西東京市郷土史 ~田無 青梅街道編~

400年、変わらぬ道幅

田無の歴史に詳しい近辻喜一さんに、地域住民にとってなじみ深いあの道、そう、青梅街道についてご解説いただきました。

青梅街道は、江戸幕府が始まった1603年に、江戸城築城のために必要な石灰を青梅から運ぶルートとして開かれました。その運搬のための中継地の一つとして開かれたのが「田無村」です。

田無の人々は、もともとは現在の西東京市の中央部にあたる「谷戸」の一帯で暮らしていました。谷戸は水が湧いたためです。

その村を、意図的に青梅街道沿いに移動させたのが、江戸時代初期。神社(現・田無神社)やお寺(現・総持寺)なども移し、村には田無用水を引きました。その名残りが、今も、青梅街道の幅に表れています。

街道に沿って村ができたため、その後、拡幅できなかったという青梅街道。その道幅は、約400年間、変わらず約9メートルのまま、とのこと。青梅街道のまっすぐな道を眺めたとき、その空間は、往時と同じということですね。

そんな話や、青梅街道と府中道が交わる「田無5丁目」交差点がなぜクランク状なのか、といった裏話をご解説いただきました。

1分36秒の動画でご紹介しています。

動画(1分36秒)

編集部おすすめ

1

小平市では、コロナ禍における消費減少の喚起と、非接触の決済方式を広めることを目的に、「あなたの街のau PAYキャンペーン」を実施する。 令和3年12月1日(水)〜令和4年1月31日(月)まで、キャッ ...

2

お得キャンペーンで関心高まるマイナンバーカード マイナンバーカードの取得者に5000円分のマイナポイントを付与する事業の第2弾がスタートしたのを受け、各市とも申請のサポート体制を整えている。特に小平市 ...

3

「タウン通信」で運勢鑑定のコーナー「星のオキテ」を本紙で連載している九星気学研究家・野村徳子さんが、昨秋、『気学が導く開運パワースポット』を出版した。 パワースポットの見つけ方や開運の方法などを紹介す ...

4

春風献上。 コロナ禍の下で迎える2回目の新しい年がスタートしました。 2022年は十二支でいえば寅年であり、九星でいえば五黄土星年。この十二支と九星の組み合わせは36年に1回あらわれるもので、今年の立 ...

5

東久留米市の新市長となった富田竜馬市長が、12月28日(火)に初登庁し、午後に、就任記者会見を開いた。 冒頭、就任の挨拶として、「トップリーダーとして先頭に立って汗をかき、やれる、できるの気持ちが市全 ...

6

立候補を表明している現市議会議員の富田竜馬さん。出馬会見の一問一答から、抜粋して以下の通りにまとめた。 (※無所属/新人/自民党、公明党推薦)  * * * ――立候補を決めた理由は? 「2003年か ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.