家族葬の実例紹介

仏事のよろず相談所

奥野式典 奥山太郎さんコラム

 

やはりご葬儀で気になるのは、費用のことです。

今回は、実際の例を、内訳も明かして紹介しましょう。 10人の自宅葬  最近増えている「1日葬での家族葬」です。

このケースではお孫さんも含め、10人が参加されました。

「家族だけ」ということもあり、会場は借りずにご自宅で実施。返礼品なども用意しませんでした。その分、献花と、ラストメイクを充実させ、当社へのトータル価格は、表の通り、57万6400円となりました。 葬儀社以外への支払  なお、ご葬儀に関連しては、葬儀社以外への支払いも発生します。代表的なのは、表の下部にある火葬料です。

また、最近は新型コロナウイルスの影響で控える方もいますが、精進落としなどの飲食があると人数分の費用がかかります。また、式場を利用した場合は、別途出費です。

ご葬儀には、さまざまな費用がかかります。不安を減らすためにも、ぜひ、一度事前にご相談ください。ご相談は予約制です。お気軽にお電話を。

プロフィール

奥山 太郎

葬儀社「奥野式典」の葬儀担当者。同社は三鷹市に本社を置き、東久留米市西部地域センター目の前に「お葬儀相談センター」を開いている。1日葬から一般葬・社葬まで、さまざまな葬儀に対応。特に、生花祭壇に定評があり、過去の実例は相談センターで公開もしている。事前相談は、奥山さんほかベテランスタッフが対応するので予約のうえ来訪を。公式ホームページ:http://www.okunoshikiten.jp/

編集部おすすめ

1

新春万福 2024年は十二支でいえば辰(たつ)年であり、九星でいえば三碧木星(さんぺきもくせい)年。 「辰(=龍)」は十二支のなかで唯一架空の動物で、それは雲をおこし、雨を降らせるという、天がける存在 ...

2

初詣はどこに行く? 地域メディア視点で、北多摩5市(西東京・小平・東村山・東久留米・清瀬)の初詣先をご紹介。他エリアの有名どころには目もくれず、「地元」にこだわって選定しています。もっとあるよーの声も ...

3

小平市長と対談 「地域での体験の機会増やしたい」 FC東京などで活躍した元Jリーガーで、現在、同クラブのスカウトを務める吉本一謙さんが、1日、小平市教育委員会委員に就任した。吉本さんは小平市出身で、現 ...

4

1923(大正12)年9月1日発生の関東大震災から100年。本紙では、旧田無市・旧保谷市(ともに西東京市)、東久留米市、小平市の市史をもとに、「そのときの地域」を探った。  * * * 各市の市史から ...

Copyright© タウン通信 , 2024 All Rights Reserved.