西東京市郷土史 ~田無 青梅街道編~

400年、変わらぬ道幅

田無の歴史に詳しい近辻喜一さんに、地域住民にとってなじみ深いあの道、そう、青梅街道についてご解説いただきました。

青梅街道は、江戸幕府が始まった1603年に、江戸城築城のために必要な石灰を青梅から運ぶルートとして開かれました。その運搬のための中継地の一つとして開かれたのが「田無村」です。

田無の人々は、もともとは現在の西東京市の中央部にあたる「谷戸」の一帯で暮らしていました。谷戸は水が湧いたためです。

その村を、意図的に青梅街道沿いに移動させたのが、江戸時代初期。神社(現・田無神社)やお寺(現・総持寺)なども移し、村には田無用水を引きました。その名残りが、今も、青梅街道の幅に表れています。

街道に沿って村ができたため、その後、拡幅できなかったという青梅街道。その道幅は、約400年間、変わらず約9メートルのまま、とのこと。青梅街道のまっすぐな道を眺めたとき、その空間は、往時と同じということですね。

そんな話や、青梅街道と府中道が交わる「田無5丁目」交差点がなぜクランク状なのか、といった裏話をご解説いただきました。

1分36秒の動画でご紹介しています。

動画(1分36秒)

編集部おすすめ

1

小平市を拠点に在宅ホスピスケアなどに尽力している医師で文筆家の山崎章郎さんのトークの動画が、21日㈫から、津田塾大学の公式チャンネルでオンライン配信される。同大学の創立120周年記念事業で、聞き手は、 ...

2

二十四節気の「夏至」を迎える6月は、北半球では1年中で昼が最も長いころ。 そして、その夏至を中心とした約30日が梅雨の期間です。 暦を見ると今年は6月11日に「入梅」とあり、昔の農家ではこの日を目安に ...

3

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

4

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

5

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.