「葬儀の後悔」

2022年1月4日

仏事のよろず相談所

奥野式典 奥山太郎さんコラム

 

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

昨年は、ご葬儀への後悔の思いをよく耳にする一年でした。

「葬儀の後悔」というと、コロナ前までは「慌ただしくてちゃんと送れなかった」「思ったより高額だった」などの声が多かったのですが、昨年はまったく別の種類の後悔になっていました。

それは、「簡略化した葬儀にしたことを悔やんでいる」というものです。

周知の通り、この2年ほどは「密」を避けるということで、ごく少人数の家族だけで執り行ったり、飲食を一切せずに一日葬で終えるというのが主流になっていました。

しかし、そうした葬儀を振り返って、少なくない喪主・ご家族の方が「もう少しきちんと送れなかったのだろうか」とわだかまりを抱えていらっしゃいます。

もちろん、コロナだから仕方のないことだったのですが、多くの方が「○○に申し訳ないことをした」と、故人への謝罪を口にします。いざ施行のときは費用や大変さが気になるものですが、過ぎてみると、それ以上に故人への思いを大事にするべきだった、と思えてくるようです。

その点、昨年11月ごろから、少しずつ以前のようなご葬儀ができるようになっており、ほっとしています。まだ油断はできませんが、万一、コロナが再拡大しても、広めの会場を使ったり、飲食の仕方を工夫するなどで対応可能です。諦めずに何でもご相談ください。

奥野式典は、今年も地域の皆さんのお役に立てるよう努めます。ご葬儀、仏事のご相談などは、どうぞお気軽にご依頼ください(相談は予約制です)。

プロフィール

奥山 太郎

葬儀社「奥野式典」の葬儀担当者。同社は三鷹市に本社を置き、東久留米市西部地域センター目の前に「お葬儀相談センター」を開いている。1日葬から一般葬・社葬まで、さまざまな葬儀に対応。特に、生花祭壇に定評があり、過去の実例は相談センターで公開もしている。事前相談は、奥山さんほかベテランスタッフが対応するので予約のうえ来訪を。公式ホームページ:http://www.okunoshikiten.jp/

編集部おすすめ

1

お盆休みや終戦記念日といった、いつもとは違う時間の流れる8月。コロナ禍も3回目の夏です。さらに異常気象による豪雨や猛暑のなか、物騒な事件もおこって、みんな心の平静を保つのが容易ではありません。 学生さ ...

2

二十四節気の小暑、大暑とつづく7月は、いよいよ暑さもたけなわ、夏本番。 そして、20日は夏の土用の入り。土用は来月の立秋を迎えるまで、約18日間つづきます。 昔の農家では土用に入った日から3日目を「土 ...

3

95品を期間限定で 西東京市の小中学生が考案した地元野菜を使ったメニューが、実際に同市の飲食店18店舗で販売されている。先週15日㈮に始まった夏季限定企画で、8月31日㈬まで。販売店舗やメニューの詳細 ...

4

小平市にあるガスミュージアムで、ガス事業誕生150年の企画展「日本のあかりのうつりかわり―古灯器からガス灯へ」が開かれている。9月19日㈪㈷まで。 ガス灯の前史として、薪(まき)、油、ろうそくなどを用 ...

5

小平市にある武蔵野美術大学 美術館・図書館で、「みんなの椅子 ムサビのデザインⅦ」と「原弘と造型:1920年代の新興美術運動から」の2つの企画展が開かれている。 いずれも8月14日㈰までと、9月5日㈪ ...

6

20万都市にふさわしい地域博物館を創ろう――。西東京市で今春、「地域博物館を創ろう連合会」が発足し、機運醸成を狙いに、市民へのPRなどの活動を行っている。来月3日には、国立民族学博物館の飯田卓教授を招 ...

7

多々困難経て夢の独立開業 西東京市中町の農園の一角に、キッチンカーでイタリア料理を提供する「Fiо Nuku(フィオヌク)」が6日にオープンした。採れたての旬の野菜を用いたパスタなどを、テイクアウトの ...

8

前市長の死去に伴い4月3日投開票で実施された清瀬市長選挙で当選した澁谷桂司市長(48)が、8日、就任記者会見を開いた(記事下にダイジェスト動画)。 そのなかで澁谷市長は、「住んでよかった、住んでみたい ...

Copyright© タウン通信 , 2022 All Rights Reserved.