パラ・有安諒平選手が母校・自由学園で講演  東京終え、北京も目指す

2021年10月5日

東久留米市にある自由学園出身で、パラリンピック東京大会のボート競技に出場した有安諒平選手(東急イーライフデザイン、杏林大学医学部)が、先月25日、同学園の高校生・最高学部生(大学生)に向け、多様性をテーマに講演した。

有安選手は、来年の北京冬季パラリンピックにパラノルディックスキー競技で出場することを目指しており、合宿中の青森県からオンラインで話した。

パラリンピック・ボート(PR3)に出場した有安諒平選手(写真は練習の様子。©S.AKAGI)

 

有安選手には網膜黄斑ジストロフィーという目の難病による弱視の障がいがあるが、弱視が気になり出したのは学園に入った中学1年生頃からという。高校1年のときに障害認定されたが、その後も最高学部まで学園に通い(転学のため中退)、同級生と一緒に学び、活動した。

講演では、そうした学生時代を振り返りつつ、パラ東京大会の競技についてや選手村での交流などを写真を交えて語った。学生たちへのメッセージとしては、「多様性を包摂する社会においては、『そもそも互いの前提が違う』という認識を持つことが大事。共感の意味で『エンパシー』が重要だと言われるが、ぼくはその言葉を『相手の立場をどれだけ理解できるか』という意味で捉えている」などと話した。

有安選手はパラノルディックスキー日本チームの強化指定選手になっており、北京大会への出場権がかかる12月の世界大会に向けて練習を積んでいる。

なお、講演は動画で公開されている(https://youtu.be/q_zTCu8TwKc)。

自由学園在校時の有安選手。植物の観察実習で

 

有安選手への一問一答インタビュー

「タウン通信」では、講演終了後に、有安選手に個別でインタビューを行った。以下、一問一答。

——有安選手が出場したパラリンピック・ボートの「PR3クラス」は、視覚障がいがある男性1人・女性1人、肢体不自由のある男性1人・女性1人、障がいの有無を問わない舵手1人の5人編成と紹介がありました。

まさに多様性の競技ですが、その魅力や難しさを教えてください。

「ボートはバランスやリズムが重要です。同じ体格や筋力のメンバーが揃えば、動きを同調させることが比較的やりやすくなりますが、パラボートでは、男女混合で、障がいも違うので、同じ動きということが難しいですし、そもそも同じ動きをすれば良いというものでもない。

チームとして最もパフォーマンスが出るように、それぞれの特性が生かしながら、同時に歩み寄ることが大事になります」

障がい・性別の異なる5人でチームを組む  (©S.AKAGI)

 

——まさに、講演で話した「エンパシー」ですね。

「お互いを本当の意味でどれだけ理解しているか、というのが問われてきます。そのためには、日頃のコミュニケーションが重要です」

 

——東京大会の成績をどう受け止めていますか?

「12チーム中12位の成績だったのですが、もともと出場できるかどうかも実力的にはぎりぎりでした。もちろん悔しさはありますが、日本チームとして、初めてPR3(混合舵手つきフォア)でパラリンピックという大きな大会に出られたことは、スタートラインに立ったという意味では良かったかな、と思っています」

 

——その大会を終えて、すぐに冬季パラリンピックを目指しています。なぜパラノルディックスキーに?

「ボートとノルディックスキーは使う筋力やトレーニング内容などで親和性が高く、オリンピック選手でも、両競技に取り組む人が多いです。

ぼくも両競技を並行していて、北京を目指すのは以前から決めていたことでした。

東京大会の1年延期の影響で、北京まで時間がないのですが、ガイド選手を始め、協力してくれる方々がたくさんいるので、全力で挑戦しようと思っています」

パラノルディックスキーを練習する有安選手 

 

―—ところで、自由学園に通っていた頃についてお聞かせください。有安選手は、入学後に弱視が分かり、症状が進んだわけですが、中学・高校・最高学部と、同級生と同じように過ごしています。不自由などは感じなかったのですか。

「いま会うと、先生方から『当時は配慮が足りなかった』とよくおっしゃっていただくのですが、ぼく自身はそんなに困っていた記憶はありません。

細かなことで困る場面は確かにあったのですが、だから学校側に配慮がなかった、とは思いません。

当時を振り返ると、ぼくの側にも『障がいを受け入れたくない』という思いがあり、無理をしていたというか、普通を装うところがありました。

もし『困っている』と声を上げていたら、自由学園は絶対にすぐに対応してくれたと思います。

その経験から思うのは、共生社会においては、サポートしてもらう側もちゃんと声を上げることが必要ということです」

 

——今も学園とかかわりがあるのですか?

「この数年、最高学部で『スポーツと生きがい』をテーマに講演の機会をいただいています。年に1度だけですが、キャンパスに行くと、やっぱり懐かしいですね」

 

——最後に、読者にメッセージをいただけますか。

「今回の東京大会によって、パラスポーツへの関心がとても高まったのを肌で感じています。SNSなどにも、多くの方から反応をいただけるようになりました。

これからもぜひ関心を持ってもらって、パラスポーツを競技として楽しんでほしいなと思います。

それと、東久留米市や西東京市の人たちに対しては、何かのときにはぜひ交流させてほしいな、という思いを持っています。

やはりひばりが丘周辺は、ぼく自身、青春時代に通った愛着のある地域ですから」

 

◆有安諒平さん
1987年2月生まれ、アメリカ・サンフランシスコで生まれ、幼少時に帰国。中学から自由学園に通い、最高学部在籍時に筑波技術大学に転学、理学療法士の資格を取得。研究職、病院勤務などを経て、現在、株式会社東急イーライフデザインに所属。理学療法士の資格を生かした仕事をしながら、パラボート、パラノルディックスキーの競技選手として活動する。同時に、杏林大学医学部統合生理学教室にも大学院生として籍を置く。

編集部おすすめ

1

屈指のアイデアマン 神山伸一さん 現役課長が隣接市の副市長に――。 小平市職員の神山伸一さん(58)が小金井市副市長に任命されることとなり、「他市からの引き抜きは異例」と話題になっている。 大抜擢の理 ...

2

1975年に誕生した携帯サンドイッチの元祖・フジパン㈱の「スナックサンド」から、3月だけの期間限定で、「東村山黒焼きそば」と「ところざわ醤油焼きそば」が販売されている。 フジパン武蔵工場(入間市)の開 ...

3

3月3日は桃の節句。女の子の健やかな成長を祝うお祭りです。起源は古代中国の「厄祓い」の行事でしたが、日本に伝えられて江戸時代以降、現在のような形になりました。 ・・・と、暦をながめていたら、「ひな祭」 ...

4

全国のハンセン病療養所入所者たちが詠んだ詩が70年の時を経て現代に蘇る――4日から、東村山市にある国立ハンセン病資料館で、企画展「ハンセン病文学の新生面『いのちの芽』の詩人たち」が開かれている。同館に ...

5

ウクライナ出身のリリア・モルスカさんと、大学を通して交流を持った武蔵野大学の岩井雅治さん、菊地里帆子さん、山岸咲亜さんの4人で製作したウクライナを紹介する冊子「ひまわり」50冊が、西東京市に寄贈された ...

6

西東京市保谷こもれびホールの愛称が「タクトホームこもれびGRAFAREホール」に決まった。市が募集したネーミングライツ・パートナーに同市に本社があるタクトホーム㈱が選ばれたもの。GRAFAREは同社が ...

7

行政書士による「SDGs研究会」が発起 昨年1月に小平市で始まった無人の不用品譲渡「Baton BOX(バトンボックス)」が、1周年を経てさらに広がりを見せている。 これは、協力店先などに置かれた小型 ...

8

西東京市向台町の圡方隆一さん・仁美さん夫妻が、このほど、自宅の一部を改築し、「8cho8ma gallery(はっちょうやまギャラリー)」をオープンする。初回の展示会は6日㈮から。「若手作家を応援した ...

9

ウクライナの郷土料理・ボルシチを毎週木曜日にランチで提供――戦時下にある同国から避難してきたトゥロベーツ・エリザベータ(通称・エリザ)さんが、西東京市役所近くの創業サポート施設「リップル西東京」で食堂 ...

10

地元の出荷工場「東京エッグ」 玉子の黄身が濃くて、食欲をそそられる――。 西東京市泉町にある玉子出荷工場「東京エッグ」が敷地内に24時間稼働する玉子の自動販売機=下写真=を設置し、近隣で話題になってい ...

11

12月9日から 最大2000円分のお買物券が当たる!?――東久留米市で、9日㈮から「ブラック・ジャック×東久留米市スクラッチ」が実施される。 市内約290店舗が参加するもので、当たれば買い物券として使 ...

12

大手コンビニエンスストア「ファミリーマート」が行うフードドライブをご存じだろうか? 全国約1900店舗で実施され、この地域でも小平市や東久留米市で取り組まれている。小平市で連携するのはNPO法人「カモ ...

13

多摩六都科学館のプラネタリウムで、19日㈯から来年1月29日㈰まで、全編生解説の「全天88星座―光が語る天球の地図―」が投影される。 地域ゆかりのアーティスト・大小島真木さんが描いた星座絵とともに88 ...

14

小平市で最晩年を過ごし、同市名誉市民でもある巨匠彫刻家・平櫛田中の回顧談が、生誕150年の節目に合わせて発行された。1965年(94歳時)に語った、生い立ちから東京美術学校(現・東京藝術大学)で教えて ...

Copyright© タウン通信 , 2023 All Rights Reserved.