための中継地の一つとして開かれたのが「田無村」です。

田無の人々は、もともとは現在の西東京市の中央部にあたる「谷戸」の一帯で暮らしていました。谷戸は水が湧いたためです。

その村を、意図的に青梅街道沿いに移動させたのが、江戸時代初期。神社(現・田無神社)やお寺(現・総持寺)なども移し、村には田無用水を引きました。その名残りが、今も、青梅街道の幅に表れています。

街道に沿って村ができたため、その後、拡幅できなかったという青梅街道。その道幅は、約400年間、変わらず約9メートルのまま、とのこと。青梅街道のまっすぐな道を眺めたとき、その空間は、往時と同じということですね。

そんな話や、青梅街道と府中道が交わる「田無5丁目」交差点がなぜクランク状なのか、といった裏話をご解説いただきました。

1分36秒の動画でご紹介しています。

動画(1分36秒)

編集部おすすめ

1

地域紙「タウン通信」の2020年12月2日号のPDFが下記からご覧いただけます。 この号では、新型コロナウイルスによる教育現場への影響について、東久留米市にある自由学園の更科幸一校長(男子部)にお聞き ...

2

世界中が新型コロナウィルス禍に右往左往しているうちに、今年も納めの月となりました。例年ならば、クリスマスや忘年会で盛りあがる時なのですが―。 暦を見ると、今年は「七赤金星(しちせききんせい)」が中宮に ...

3

新型コロナウイルスの拡大は、「教育」にどのように影響しているのでしょうか。 「『コロナ』と地域」をテーマに各方面に取材を行っている「タウン通信」では、今回、幼児部から最高学部(大学に相当)まである私立 ...

4

新型コロナウイルスにより日常生活にも多大な支障が出た2020年。このウイルスに対して、北多摩エリアの“地域”はどのように対応してきたのでしょうか。 「タウン通信」では、各方面に取材をし、「そのとき」の ...

5

5000円分のレシート貼付で応募すれば、抽選で10万円分の買物券が当たるかも――。 小平市で、そんな見逃せない「ALLこだいら歳末キャンペーン」が実施されます。 小平市内の店で買い物をした総計5000 ...

6

東村山市内の対象店で電子決済サービス「PayPay」を使用して買い物をすれば、後日最大20%相当のPayPayボーナスが付与されるという期間限定企画「がんばろう東村山! 最大20%戻ってくるキャンペー ...

7

小平市が、「(仮称)小平市第三次環境基本計画」の素案を作成し、市民の意見を募るパブリックコメントを行っています。意見募集は12月15日(火)までです。 「(仮称)小平市第三次環境基本計画」は、市が進め ...

8

11月20日(金)、西東京市役所で、12月の定例議会を前にした西東京市長記者会見が開かれました。 会見では、多くの時間が「新型コロナウイルス感染症」の感染状況や市の経済対策の説明に割かれました。 「コ ...

9

「石川さん、おもしろい動画があるんですよ」 カフェ「田無なおきち」「六都なおきち」の店主である佐藤うららさんから、この動画の存在を教えてもらったのが昨年12月のこと。動画のタイトルから分かるように、1 ...

Copyright© タウン通信 , 2020 All Rights Reserved.